2019年12月03日

卒婚?

昨日のあさイチのテーマは卒婚だった。

夫婦関係の新たな形
役割分担にとらわれない関係を提案しているのだそうだ。

気持ちが離れてるわけではなく、料理や洗濯などの家事を奥さんがしなきゃならないという決まりを見直す取り組みが紹介されていた。

子供が育ち独立すると家庭ががらりと様変わりをする。
そこから夫婦二人の生活が始まる。
今更新婚のような関係にはもちろん戻るはずはなく、子供のパパ・ママとして見ていた互いの認識を変化させざるをいなくなる。
夫婦を30数年もやっていると、男と女ではなく一緒に生きる生きてきた同志になっていることに気付かされる。

私は専業主婦が長かった。
当然、家事は自分の仕事だと思い。楽しく掃除洗濯料理、子育てにいそしんできた。
夫もそんなもんだと思っていたため台所に立つことも掃除洗濯をすることはなかった。

子供が巣立ち二人の生活が始まってしばらくしてふと思った、夫は家事ができなくて本当にいいのだろうかと。

私が寝込んでしまった時に台所に入って料理をする夫の手際の悪さ、調味料の場所も包丁の使い方もわからないまま悪戦苦闘している。

アーこれからは夫も台所仕事に慣れておかないと先で不自由することになるなと思った。

仕事をリタイアした夫に朝食を自分で作ることを勧めると案外すんなりとやってみるよと言う。

朝ごはんはパン、サラダ、具だくさんスープ、ヨーグルト、コーヒー。
冷凍保存した手作りパンを解凍して焼き、スープを温めてカップに注ぎ、レタスをちぎりトマトを切って皿に盛り、自家製ヨーグルトを出してボウルに入れてジャムを混ぜる。豆を挽いてドリップでコーヒーを入れる(本人の拘り)。

私は一切、口も出さなきゃ手も貸さない。といってもスープやパンやヨーグルトは常に用意万端整えている。

ただこれだけなのに・・・。(・。・;
だが一年もすると随分手際が良くなった。
冷蔵庫の開け閉めが軽やかになった。以前は必要以上に力任せに開閉して不慣れさが際立つなぁと思ったものだった。
包丁も随分慣れてきて近頃はキャベツの千切りもできるようなっている。

難しい面倒な料理をする気はないらしい。
料理に目覚めたわけではない、台所を把握できていていざとなったら困らない程度にはなっている。

掃除や洗濯は男でもやろうと思えばできるものだ。


これだけでも私にとっては大助かり。
気ままに自分だけの朝ごはんを作って食べる。
この時間が嬉しい。

この頃はこのささやかな自立から洗濯の連係プレイに発展した。
洗濯ものを洗濯機に入れ、洗剤を投入、スイッチオンは私。
洗濯が終了してピーピーと鳴ると、終わったよ〜と夫に言う。
すると夫は洗濯物を籠に入れてベランダへ持って行き干す。

干し方に文句を言いたくなるがグッと我慢する。言えば私の気は済むが夫はヤル気を失う。
文句があるなら君がしろよと多分言うだろうな思うから。
率先して自分の役目だと思ってくれるのだから有難いと思わなきゃねと自分に言い聞かせる。


必要なら世話をするがなるべく離れてお互いにしたいことをする。
パートナーであっても好みも趣味も違うのだからそれぞれの個性は尊重してフリータイムは好き勝手に過ごしたいじゃないか。
30数年一緒に暮らせば空気と化している。くっついていたってわずらわしいだけだ。
元々ベタベタイチャイチャなんてしないタイプの二人だから素っ気ないくらいの方が自然でしっくりくる。


この頃言われている卒婚はたぶん生活面で男も女も自立して、互いに負担をかけずに暮らすというとのようだが、私の年代の女性の多くは経済力がない、経済的に自立できないのに偉そうなことは言えないかもしれない。
だが、経済的に恵まれていない女性に対して自分の経済力で養ってやっているのだから俺の世話は当然じゃないかと考える傲慢な男というのは人として嫌いだ。
妻はペットではない、食わせるとは何ごとだ。


浪花節の「妻は夫をいたわりつ、夫は妻に慕いつつ〜」というのを小さい子供のころに聞いたことがる。
幼心にも夫婦というのはいたわりあうんだな妻を大切に思うんだなと感じて私は大人になった。


その延長線上に今の私たちの卒婚に似たライフスタイルが出来上がっているような気がする。


気持ちの底の方に「いたわる思い」があるというのが大前提なんだろうなと思う。
老いた夫婦の理想の形を卒婚などという冷たい響きで終わらせることなく、暖かく微笑ましいものに昇華させてほしいと切に思った。







.
posted by win-manma at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2019年11月26日

せっかちな負けず嫌い

先週の書道教室
草書の条幅(34.5×136cm 二行の掛軸サイズ)を見てもらった時に先生に指摘された。

「筆が早いんじゃない?
ガサガサしてて・・・(-_-;)。ゆっくりよ。」

つまり、しっとりとした美しさや落ち着きがないというご指摘なのだと理解した。



私は元々せっかちな性格。
なんでもちゃちゃっと済ませたいと思い焦って片付けようとする。
つまり何かにつけて雑なのだ。丁寧にじっくり取り組まない。

読書でもそうだ、先が気になって一気に読んでしまう。
特急電車で飛び去る車窓を眺めているような読み方。
そうそうテレビのドラマも二倍速で見ている。

複雑な味わい深さというものを感知しないまま。

それが書に出ているのだと気づいた。

その日は眠れなった。
悔しかった。"(-""-)"
私って負けず嫌いだったんだと今更自覚。(笑)


翌日、『ゆっくり』を肝に銘じて筆を運び書いてみた。
連綿体の尻尾の部分に美しさがあることに気づいた。
この部分に筆と墨の擦れや息遣いが現れる。
ここをぞんざいにするとギシギシガサガサの書になる。と思った。

文字だけ見て字形に囚われ、紙面全体を捉えて味わう俯瞰した目を持っていなかった。

とは言え、136pの長さとなると手強い。
一文字の大きさは6p〜10p、3〜4文字続けるのがやっとだ。
細部に気を取られながら書きあがりを見てリズム感がないなぁと、落胆して溜息。(・。・;

ゆっくり書くことで性格に少し変化が現れた。
料理で弱火を重視するようになった。
煮魚を強火で甘辛く短時間で作っていたのだが、ゆっくり煮て味を浸み込ませるという技を手に入れた。
味が優しくなった。醤油の辛みが柔らかくなった。

上手く書きたい、納得のできに満足したい。

私の負けず嫌いは他人に対してではない。自分自身に対してだ。
私は自分と戦っているらしい。(笑)


.
posted by win-manma at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2019年11月10日

二人目の孫

先月中旬、二人目の孫(a-yan)が誕生した。(^^♪

2週間ほど東京の娘の家に行き、産後の手伝いをしてきた。
初孫は3歳半になる。
三年前はまだ多少若かったんだなぁと今回の疲れ具合を感じて思った。

娘も二人目とあって乳児への接し方が板についている。
おっぱいの飲ませ方、おむつ替えのタイミング、抱き方全てがベテラン。
頼もしいおっかさんになっていた。

今回も切迫早産の危機的状況が続いて、医師に安静をと言われながら在宅勤務や有休や医師の診断書を使いこなしながら仕事を続け、産休に入った。
家にいるときは常にソファに座っていて、孫kazyuに絵本読んでやったり一緒に歌を唄ったりしていた。
子供もなんだか変だとは思いながら、そんな母親を気遣っていたようだった。

それが、突然の入院。
緊急オペで帝王切開に。
この展開に孫(kazyu)はとても驚き、心配し、心細くなっている様子だなと
送られてきた写真を見て思った。

その不安が消えぬまま父親と二人になった状況でじっと我慢していた。
父親しか頼れない状況、怖い、、、

私が東京に着いたのはオペから三日後。
孫kazyuはいつもの明るい元気な子ではなく、不安で父親にしか寄り付かない子供になっていた。
パジャマに着替えようねと手を出すと「パパがいい!!」と泣き出す。
絵本を読んでやると横に座って楽しそうに聞いている。一緒にお話もする。
しかし、眠かったり、食事の時に我儘を言って父親に強く怒られると「パパがいい!!」と父親にすがりついてギャーギャー泣く。

父親もオペからの緊張と育児で疲れ果てている。
仕事にも行かなければならない。これも難しい仕事の様子。

私ができることといえば食事の支度と掃除洗濯程度。
保育園に迎えに行くだけで緊張してしまう。途中で手を離せば事故になるぞと緊張する。
孫kazyuはこの時は我儘を言ってはいけないと心得ていて、「ババちゃん道が分からないかもしれないよ」と言うと、私の手をしっかり握ってお喋りしながら家まで連れて帰ってくれた。楽しかった。

娘が無事退院し帰ってきた。
なんと、孫kazyuの混乱はまだ続いていた。
母親がいつものようにkazyuに接すると「パパがいい!!」とギャーギャー泣いたのだ。
母親もショックだ。

わたしもkazyuに拒否られてショックだったがその比ではなかろう。

とうとう娘がkazyuにすがって泣き出した。

kazyuに娘の心が通じた。!(^^)!


不安でしかたなかった心は徐々に溶けていくだろう。
幼子でも極度の緊張は耐え難い。それをほぐせるのはやさしい愛だなと私は思う。


大きな嵐は去った。これから四人の暮らしがはじまる。

パパ本当に大変だったね。

kazyuは今、妹の存在が疎ましくもあり、興味もあり、大切なんだなという複雑な心境のようである。


posted by win-manma at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2019年10月08日

佐賀の鳥栖まで下着を買いに

若い頃は女性下着についての知識はなくてワコールやトリンプなんかの安くて地味なものを適当に買っていた。
もともと痩身の貧相な体格で、グラマーな曲線なんて別世界のことだと思っていた。

30代になって友人に頼まれてシャルレのセールスレディの話を聞いた。
体に合わせて下着をちゃんと選べば素敵な体形になり、毎日の積み重ねでそれが維持されるんですよと聞き、友人の顔を立てて1枚矯正ブラを買った。

これに反応したのが夫だった。
洋服の上から見て、胸のトップの位置が上がり格好良くなっている。というのだ。
男というのはそんなところを見ているのかとビックリした。
それ、買ったほうがいいよと言う。

それから下着はシャルレにお任せすることになった。
値段はメイト価格で割安なことと、なんといっても着け心地が良いことが長く愛用した理由だった。

経済的に苦しくなりだんだんと安物を探すようになったが、UNIQLOや無印のブラ付きシャツはやはり胸の形が崩れていくのをすぐに感じて1枚で終わった。

鳥栖のアウトレットモールで買ったトリンプのブラが体に合っていて長年使っている。
1枚のレース部分が破れてしまったのでさすがに諦めて捨てた。補充しなければならなくなった。

今までアウトレットモールで試着はしても店員さんにアドバイスを求めたことはなかった。
安物を探して買っているのだから高価なものを勧められても困る。(笑)


意図的に甲状腺の薬の量を増やしているので近頃痩せてきている。
客が少なくて店員さんに話しかけやすかったので採寸してもらうことにした。

とても感じのいい店員さん(アドバイザー)だった。
楽な着け心地で採寸してもらうとアンダー75Cということになった。
そのサイズで2000円台で探して試着室へ。
ダメだった。
胸を押さえてしまっている。半カップで腋が甘い。

店員さん(アドバイザー)に見てもらうと彼女も同意見らしい。
数点見繕って持ってきてくれた。
サイズは75Dになっていた。
1枚は7500円が4500円。もう1枚は8100円が2500円。
肩紐の調節やカップの中に収める手際はさすがプロ。
納得のいく着け心地とラインだ。

これは買っておこうと思った。(*^^)v

5〜6年に一度の買い物だ。
エーイと清水の舞台から飛び降りた。




.



posted by win-manma at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2019年10月06日

3歳半になる孫に会ってきた。

お正月にあって以来だから9か月ぶりになる。

この時期の成長は著しい。
絵本や大好きな鉄道や電車で数字や平仮名は理解していると聞いていたのでさて今回は何をお土産にしようかとちょっと考えた。

これまでも成長に合わせてオモチャを選んでプレゼントしてきた。
三歳の誕生日に送ったロンポス101ピラミッドはとても喜んで今も時折楽しんでくれているらしい。
ピースをボードにはめていく2次元パズル。箱をひっくり返せばピラミッドの様につめる3次元パズル。やり方は簡単でも奥が深い。問題集に沿って遊べば初級から上級まで楽しくレベルアップ。


理系女の孫はこんな可愛くもなんともないオモチャに興味を示すから面白い。


今回は毛筆と「呉竹 水でお習字・半紙」にしてみた。
平仮名は絵本やカルタで覚えたんだけど書く気にはならないみたいよと聞いていたので、書道師範成りたての腕試しをやってみようかと思ったのだった。

水を含ませた筆でプラスチックの半紙に書くとちゃんと書道の練習ができる。これはなかなか良い教材だ。
水が乾けば何度でも書ける。墨で洋服や部屋を汚す心配もない。

まずは私が書いて見せる。
神妙な顔をして孫はおとなしく見ている。
次に孫の手を取って書いてみせた。
手に力を入れず素直に吸収しようとしている。

筆を渡して書かせてみた。
ちゃんと筆を握り、姿勢まで真似て書く。
あの短い時間に書く姿勢と力加減を吸収していることに驚く。

集中力が途切れたらしく、気ままにお絵描きをして紙を塗りつぶしにかかったところで今日の練習は終了。

子どもの集中力と見て吸収する能力の高さに驚いた。



.
posted by win-manma at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2019年10月04日

トイレの電球

夫からの苦情

「夜中にトイレに行くと電気が点いてる。仕方ないからベットに戻る。しばらくして行くとまた点いてる。
ノックをしてみる。返事がない。消し忘れかい!!(>_<)」

何度か指摘され、考え事をしていたり、急ぎの用を思って忙しなく出るとつい消し忘れている。そりゃ悪かったと反省。

我が家はそれぞれの個室で寝ている。
夜の時間を一人でのんびりしたいとお互いに思っている。
30数年前子供が生まれて川の字で寝るものだと思っていた私はそれを拒否されて驚いた。

「寝不足だと仕事に支障をきたすから俺は別の部屋で寝るので、夜泣きとか夜中の授乳とかはそっちで頑張ってくれ」と言われたのだった。
なんと見勝手な男だろうと思ったが、子供まで成したのだから仕方ないかこの男を選んだのは私だと諦めた。

それから30数年、今ではすっかり一人で寝ることに慣れてしまって、時々お互いに夜中にこと切れていても朝まで気づかないままだよなと思う。
今朝も9時になっても起きてこないのでもしやと思ったらただの寝坊だった。


トイレの電機はパナソニック Panasonic LDA8LGKUNS [LED電球 ひとセンサタイプ 7.8W 電球色相当]というものを買った。
ひとセンサで自動点灯・自動消灯。高性能センサ「NaPiOn」採用で、センサ感度比約2.18倍。従来品と比べ、約28%省エネ 価格:¥2,760(税込)ポイント:276ポイント


これでうっかり消し忘れに心を痛めなくて済む。

多分私がそんな目にあったら翌日は腹を立てて半日は怒っている。

夫は腹を立てない性格。有り難いことだ。



.

posted by win-manma at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2019年09月06日

そろそろ秋の魚が店頭に

先週、秋鯖が鮮魚店に出た。

ピンクと青がキラキラと輝く姿に一目でこれは秋鯖だと嬉しくなった。

しかも値段が安い。
すかさず店主に「煮物用?」と聞くと
「イエイエなんでも大丈夫!!」「刺身でも胡麻鯖でもOK (○゚ε^○)v ィェィ♪」

ここ北九州は玄界灘・周防灘に面しているため美味しい魚が手に入る。
鯖は鮮度が命。身の締まった鯖は刺身や胡麻鯖、茶漬けが最高なのだ。

茶漬け、胡麻鯖は刺身のように切ってもらうのだが、刺身より細く乱暴に身を切ってもらう。
それを鯖と同量の醤油とアルコールを飛ばした酒に浸し、大匙2〜3杯の摺り胡麻を振り掛け2〜3時間置く。
とても簡単な料理なのだが、鮮度と浸す時間で微妙に辛さや舌触りが違ってくる。
夫は茶漬け派、私は漬け派。
熱々のお茶を注ぐと身が白っぽくなって生っぽさは消える。
漬けは辛くならないように醤油の掛け加減を気にしながらも胡麻と刺身の風味が楽しめる。

よく聞かれるのが鯛茶漬けに近いの?というもの。
鯛茶漬けの方がさっぱりしている。鯖茶漬けは油がのっているので濃厚な感じだと私は思う。
勿論、臭みなど全くない。そういうものは鮮魚店が刺身にはしてくれない。最初からこれは煮付け用だよと教えてくれる。


今日は、超高級魚のアラの 粗(アラ)があった。

見た瞬間に「これ!(゚▽゚*)ニパッ♪」と言っていた。
料理屋の刺身用に仕入れたものの残りで、頭と鰓と骨が粗(アラ)として売られている。
大きな魚なので粗といえども二人で食べるには十分な量がある。そして骨の周りの身は特に美味しい。

店主が「売れなきゃいいな!今日はアラが食えるかなと思ってたのに」と言っている。
私、「だって美味しいこと知ってるもん☆^∇゜) 」と言うと。
店主「美味いよね」

それを聞いていた年配のお客さんが「どの魚ですか?」「そんなに美味しいんだ」とちょっと悔しそうな顔をされていた。

売れなきゃいいなと思っていても、店頭に出してくれている。
やさしい魚屋さんに感謝感謝。


秋の味覚がドンドン出てくる。いい季節に入ったなと実感する。

まだまだ日中は30度を超える暑さだけど、空の雲は高くなってきている。

コスモスが風にそよぐ初秋はすぐそこだ。




.


posted by win-manma at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2019年08月24日

97歳になった義母様

90歳になったとたんに心と体が萎えたようになった義母様

それまでは意気盛んに強きを貫き、嫁の世話になるものかと嫁に睨みを利かせていきがっていたのに
フニャフニャと嫁に心も体も寄りかかってしまった。

私は気丈な義母様が好きだった。
可愛げはないが、シャンとしている老い方が格好いいと思っていた。

しかし、90歳の誕生日を迎えたころに不調を訴え取乱し、鎧を脱ぎ捨て本心を露わにするようになった。

ハッキリ言って、それからの日々の変遷で私は失望していった。
自分の余命に怯え慄き、わが身を持て余し子供の役割として老親を支えよと威圧してくる。

口では迷惑をかけると言うが、けっして迷惑を掛けまいとは思っていないことは言葉の端々ににじみ出ている。
食事を用意してもらわなければならない、買い物をしてもらう、洗濯をしてもらう、それらの面倒を見てもらうことが迷惑だろうと思っているらしい。

迷惑とはなんなのか分かっていないようだ。それは面倒を掛けるというものだろう。
生きていることが長生きをしていることが迷惑なことだと思っているのだろうか。それほどに恐縮しているのならばまだ可愛げもある。だがそうではないらしい。

先日は私に向かってさも兄嫁に感謝しろと言わんばかりに「T子さんに迷惑をかけている」と訴えた。それ以上聞くに堪えなくて私は顔を逸らした。


この人は自分の面倒を見るのは嫁たちの仕事なんだぞと思っているらしい。

二男三男の嫁には恩を被せ、それをこれ見よがしに言うことで長男の嫁に済まんこっちゃと思っているよと伝わると考えているようだ。

しかし内心では自分もこの家に嫁ぎ姑を看取ったぞと。
そう、あなたは舅姑のいる家に嫁ぎその存在に耐え、家財産を譲り受け子供を育てた。
そして、義理の兄家族もその家に住み着き舅姑とひとつ屋根の下に暮し、財産を受け取った。
それがどうしたと言いたい。


親を看護し看取るのは義務ではない。放ってはおけないと思う情が勝っていてほしいと私などは思う。
実の母は私を可愛がりはしなかった。嫌っていた。私も母を好いてはいなかった。
しかし、死の床に就いた母を放っておくことなどできなかった。理屈ではなく傍に付いていてやらなければという思いだけだった。


義母様よ、その考えは味気ないぞ貧しいぞと私は思う。
長く生きていることに感謝しろよと思う。長く生きて子や孫や曾孫に看取られて静かに命を終える荘厳な命の終わりを見せてやることが、あなたに今残された最後の生き様じゃないか。
それまで静かに優しく子孫の繁栄を幸せを祈って明るく清らかに日々を送ってほしい。


「T子さんが優しくて私は幸せ者だわ」という気持ちがあって私にそう伝えてくるならば。
私は兄嫁に素直に感謝するのである。我夫も「義姉さんありがとう」と義姉に感謝する。
人とはそういうものだぞと私は思っている。
人は弱ると底の方にある心根や優しさや謙虚さや感謝という素直な心情がその為人(ひととなり)が露わになる。

幸せな老人というのは基礎に素敵な心根が有るからこそなのだろうなとつくづく考えさせられた。




最初は戸惑い苦しんだ義兄夫婦も今ではすっかり落ち着き愚痴も言わなくなった。
それだけでもう私たち夫婦はちゃんと義兄たちの気持ちを汲みとって感謝している。


先日、義兄から義母様のお金の名義を自分に変えたいが良いだろか了承してくるか?と言われた。
勿論、快諾した。


死に際になってその人となりが現れるのだな。
肝に銘じて心して老後の心構えに備えなければならんなと思った。



.
posted by win-manma at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2019年08月15日

携帯の乗り換え

長年auを使い続けてきた。

2011年10月 ガラケーからスマホ(Xperia)に変えた。
2015年02月 機種変(Xperia)
2017年09月 交換用携帯電話機お届けサービスを利用して交換。
故障・水濡れ・紛失など、ご利用中の電話機がトラブルに遭われた場合、新しい機種(同一機種・同一色)へ交換いただけるサービスです。 by au

膨らんでバラバラになりそうだと言ってもなかなか応じてくれなかった代替品のスマホが届いた。
失望した。
いかにも中古品。
今年になって、色々と不具合が発生するようになった。


機種変をしなくちゃならないようだが、機種変は高額だ。
3万円〜7万円。
月々にすると数年にわたる縛りが掛けられ、1000円〜3000円の支払いが発生する。

そのうえ夫のガラケーも非対応になる為機種変してくれと言ってきている。


AUは「故障紛失サポート」で快く対応してくれずとても不愉快な思いをした。
この時、次はドコモに乗り換えようと思った。



娘に機種変しようと思うと話すと格安スマホがいいよ!という。

Emailが使えなくなるだけで、あとは全然問題ない。
電話とメールと検索で使うだけでしょという。

そうなのだが・・・。あせあせ(飛び散る汗)
誰(友人)も格安スマホなんて使っていない。
Emailで連絡し合っている。

だが、通信料の安さは魅力的だ。

そこでドコモの格安スマホを検討してみた。
「OCN モバイル ONE」
うちはインターネット環境はNTTでプロバイダーはOCNなのだ。

ちなみにKDDI(au)格安スマホは「UQモバイル」、ソフトバンク格安スマホは「Yモバイル」


問題は各種設定だ。
OCNの格安スマホは店舗がない。
ネットで購入して、届いたら自分で操作して使えるように設定をしなきゃならない。

そこでOCNの店舗を見てみると電気量販店、ビデオショップのGEOで買えると分かった。
指定の量販店は近くにないのでGEOに行ってみた。
ここは受取窓口ではあるが、ゲオの中古スマホを買えばその場で設定してくれて、その場で渡せるという。

設定について詳しく聞いた。
私はLINEで娘と繋がっている。孫からのビデオ電話もLINEだ。
以前の機種変の時このLINEの移行に失敗した。
仕方なく自宅の電話で登録したため娘以外とはLINEでは繋がらない。
これを元に戻したいがパスワードが分からない。
それを聞くと、パスワード見つけられます。いう。

ならばここで買っちゃおうかと思った。
しかし、よく考えてみればパスワードを人に見つけてもらうというのはヤバいんじゃない?と気づいた。
中古のスマホはauで嫌な思いをしたし、と新規契約で新しいスマホを求めることにした。


二年の縛りが無いというのはうれしい。
キャンペーン中でスマホが安く売られていた。月々の割引もあった。
スマホは日本製が良いなと思い、シャープのAQUOSにした。
格安スマホに抵抗感をもったのは使える機種が限られて粗悪なんじゃないかと思ったからだった。
しかし、機種の選択肢は少ないが、粗悪品では全然なかった。


スマホが届いた。

さて設定だ。

先ず、SIMカードをスマホに装着した。

我家のwifiと繋ぐ。
これでネット環境が整った。

OCN モバイル ONE アプリから設定を試みる。
後で知ったがこのアプリはとても評判が悪い。
設定とは無関係な方向にどんどん進む。
なぜ届いたらここを開くように指示しているのか全くもってわからない。

MNP(マイナンバーポータビリティ―)設定を行う。
OCN モバイル ONE アプリ で行うとなっているので指示通りに進むが認識されない。
何度やっても電話は使えるようにならない。

夕方になってカスタマーセンターに電話する。(直ぐに繋がった)

パスワードやアドレスを入力しても認識しない。
とうとう、相手も諦めた様子でパソコン有りますかと聞いてきた。
有ると応えると、PCで作業しましょうという。
指示通りOCNのマイページに入り、ようやく認識して電話が使えるようになった。

翌日私のスマホのMNP設定は最初からPCで行った。直ぐに終了できた。
が、
待てど暮らせど開通しない。
仕方なくカスタマーセンターに電話。

なんと、スマホの電源を切って、入れ直してみてくれという。
それでようやく電話が使えるようになった。
そんなことどこにも書いてないわよ!と思ったが言わなかった。(笑)
そのあと、ネット環境のセッティングなど親切に教えてくれたので、アンケートには親切な対応でしたと応えておいた。

OCNの取説が不十分なのか、AQUOS の作りが変なのか分からないが、もっと簡単にわかりやすくしてもらわなきゃ高齢者には敷居が高いわと思った。




.
posted by win-manma at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2019年07月21日

メルカリとラクマ

長年使ってきたヘンケルの文化包丁がフニャリと付根から折れた。

20年ほど前になるだろうか、トレンディードラマで見た 包丁6種とキッチン鋏がブロックに収まった当時はとてもオシャレなセットだった。
買ってとても嬉しかったのを覚えている。

新しい包丁を買わなきゃならない。

正直に言うとヘンケルの包丁の切味が相当に落ちていた。
娘のところはグローバルの切味抜群の包丁を使っている。

これはイイと思っていたが、私的に予算オーバー。

いろいろ検索したが、昔新聞屋の契約お礼に付いてきたような薄っぺらな穴の開いた包丁でも2000円はするようだ。(今はそんな景品はない。洗剤類が主流だ)



そこでメルカリとラクマを見てみた。

メルカリとラクマは今注目を集めているリサイクル品の販売サイト

まずはラクマから
ラクマの包丁のページ
ずらりとブランド物の包丁が並ぶ。
リサイクル品でも未使用品もあれば使い込まれたものもある。値段も数百円から10万近いものまで。
そんな中から正宗というブランドの物を見つけた。1980円とある。
急いでいたのでこれでいいやとサッサと購入した。

だが
待てど暮らせど何にも言ってこない。
仕方なく買ったんですけどどうなってます?とメールしてみた。
それでも音信不通。
そのうち事務局が売り手に連絡したが返事がないので、キャンセルにしていいですよと地味にメールしてきた。
仕方なくキャンセルにした。

また包丁探しから再スタートだ。
今度はメルカリを覗いてみた。
こちらがメルカリの包丁のページ
その間、仕方ないのでヘンケルの肉切包丁で野菜を料理。
刃が反っているのでどうも使いにくい。
ヘンケルの三徳包丁は野菜切包丁として使っていたので、メルカリでは菜切り包丁の和包丁を探してみた。
予算は相変わらず3000円程度迄! 安く良いものが欲しい!(欲張りだ!!)

そこで珍しいものを発見。
猫印越前打刃物 ゴールドステンレス 1500円とある。
ちょっとgoogleってみた。
情報が出てこない。┐('д')┌

しかし写真で見る限りシンプルだが良いものに見えた。
日本の刃物は凄いんだぞ。刀剣の切味は世界最強なんだぞと頭の中で過去の記憶が言っている。(笑)

よし!これにしよう。(*′∇`)。+゚
購入手続きも終わらせ、出荷を待つ。


ところでラクマの方はちゃんとキャンセルされているかな?と心配になって覗くと、
なんと、
「気付くの遅くなってごめんなさい。」
「今日送りますね。」

「あっ!キャンセル.....」
「ごめんなさい。本当にすみませんでした」
と、メールが届いていた。

キャンセルOKされたのね。よかったわ。と思って一安心。
安いとはいえ安物のマニアックな菜切り包丁2本は要りませんもん。

しかし、なにか心に引っ掛かる。(これは私の勘が働くときの心のざわめき)
カード購入したのでカード会社の請求ページを確認すると、来月の請求にラクマでの購入品として記載されているではないか。

どういうこと?

私もネットで物を売っていて、クレジット決済も取り入れているが、出荷されないと引き落とし手続きはされないし、私のところにももちろん入金などされない。
配送ナンバーとクレジット決済番号が紐付きになっていてリンクしているのだ。

先日ヨドバシドットコムで雑貨品を購入したが入荷待ちが続き、問い合わせたところ、入荷のめどが立たないのでキャンセルにさせてくださいと言われ、代金は出荷されていないので請求されません。と言っていたぞ。

ラクマどうなっているんだ?

ラクマの質問ページを見ていると、出品者と購入者のメールのやり取りをチェックして処理を進めると書いてあった。
出品者の「キャンセルOK、ごめんなさい」に対して私がなんらかのアクションをしないといけないのか?

時間と労力の無駄を被った私に何を言えと?(゙ `-´)/ コラッ!!

仕方なく「他で調達しました」とメールすると、キャンセル成立というメールが届いた。
ラクマでは今後たぶん買わないわ。(-""-;)


慣れないとどうにも利用方法に不安があるリサイクルサイトではあるが、こだわりの少ない物を手軽に買えるメリットは大きいなとは思っている。
そして掘り出し物を見つける楽しみというのもここにはある。

私も捨てるには惜しい要らないもの有る有る。
ノリタケのティーポット、若いころに憧れて買ったが数回使ったあとはコレクションボードに飾られたまま。
調べてみたら廃盤品になっていて15000円以上で売買されているらしい。(*^▽^*)oエヘヘ!


昨日猫印の包丁が届いた。
切味鋭く、野菜の断面がつるっとしていて舌触りがちがっていた。
料理が少し楽しくなりそうだ。ヽ(=´▽`=)ノ




.
posted by win-manma at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし