2012年11月29日

毎年思う去年何着てたんだ?

先日、久しぶりにJR駅ビルのセレクトショップを数件覗いた。


もっぱらネットで物色して買っているので、お店の人に勧められながら選ぶのは気苦労だった。(笑)



それにしても、最近のファッション。


パッチのようなピチピチのパンツを穿いている人が多いこと。ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!

まるでタイツのままで歩いているような姿。

太腿もお尻もお肉もっちり。


ベージュ色のものだと、遠目にはまるで着ていないのではないかと心配になった。(;´▽`A``


まさか、還暦を目の前にしてあのようなパンツはさすがに穿けない。


さりとて、すそ幅20数センチは時代遅れの様相を呈してきている。



意を決して試着に挑戦してみた。


これなら少しゆとりがあって、裾幅18cm。

よしexclamation、と思って値段を見ると・・・

12000円!!!


ネットならせいぜい7〜8000円だろう。

しかも定価。



12月に入ればバーゲンになるじゃないか。あせあせ(飛び散る汗)





やはり、ネットで売っている物は割安だと思った。

今、買わせてもらっている店(L'allure)は多くの人がそう思っているのだろう、競争率が高くなってsold outになるのが早い。

いいな、どうしようと思っていると、すぐに無くなってしまう。たらーっ(汗)


先週、セーターやカーデガンが出たので意を決して3枚買った。ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!

ちなみに、セーター2枚とカーデガン1枚で14,760円(送料込み)。(ヤスσ(^_^;))



これでこの冬は安心だ。るんるん


いやいや、裾幅18cmの格好いいパンツを探さなければならなかったのだった。あせあせ(飛び散る汗)





ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

毎年思う去年何着てたんだ?

先日、久しぶりにJR駅ビルのセレクトショップを数件覗いた。


もっぱらネットで物色して買っているので、お店の人に勧められながら選ぶのは気苦労だった。(笑)



それにしても、最近のファッション。


パッチのようなピチピチのパンツを穿いている人が多いこと。ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!

まるでタイツのままで歩いているような姿。

太腿もお尻もお肉もっちり。


ベージュ色のものだと、遠目にはまるで着ていないのではないかと心配になった。(;´▽`A``


まさか、還暦を目の前にしてあのようなパンツはさすがに穿けない。


さりとて、すそ幅20数センチは時代遅れの様相を呈してきている。



意を決して試着に挑戦してみた。


これなら少しゆとりがあって、裾幅18cm。

よしexclamation、と思って値段を見ると・・・

12000円!!!


ネットならせいぜい7〜8000円だろう。

しかも定価。



12月に入ればバーゲンになるじゃないか。あせあせ(飛び散る汗)





やはり、ネットで売っている物は割安だと思った。

今、買わせてもらっている店(L'allure)は多くの人がそう思っているのだろう、競争率が高くなってsold outになるのが早い。

いいな、どうしようと思っていると、すぐに無くなってしまう。たらーっ(汗)


先週、セーターやカーデガンが出たので意を決して3枚買った。ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!

ちなみに、セーター2枚とカーデガン1枚で14,760円(送料込み)。(ヤスσ(^_^;))



これでこの冬は安心だ。るんるん


いやいや、裾幅18cmの格好いいパンツを探さなければならなかったのだった。あせあせ(飛び散る汗)





ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2012年11月28日

書き味

先日、新聞のボールペンメーカーの宣伝文に目が留まった。


滑るような・・・〜とあった。


あーそうか。(*゚▽゚*)

軽く滑るようにスルスル書くように作ってあるからゼブラとかパイロットは書きにくいんだ。σ(^_^;)アセアセ...



筆のタッチと万年筆のタッチは似ている。

先が柔らかく撓(しな)るので、太く細くが出せる。


鉛筆やボールペンは先が硬いので、滑らせて書く。

だから、達筆の文字にはならない。

せいぜい、整った形で端整に書くしかない。


筆圧が効かないと、先が逃げて整った文字にするのは難しい。


最近、複写の伝票にボールペンで書くことが多い。

ボールペンによっては本当に下手くそな文字になってしまう。


ある程度筆圧を吸収してくれるボールペンは「uni」と「ペンテル」の製品。

これだとペン先が逃げないので思った所でピタッと止まってくれて、思い通りの文字になってくれる。



年賀状の季節、筆は使い慣れてはいるがいかにも威丈高でイヤミな感じ。たらーっ(汗)


ちなみに、筆ペンは「ぺんてる」がおすすめ。

全く筆で書いたことがない人にはおすすめできない。

書くコツは、筆圧を掛けずに穂先を滑らせるように書くといい具合に書ける。



今はPCで大量生産してしまうが、できれば一枚一枚書くとほっこりとした気持ちになる。

もちろんそんな年賀状を頂くと新年早々ほっこりとした気持ちになる。






ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

書き味

先日、新聞のボールペンメーカーの宣伝文に目が留まった。


滑るような・・・〜とあった。


あーそうか。(*゚▽゚*)

軽く滑るようにスルスル書くように作ってあるからゼブラとかパイロットは書きにくいんだ。σ(^_^;)アセアセ...



筆のタッチと万年筆のタッチは似ている。

先が柔らかく撓(しな)るので、太く細くが出せる。


鉛筆やボールペンは先が硬いので、滑らせて書く。

だから、達筆の文字にはならない。

せいぜい、整った形で端整に書くしかない。


筆圧が効かないと、先が逃げて整った文字にするのは難しい。


最近、複写の伝票にボールペンで書くことが多い。

ボールペンによっては本当に下手くそな文字になってしまう。


ある程度筆圧を吸収してくれるボールペンは「uni」と「ペンテル」の製品。

これだとペン先が逃げないので思った所でピタッと止まってくれて、思い通りの文字になってくれる。



年賀状の季節、筆は使い慣れてはいるがいかにも威丈高でイヤミな感じ。たらーっ(汗)


ちなみに、筆ペンは「ぺんてる」がおすすめ。

全く筆で書いたことがない人にはおすすめできない。

書くコツは、筆圧を掛けずに穂先を滑らせるように書くといい具合に書ける。



今はPCで大量生産してしまうが、できれば一枚一枚書くとほっこりとした気持ちになる。

もちろんそんな年賀状を頂くと新年早々ほっこりとした気持ちになる。






ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2012年11月27日

老人に仲間入りした夫

昨日、インフルエンザの予防接種を受けてきた。


持病があるためか、一旦病むと、回復が遅く辛い。

そこで、去年から予防接種を受けるようにした。




昨日は3ヶ月に一度の橋本病(甲状腺機能低下症)の検査。
ついでにインフルエンザを申し込むと、「お二人だと1000円引きですよ。どなたかいらっしゃいませんか?」と言われた。

そらならばと、夫に電話して勧めると
「1回ならいいけど・・・(-"-;)」と、二の足を踏む。

病院に聞くとA型B型にも効果があって1回でOK。


二人して接種してもらうことにしたら、夫は65歳以上なので1000円で受けられるという。



私の方は、4300円のところ一人連れてきたので1000円引きしてもらえて3300円。
私の1000円引きは病院のサービスのようだが、夫の方は国のサービスらしい。


夫が、老人扱いの部類に入ったことを実感してしまった。(゚ロ゚;)エェッ!?


夫との年齢差は7歳、女性は往々にして大人びているので精神年齢はほとんど変わらない。
下手をすると、男性の子供っぽさに呆れることも多い。

その夫が・・・とうとう老人か。あせあせ(飛び散る汗)


それにしても・・・

市の施設の入場料割引が来た時はラッキーだと感じたのに、どうしてインフルエンザの多額の補助だとショックなのか???(゚ー゚*?)オヨ?



自分でも、不思議だ。(笑)


たぶん、補助が大きいからではないかと思う。




年金の支給開始年齢を引き上げる必要があるとか言われはじめている、私など70歳からしか支給されないような雲行きだ。



老人は数千万円の預貯金を有する人がざらだと言うではないか、箪笥預金は眠ったままで経済は行き詰っている。



そんな高齢者に多額の補助をなおもする厚生労働省の金銭感覚。



本音としては老人に長生きをしてもらっては若者が気の毒というものだろうに。たらーっ(汗)





世の中の矛盾を感じたインフルエンザのサービスだった。





ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 老い

老人に仲間入りした夫

昨日、インフルエンザの予防接種を受けてきた。


持病があるためか、一旦病むと、回復が遅く辛い。

そこで、去年から予防接種を受けるようにした。




昨日は3ヶ月に一度の橋本病(甲状腺機能低下症)の検査。
ついでにインフルエンザを申し込むと、「お二人だと1000円引きですよ。どなたかいらっしゃいませんか?」と言われた。

そらならばと、夫に電話して勧めると
「1回ならいいけど・・・(-"-;)」と、二の足を踏む。

病院に聞くとA型B型にも効果があって1回でOK。


二人して接種してもらうことにしたら、夫は65歳以上なので1000円で受けられるという。



私の方は、4300円のところ一人連れてきたので1000円引きしてもらえて3300円。
私の1000円引きは病院のサービスのようだが、夫の方は国のサービスらしい。


夫が、老人扱いの部類に入ったことを実感してしまった。(゚ロ゚;)エェッ!?


夫との年齢差は7歳、女性は往々にして大人びているので精神年齢はほとんど変わらない。
下手をすると、男性の子供っぽさに呆れることも多い。

その夫が・・・とうとう老人か。あせあせ(飛び散る汗)


それにしても・・・

市の施設の入場料割引が来た時はラッキーだと感じたのに、どうしてインフルエンザの多額の補助だとショックなのか???(゚ー゚*?)オヨ?



自分でも、不思議だ。(笑)


たぶん、補助が大きいからではないかと思う。




年金の支給開始年齢を引き上げる必要があるとか言われはじめている、私など70歳からしか支給されないような雲行きだ。



老人は数千万円の預貯金を有する人がざらだと言うではないか、箪笥預金は眠ったままで経済は行き詰っている。



そんな高齢者に多額の補助をなおもする厚生労働省の金銭感覚。



本音としては老人に長生きをしてもらっては若者が気の毒というものだろうに。たらーっ(汗)





世の中の矛盾を感じたインフルエンザのサービスだった。





ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 老い

2012年11月23日

慣れと妥協がコツかも

わが子が結婚して一年半。


ようやく夫婦らしくなってきたような気がする。



先日、「帰ったら誰か居るというのは幸せなんだね」と、のたまわる。


今頃気付いたか あせあせ(飛び散る汗)と思ったが、子供時代は家族の存在は当然の上に成り立っていたのであり、ありがたいとは思わなくて当然なのだった。


成人して一人暮らしなどすると、誰しも何となく安定したぬくもりを欲するも、束縛されない自由が得難い時もあり、晩秋の今頃、独り身の寂しさを噛締めたりする。



昔、男は外に出て7人の敵と戦い、家に帰って幸せのぬくもりに浸るというのが一般的だった。



しかし、今や女も外に出て7人の敵と戦っている。


家に帰れば明るい電灯の下、暖かな食事が用意されているシチュエーションはコマーシャルの虚像になりつつある。


明るく暖かな家に帰って美味しい晩御飯にありつきたいのは私も同じ。。・゚゚・(>д<;)・゚゚・。 ヒィッ
疲れて帰って「飯はexclamation」と言われれば腹も立ちます。



わが子のところは、互いに過酷な残業を強いられる職場ゆえ、休日以外はほとんど晩御飯を一緒にできる状況ではない。


それでも、帰りを待ってくれる人が居ることに幸せを見出しているようだ。



家庭を持つことの良さはそこに尽きるように思う。



習慣や思考回路の違う二人が一緒になれば衝突は避けられない。

その違いに戸惑いつつ慣れることができれば前途は明るい。

どうしても相容れないことも、互いに妥協しあえれば幸せにもう一歩近付くことができる。


そうやって自分をごまかしたり騙したりしているうちに好い色に染まってゆくのだと思う。



これ以上自分を偽っては生きられないと思ったら一緒に暮らす意味は無い。
相容れない二人が寄り添って生きられない苦痛に耐える必要はないのであり、人は幸せを求めて生きるべきだと思う。





イヤだなぁと思いつつ妥協して流されて行けるのなら、それは許せる範囲なのだからまぁまぁの幸せなのだと観念して互いの存在に感謝して満足していればいいのだ。




自分にピッタリ合う人など居ない。

ピッタリ合わせてくれる人は居るかもしれない。


しかし、タダタダ合わせてくれることに、人は果たして耐えられるのだろうか。

主張すべきは主張し互いに納得できる合意に達するからこそ夫婦は信頼しあえる。

主張だけを押し通そうとする人は、誰とも共に生きる道が開かれないのだろうなと思う。





秋風が冷たさを増す今日この頃、人肌が恋しくなる季節。


結婚しない若者が増えていると聞くたびに、あったかい家庭のぬくもりはイイぞぉと言ってやりたくなる。(笑)






ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

慣れと妥協がコツかも

わが子が結婚して一年半。


ようやく夫婦らしくなってきたような気がする。



先日、「帰ったら誰か居るというのは幸せなんだね」と、のたまわる。


今頃気付いたか あせあせ(飛び散る汗)と思ったが、子供時代は家族の存在は当然の上に成り立っていたのであり、ありがたいとは思わなくて当然なのだった。


成人して一人暮らしなどすると、誰しも何となく安定したぬくもりを欲するも、束縛されない自由が得難い時もあり、晩秋の今頃、独り身の寂しさを噛締めたりする。



昔、男は外に出て7人の敵と戦い、家に帰って幸せのぬくもりに浸るというのが一般的だった。



しかし、今や女も外に出て7人の敵と戦っている。


家に帰れば明るい電灯の下、暖かな食事が用意されているシチュエーションはコマーシャルの虚像になりつつある。


明るく暖かな家に帰って美味しい晩御飯にありつきたいのは私も同じ。。・゚゚・(>д<;)・゚゚・。 ヒィッ
疲れて帰って「飯はexclamation」と言われれば腹も立ちます。



わが子のところは、互いに過酷な残業を強いられる職場ゆえ、休日以外はほとんど晩御飯を一緒にできる状況ではない。


それでも、帰りを待ってくれる人が居ることに幸せを見出しているようだ。



家庭を持つことの良さはそこに尽きるように思う。



習慣や思考回路の違う二人が一緒になれば衝突は避けられない。

その違いに戸惑いつつ慣れることができれば前途は明るい。

どうしても相容れないことも、互いに妥協しあえれば幸せにもう一歩近付くことができる。


そうやって自分をごまかしたり騙したりしているうちに好い色に染まってゆくのだと思う。



これ以上自分を偽っては生きられないと思ったら一緒に暮らす意味は無い。
相容れない二人が寄り添って生きられない苦痛に耐える必要はないのであり、人は幸せを求めて生きるべきだと思う。





イヤだなぁと思いつつ妥協して流されて行けるのなら、それは許せる範囲なのだからまぁまぁの幸せなのだと観念して互いの存在に感謝して満足していればいいのだ。




自分にピッタリ合う人など居ない。

ピッタリ合わせてくれる人は居るかもしれない。


しかし、タダタダ合わせてくれることに、人は果たして耐えられるのだろうか。

主張すべきは主張し互いに納得できる合意に達するからこそ夫婦は信頼しあえる。

主張だけを押し通そうとする人は、誰とも共に生きる道が開かれないのだろうなと思う。





秋風が冷たさを増す今日この頃、人肌が恋しくなる季節。


結婚しない若者が増えていると聞くたびに、あったかい家庭のぬくもりはイイぞぉと言ってやりたくなる。(笑)






ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 16:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らし

2012年11月18日

予想外れました。(笑)

橋下さんが石原さんと組みました。あせあせ(飛び散る汗)


石原さんが全面的に橋下さんに合わせたので押し切られた感じ。

いずれ、政権第一党になる道を選んだということだと思う。

安易な道は選ばなかったということなのだと思う。



橋下さんの主張、気なる点がいくつかある。


地方に財源を渡せとおっしゃるが、大阪のような活気ある地方都市は大いに栄えるだろう提案だが、活力のない地方自治体はグッと冷え込むことになるのではないか?


力のないところ、声が小さい所は滅びるという厳しさは気の毒だ。


現在のような国が吸い上げて公平に渡す(ここが怪しいが(・・。)ん?)という原則はそれは、それで全否定されるものでもないように思うのだが・・・。


どうも日本は極端に偏る癖があって宜しくないように思う。


「うちは紐付きはいらない!!
自由にさせてよ ちっ(怒った顔)」というところはそのように。

「うちは財源そのものが無いのだから面倒見てくれなきゃ困る」というところは
「もう少し面倒見るけどいずれは自立してよ、そうしないと自治体自体が消滅するんだよ」
或いは、国の直轄領にするとかの救いの手を伸ばさなきゃ混乱してしまう。


柔軟な対応ができない今の行政府の無策を糾弾されるのは当然だ。


だからと言って、国全体を見ずに自分のところの利益を最優先に押し切る姿は美しくない。



競争原理を働かせて国に活気を促す手法は大賛成だが、その影に泣く人のフォローを織り込まなきゃ成熟社会は遠い気がする。




ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

予想外れました。(笑)

橋下さんが石原さんと組みました。あせあせ(飛び散る汗)


石原さんが全面的に橋下さんに合わせたので押し切られた感じ。

いずれ、政権第一党になる道を選んだということだと思う。

安易な道は選ばなかったということなのだと思う。



橋下さんの主張、気なる点がいくつかある。


地方に財源を渡せとおっしゃるが、大阪のような活気ある地方都市は大いに栄えるだろう提案だが、活力のない地方自治体はグッと冷え込むことになるのではないか?


力のないところ、声が小さい所は滅びるという厳しさは気の毒だ。


現在のような国が吸い上げて公平に渡す(ここが怪しいが(・・。)ん?)という原則はそれは、それで全否定されるものでもないように思うのだが・・・。


どうも日本は極端に偏る癖があって宜しくないように思う。


「うちは紐付きはいらない!!
自由にさせてよ ちっ(怒った顔)」というところはそのように。

「うちは財源そのものが無いのだから面倒見てくれなきゃ困る」というところは
「もう少し面倒見るけどいずれは自立してよ、そうしないと自治体自体が消滅するんだよ」
或いは、国の直轄領にするとかの救いの手を伸ばさなきゃ混乱してしまう。


柔軟な対応ができない今の行政府の無策を糾弾されるのは当然だ。


だからと言って、国全体を見ずに自分のところの利益を最優先に押し切る姿は美しくない。



競争原理を働かせて国に活気を促す手法は大賛成だが、その影に泣く人のフォローを織り込まなきゃ成熟社会は遠い気がする。




ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治