2012年09月10日

健さん

健さん、もちろん高倉健。


NHKプロフェッショナル仕事の流儀で90分拡大版で久しぶりに拝見しました。

81歳になられたそうだが格好良さは失われていなかった。


母と同じ年だったとは知らなかった。


高校卒業まで過ごしたご実家はmanmaの住む場所から車なら15分〜30分の所。


NHKのプロフェッショナルで
気性の荒い気風の土地ですからね、だから任侠映画の役が出来たのだろうと思います。と言っておられた。

その気性を肌で感じる取ることができる同郷の空気感からか、
いい男はこういうものだという感覚を共感できるからか、昔からmanmaは健さんファンだ。


母の友人で若い頃の健さんを知る人から

高校生の頃から格好良かった。電車に乗っていても頭一つ抜き出ているからよく目に付いた。と聞いたことがある。



男の格好良さというのは、いったいどこから醸し出されるのものなのだろうか。


やはり、背骨と肩ではないだろうか。

背筋がシッカリ伸びていて、肩がガッチリ張っている姿は美しい。

そこに脂肪は薄っすらとしか着いていなくて、バランスよく筋肉が着いている。
やはり、男は筋肉の力強さを感じさせてくれなきゃいけない。


だからといって、ボディビルのような筋肉マンは滑稽だと思ってしまう。女というのはなかなか注文がうるさい。(笑)


顔の造作も骨格がシッカリしていれば目鼻口は多少大きくても小さくても問題はなさそうだと思う。

それよりは目の光、口元の締り、眉の力強さなど、内面が出る部分に注目したい。


男は、親からもらったかわいい容姿から、いかにたくましい男に育つかが問題なのだと思う。


目に青い光が差し、口元がキリリと締まり、眉にその人の意思が滲むようになったら、永遠に格好いい健さんの領域に近付いたことになるような気がするのだが。



男は30歳を過ぎて自分の意思で社会を渡るようになってから本当の魅力が出てくるものなのだろうなと思う。







ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

健さん

健さん、もちろん高倉健。


NHKプロフェッショナル仕事の流儀で90分拡大版で久しぶりに拝見しました。

81歳になられたそうだが格好良さは失われていなかった。


母と同じ年だったとは知らなかった。


高校卒業まで過ごしたご実家はmanmaの住む場所から車なら15分〜30分の所。


NHKのプロフェッショナルで
気性の荒い気風の土地ですからね、だから任侠映画の役が出来たのだろうと思います。と言っておられた。

その気性を肌で感じる取ることができる同郷の空気感からか、
いい男はこういうものだという感覚を共感できるからか、昔からmanmaは健さんファンだ。


母の友人で若い頃の健さんを知る人から

高校生の頃から格好良かった。電車に乗っていても頭一つ抜き出ているからよく目に付いた。と聞いたことがある。



男の格好良さというのは、いったいどこから醸し出されるのものなのだろうか。


やはり、背骨と肩ではないだろうか。

背筋がシッカリ伸びていて、肩がガッチリ張っている姿は美しい。

そこに脂肪は薄っすらとしか着いていなくて、バランスよく筋肉が着いている。
やはり、男は筋肉の力強さを感じさせてくれなきゃいけない。


だからといって、ボディビルのような筋肉マンは滑稽だと思ってしまう。女というのはなかなか注文がうるさい。(笑)


顔の造作も骨格がシッカリしていれば目鼻口は多少大きくても小さくても問題はなさそうだと思う。

それよりは目の光、口元の締り、眉の力強さなど、内面が出る部分に注目したい。


男は、親からもらったかわいい容姿から、いかにたくましい男に育つかが問題なのだと思う。


目に青い光が差し、口元がキリリと締まり、眉にその人の意思が滲むようになったら、永遠に格好いい健さんの領域に近付いたことになるような気がするのだが。



男は30歳を過ぎて自分の意思で社会を渡るようになってから本当の魅力が出てくるものなのだろうなと思う。







ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし