2013年06月28日

「永遠の0」を読んで(2)

2009年に近藤道生さんの「私の履歴書」を読んだ後、近藤さんが書かれた「国を誤りたもうことなかれ」を読んだ。

それから司馬遼太郎さんの「この国のかたち」を読んだ。

NHKが放送した元軍高官のインタビューやドキュメンタリーを見た。


昭和の戦争への理解が進むうち、最初は何が書いてあるのかチンプンカンプンだったのに、最近ようやく少しずつではあるが分かりだしてきた。




近藤さんや司馬さんはその当時軍隊にいて実際に戦争を体験した人達である。


大正の終りの頃生れた人たちは皆戦争に駆り出され、気持ちの上では命を捨てて戦地に行き武器を持って戦った人だ。

わが父も大正13年生まれ、戦地は台湾だった。

父は戦争体験をあまり語らなかった。特に辛い思いは死ぬまで語らなかった。

しかし、昭和28年生れの私が小学校に入学する頃まで、夜中に酔って日本刀を振り回すことが度々あった。
必死の形相で何かに切りつけていた。

PTSDだったのだろうと思う。




昭和の戦争は1937年(昭和12年)7月7日中国での盧溝橋事件から日中戦争へと進んで行ったとされている。
そして、この盧溝橋事件は陸軍の謀略であったと多くの人が言っている。



しかし思うに、なぜ陸軍はそのような謀略を企てなければならなかったのだろうか。

何が彼らを駆り立てたのだろうか。

時代背景を知らなければその答えは探せないと私は考えた。

1927年(昭和2年) 昭和金融恐慌、東方会議、山東出兵
1928年(昭和3年) 三・一五事件、済南事件、張作霖爆殺事件
1929年(昭和4年) 世界恐慌
1930年(昭和5年)
1931年(昭和6年) 中村大尉事件、柳条湖事件、満州事変、三月事件、十月事件
1932年(昭和7年) 血盟団事件、五・一五事件、第一次上海事変
1933年(昭和8年) 国際連盟脱退、滝川事件、神兵隊事件
1934年(昭和9年) 帝人事件
1935年(昭和10年) 相沢事件、天皇機関説問題
1936年(昭和11年) 二・二六事件、綏遠事件、西安事件
1937年(昭和12年) 盧溝橋事件、第二次上海事変(日中戦争(支那事変)始まる)

盧溝橋事件で武器を持った兵隊が戦う戦争は始まったかもしれないが、
そこに至る10数年の間、日本は貧困にあえぎ苦しみ抜いていたのだろうと思う。

昭和恐慌があり、世界恐慌あった。

日本はずっと貧乏国だった。
しかし、江戸時代の人々は食べていける程度の貧乏だったのに、明治大正昭和へと進むほど食べて行けないほどの貧乏になった。

今も昔も政治家などという得体の知れないものが俺達をこんな目に合わせていると昭和初期の人たちは思った。

50、60の長老達が言う「明治の軍人は偉かった。」は、実際に共に生きていた生身の軍人達の姿だ。
昭和初期は、日露戦争からまだ20数年しか経っていないのだからつい先ごろのことなのだ。




1904年2月8日 - 1905年9月5日大日本帝国とロシア帝国との日露戦争で勝利した日本人は戦勝に酔った。

新聞の文面が国民感情を大いに刺激し、酔わせた。

軍人が国民の憧れ尊敬の対象になった。


司馬遼太郎著の「坂の上の雲」を読み、この日露戦争が児玉源太郎、大山巌、乃木希輔、東郷平八郎の人格なくして勝ち得なかったことを私は知った。

児島源太郎は戦う前から貧乏国日本の体力を推し量って日露戦争終結の落としどころ心得ていた。


ポーツマス条約において、「金が欲しくて戦争した訳ではない」との政府意向と共に賠償金を放棄して講和を結んだことが、「平和を愛するがゆえに成された英断」と国際的には評価されたが、戦勝に酔った国民には受け入れられなかった。

政府は国際情勢からこれ以上戦えないこと戦う力が無いことを口外できなかった。




新聞は国民感情を煽り、日比谷公園国民決起集会に集まった人々が暴徒化し、その勢力が膨張拡大し政府を追い詰め退陣に至らせている。




日露戦争を挟む50余年の間に人々の心はどう動いていったのか。

世界全体に暗雲が立ち込めていたことも当然忘れてはならない要素だ。





永遠の0の中で、新聞記者を批判する場面がある。

国民を煽り、戦場に駆り立て一億玉砕と声を張り上げた新聞にこそ悲劇を生んだ責任があるのではないか。という。

溜飲を下げ、胸の空く思いをさせてもらえる場面だった。


それも一理ある。

しかし、国民が軍に大きな期待を寄せたことも事実だ。

近藤さんは軍服を着て任地に向かう途中、小学生の篤い眼差しと礼を受け、この子達のために自分は死ぬのだと悔いは無いと思ったと書いておられる。



期待に応えて多くの若者が戦場で屍となった。

その責任は国民の側が認識し反省し英霊に対して尊敬を持って深く頭(こうべ)を垂れなければならないのではないかと思う。靖国参拝の意義はここにあるのではないかと思う。




だが、軍は国民の期待を利用し、易々と日本を乗っ取っていた。

統帥権だ。

これを振りかざして、日本全土を支配してしまっていた。


つづく




ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2013年06月22日

「永遠の0」を読んで(1)

今、NHK大河ドラマ「八重の桜」が見れない。


可哀そうすぎて、つらくて見れない。


会津の正義が踏み躙られることへの憤りが湧いて見れない。



昔、沖縄にツアーで行ったことがある。

日程に、民間人が次々に断崖絶壁から身を投げた喜屋武岬まで歩いて行くというのがあった。

そこでも、その場所に行けなかった。
ツアー客の小父さんに「見とかないかん ちっ(怒った顔)」と非難されたが、私の神経では無理だと思った。

広島の平和記念館でも私は中に入れなかった。

子供の頃見た原爆投下直後の写真がトラウマになっているのだろうか。
子供のくせに眠れないで怯える夜が続いた。


2009年に近藤道生さん(博報堂最高顧問 当時)の日経私の履歴書を読んでこのブログに書いたことがある。 
近藤道生さん私の履歴書から

この『永遠の0』は、その時抱いた太平洋戦争への疑問に応えてくれているような気がしてフィクションとして捉えることが出来なかった。
最初から読み直して、そうだこれは物語だったと思った。σ(^_^;)アセアセ...




この物語は、ゼロ戦パイロット宮部久蔵が真珠湾攻撃から沖縄戦まで戦い抜いた姿を、史実に沿ったドキュメンタリータッチの展開の中で描いている。

宮部は何故軍隊に入ったのか、あれほど死にたくない生きて愛する家族の元に帰りたいと言っていた宮部が、特攻で死ぬ道を選ぶ心の底にあるものはなんなのか。

当時の青年達は熱狂的な愛国心から死んでいったのではないのか、ゼロ戦で敵艦に突っ込む特攻は9.11のテロ行為と同じではないのか。

これらの疑問が少しずつ解き明かされていく。

この本を読んで色々なことを知り、
そして、やはり最後は胸が詰まって涙した。生きてほしかったと思う涙だった。



しかし、正直に言ってもの足りない部分もあった。

もう少し作者に深さがあれば特攻で散った若者達の無念と願いと希望が描けたのではないかと思った。
彼らにとって靖国とは何だったのか。

大切な部分が抜け落ちている気がした。






数回に分けて、2009年から抱き続けた太平洋戦争とはいったいなんだったのか、兵士や兵隊にとっての靖国とは、この疑問を問い直したいと思う。





ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2013年06月16日

最近の空気清浄機

PM2.5を気にする夫。


現場に測量に出なければならない時などとても気にしている。



昔、北九州市は煤煙の町だった。



工場の煙突から煙を吐き出し、その煤が電線に垂れ下がっていた。


白河町は住めないらしいと母が言っていたのを思い出す。


洞海湾はヘドロの海だった。



市はその汚名を雪ぐため、この環境汚染と真っ向から戦った。

おかげで煙突から有害物質が出ない装置などを研究開発し今や中国に売るまでになっている。



地元から有害物質が取り除かれたのに、遠く中国大陸から有害物質が飛んでくるようになった。


黄砂が来ると山が翳(かす)む。するとPM2.5の数値が上がる。




そこでフト空気清浄機の存在を思い出し調べてみた。


10年以上前に空気清浄機は必需品だと思っていた時期があった。
風邪で咳が止まらなくなり、医者にハウスダストのせいだと言われナショナルの高性能の空気清浄機を買った。


匂いに敏感に反応して、オナラをするとランプが真っ赤になってもの凄い勢いで空気を吸い込んでいた。(笑)

しかし、フィルターの掃除をしろだのフィルターを交換しろだのサインが出て、面倒になった。

そうこうする内にマイブームも去り。(;´▽`A`` 何代目かの空気清浄機はトイレの匂い取りになった。



あれから10数年、PM2.5を気にする夫、掃除が面倒でずぼらになった自分。

ハウスダストとPM2.5が健康を阻害し始めているように感じ出した。


そこで、最近の空気清浄機の評判をネットで探ってみた。


なんとフィルターは10年交換要らず、その上埃を吸い取るのでお掃除が楽になったとあるではないか。(*゚▽゚*)
そして、音がほとんど気にならない。


早速その機種をネットで購入した。

ダイキンのうるおい 光クリエール TCK70M 希望価格78,750円が24,980円だった。


12畳のリビングから綿ボコリが消えた。ひらめき
朝起きて、リビングに行くと隅っこに夜中に舞い降りた埃が薄っすらとあるのでクイックルワイパーでサッと取っていたのだが、降っていない。(・・。)ん?


何が嬉しいって、お掃除ロボット要らないじゃない。るんるん
しかも、加湿機能も付いている。

ストーブからエアコンに切り替えると空気が乾燥していたがこれで大丈夫。!!!


お掃除が億劫になってしまった奥様方、これおススメです。

本末転倒とはこのことか・・・。(;´▽`A``


-------------**

追伸 2015.12.9

新しいうちはしっかりホコリをしっかり吸っていんだ?と読み返して思いました。
現在、朝起きるとホコリがリビングの隅でフアフアしています。

ルンバでお掃除した翌日はホコリは見られません。

ただ、フィルター掃除ランプが着くので、
開けてみるとものすごい量のホコリが吸着しているので毎回驚きます。
やはり頑張っていてるようです。

加湿機能はとても重宝しています。


ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ


人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2013年06月09日

「夢をかなえるゾウ」を読んで

Amazonのキンドルで何かおもしろい本は、、、と思いつつ目に付いたのがこの本。

レビューに575人の人が感想を寄せている人気本だと知り、読んでみた。

夢をかなえるゾウ


いわゆる「自己啓発本」なのだが、今までに読んだその手の本とは切り口が違っていた。

上から目線ではない。ユーモアたっぷりで軽妙。そして、内容が深い。


ガネーシャというインドの神様(大阪のお笑い系キャラ)が若者を育てていく物語になっていて、
優しく教え 諭し導いていく。

若者は素直な心でガネーシャの言葉を聞き実践し精神的に伸びていく。





ガネーシャは現代人の頭で考えるだけで実践できない弱さを優しく衝いて来る。

自分の殻から抜け出せず、自己と社会・他人とのつながりの視野の狭義が自分自身を小さくしてしまっていることに気付かせるよう諭す。



中でも努力は苦しいこととちゃうで、
『人間は楽しいこと、やりたいことしか出来ないようになってるんや』
『「努力しよう」「我慢して頑張ろう」とは思わへんのちゃうかなぁ。単純に「やりたかったから」』

の部分では、そう exclamation それが言いたかったのよ。

むかし、娘に「努力の才能」というのがあるのよ。 
blog 努力の才能

その才能が無いならその試験(受験)、諦めなさいと言った事がある。


そう、あの時こんな風に優しく言えれば好かったのに。(゚ー゚;Aアセアセ





そして、ガネーシャからの最後の課題

「毎日、感謝する」


便利に暮らせる社会を築いてくれた先人達に感謝する・・・etc。


不思議なことにここまで読んで、涙がでた。

何故だろう。


たぶん、最初から最後まで若者と社会を見つめる優しさと愛が散りばめられていたからだと思う。




今回は電子書籍ではなく中古本を買った。

中古本はAmazonで10円だった。送料入れて260円。
メール便で自宅の郵便受けに届けられた。







ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2013年06月07日

健康診断で

今日は社会保険から会社に毎年お誘いが来る健康診断に行ってきた。



毎回億劫なのが胃透視。



バリウムを飲んで台の上をグルグル回転させながら胃の内部を撮影するやつ。



過去に、ゲップを出さないで!ちっ(怒った顔)怒られたトラウマがある。

その時は上手く出来なくて、終わった時はフラフラになった。たらーっ(汗)


その経験が尾をひいて、翌年はどうしようどうしようと考えているうちに申し込み期限が来て、
会社の健康診断そのものををパスしてしまった。(゚ー゚;Aアセアセ



今回の検診では順番を待つ間、DVDを6回も見せられるはめになった。



DVDを見ていて、はたと気付いた。(・・。)ん?



検査技師さんが「こっちを向いて」と言ったとき、

顔を向けるのではなく、身体を向けるんだ。exclamation


私は今まで、顔を向けていた。σ(^_^;)アセアセ...


そうだよね。顔向けても意味無いよね。

DVDを見て一人にんまりで笑ってしまった。



6回もDVD見ると得るものがあるもんだと感心した。


今回はDVD見たのだから上手に胃透視を終わらせようと、そのことに集中していた。


いつもなら、最後にご苦労様と言ってくれる検査技師さんの表情から検査結果を推察するのに、
「ありがとうございました」と最後のご挨拶までちゃんとしたいという思いが強くて検査技師さんの表情を見ることを忘れていた。あせあせ(飛び散る汗)



前々回から検査技師さんが若くて優しいので仕方なくではあるが、健康診断を受けなければね、夫や在宅勤務の社員さんにも受けてもらわなければねと思うようになった。


ちなみに、夫は前回よりも健康度が相当アップしていたと喜んでいる。





ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2013年06月06日

主婦のうわさ

北九州市にコストコが出来た。


今、主婦の間では「行った?」「行ったよ(*゚▽゚*)」


というのが挨拶になっている。



先日も古い友人が「行った?」と聞いてきた。

「行ったよ。助かるわ、久山店だと月に1回程度だけど、区内ならいつでも行けるしね。」わーい(嬉しい顔)


友人・・・
「そうよね。でも、何でもが多すぎるし大きすぎるから慣れるまで大変よね。」
「久山店ガラガラだったってよ」

「○○さんが言ってたけど、久山店を閉店して、佐賀寄りの福岡に新しいコストコが出来るんだったよ。」


manma・・・
「そうなんだexclamation久山が有るのに北九州市に何故?と思ってたわ」

「そうした方がいいと思うわ(o^∇^o)ノ さすがにコストコね」


そして、
この話を知り合いの珈琲専門店(喫茶・軽食)のオーナーに話した。

manma・・・
「久山閉じて、佐賀に近い福岡店が出来るって噂があるよ」


オーナー・・・
「ここ場所が悪いからあの近くに行きたいと思ってたところよ。久山が無くなれば益々北九州店の客が増えるね。そうすると福岡北部方面からの客はこの前の道を通るね (*^▽^*)oエヘヘ!」




そして、先日。

コストコ北九州店で中年の男性社員さんが、
「こちらに出来て良かったでしょう?」と言う。

manma・・・
「嬉しいわ、毎週でも来れるもの(*^▽^*)oエヘヘ!」
「久山店閉店するそうですね。」と聞くと。


男性社員さん・・・
「エッ、そんな話があるんですか?」

manma・・・
「主婦の間でそういう話になっているけど、違う?」「福岡の佐賀寄りの所に新店舗が出来るって」


男性社員さん・・・
「久山店閉店の話は聞いてないですよ。(笑)」「福岡店が出来るという話はありますけどね」


manma・・・
「あらま(゚ロ゚)主婦の間ではまことしやかに流れてるわよ(笑)」




こんなにまんまと噂に乗せられたのは初めてだった。ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!


珈琲店のオーナー。ごめんなさい。たらーっ(汗)






ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2013年06月04日

甘いトマト

毎朝パンと珈琲とヨーグルト。


そして、最近サラダを食べる。


寒い時期は身体を冷やすので生の野菜は敬遠して野菜スープを作って飲んでいた。

この時期はサラダが美味しい。




道の駅で売っている「濃縮トマト」が甘くて美味しい。


生産者、若松の大場 始さんと書いてある。



IMG_4074.JPG


このトマト1箱(A4位かな?)3千円で売っている。ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!


そんな高価な物は買えない。



その規格に外れたのかサイズが不揃いのトマトが幅15cmのポリ袋に詰めてあるのが400円で売っているのでそれを買っている。


週に一回だけ、その道の駅に買出しに行くので無いとガッカリする。



苗を育てる段階から水分をひかえて味を濃くする方法で作られるらしいが、甘くて程よい酸味は肥料の与え方によるのだろうか???。


昔のトマトはヘタの匂いが強かったような気がする。


普通のトマトで試しにヘタを落とさずに切って塩やドレッシングで食べると美味しかった。

しかし、この濃縮トマトには敵わない。



TPPで農業が注目されている。

農業をする人はきっと自然相手に色々考え試しいるんだろうなと思う。


美味しい野菜を作ると嬉しいんだろうなと思う。


真剣に取り組めば遣り甲斐のある仕事だろうなと思う。





ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by win-manma at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2013年06月02日

重曹歯磨き粉を作った。

重曹歯磨き粉を作った。


これがなかなか良い。



以前、歯科医院で勧められたジェルコートFのことをブログで書いた。


その時もこれは良いexclamationと書いた。


花王やライオンの普通レベルの商品と比べるとスゴク良いと思ったのだが、
重曹で茶碗の黄ばみやベトベトの油を落とす効果を見ていて、フト歯もキレイになるかも(*゚▽゚*)と思ってしまった。



そこでgoogleってみるとレシピあった。


重曹(炭酸水素ナトリウム) 20g
植物性グリセリン 12g
エッセンシャルオイル ペパーミント 10滴


重曹は料理用を購入したが、残りの材料は石鹸や下地化粧品を作っているので持っていた。


味は重曹のしょっぱい(塩味とほのかな苦味)とグリセリンの甘さとペパーミントの辛いような爽快感の単純なミックス味がした。

そして、それが癖になる。(笑)



この歯磨きを使うようになって何年も続いていた舌の先の痛みが減ってきた。


ジェルコートFを使って歯間ブラシで毎日歯と歯の間を掃除しても時々出ていた歯肉炎がスッキリ治った。







お掃除や台所で重曹を使って特に驚くのが湯呑の茶渋が簡単に落とせた時。


歯に付いた茶渋やワインのこびり付いた色素や歯石が落とせたら嬉しい。



作り方はいたって簡単、上の材料を混ぜ合わせるだけ。



石鹸を作っていて思う。


材料がシンプルだと安心できる。

安く大量生産するためにメーカーは色々な薬品を使うんだろうな、その上科学的な匂いを付けてくれる。ふらふら


そりゃ、変質すると困るし、被害に合う人もでるかもしれないから安全性も大切だ。


ごく一般的な人が困らない範囲の品質で、抑えた価格で利益を出さなきゃならない。



お肌に合わないときは使用しないでくださいって書いてある。




手作り石鹸も重曹歯磨きも自己責任だ。ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!

肌に合わなければ試行錯誤するしかない。

オリーブオイルが合わない人もいるらしい。カメリアオイル(椿油)が自分には合ったという話も聞く。


油分を補う為にシアバターを使っている。
(アフリカのシアという木の実から採取される油)

このシアバター、品質にランクがある。
直接顔に塗るシアバターはケインズのシアバターを使う。
そして、石鹸を作る為のシアバターは安いオレンジフラワーが売っているシアバターを使っている。


ケインズのシアバターは滑らかさが全然違う。


安くてもオレンジフラワーのシアバターをたっぷり使って作った石鹸はしっとり潤う。天然の木の実は力強い。


ハワイの人たちが炎天下で暮らしながらも肌荒れしないのはククイナッツオイルを使っているからだと本で読んだことがある。




最近つくづく感じる。


本物の素材というのは美味しい。


砂糖、塩、酢、醤油、サラダ油、オリーブオイル、椿オイル、アボカド オイル、味醂、酒、そうそう水!・・・。


本物はスゴク美味しい。


本物の素材の味比べをするとおもしろい。



砂糖でも黒砂糖と和三本とグラニュー糖は味と風味が違う。

塩は産地や作り手で味が違う。

それぞれの土地と人と材料で味が違う。



素材の確かな物で作ったものは美味しい。




**----------------------**

後日

気を好くして頑張りすぎたか。あせあせ(飛び散る汗)

歯茎が腫れてしまった。

あまり力を込めると傷つけてしまうらしい。ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!


歯間ブラシに付けて優しくこすると効果があったのだから、たぶん歯ブラシだと力が入りすぎるのだと思う。


なんでもホドホドにしとかなきゃ。(*^▽^*)oエヘヘ!






ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2013年06月01日

油汚れには重曹を

時々覗いているブログで


油の容器が倒れて流れ出し、スリッパで踏んで油汚れが広がった話が載っていた。



こんな時重宝するのが重曹。



油を吸って固まってくれる。


あとは箒やブラシで搔き集めて捨てればいい。

そして、軽く水葺きすれば簡単にきれいになる。



油はベトベトするので困る。ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!



油が凝縮されてこびり付いた最たるものがレンジフードの汚れ。


あんなに凝縮されていなサラの状態なら布や紙に吸わせないで粉で固めた方が始末が早い



粉といえば先日の「ためしてガッテン」は強烈だった。


お好み焼き粉にダニが発生すると凄まじいのだと鳥肌がたった。



我が家ではスキムミルクを流し台の上の蛍光灯が付いた袋戸棚にチャック付きの容器のまま入れていたが、早速冷蔵庫に移した。



ダニがあれほど発生するなんて。ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!



寝具類や畳みや絨毯にもあんなにいるのか???


空気清浄機をやはり買った方がいいか exclamation&questionと考えた。






ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし