2013年08月27日

海老蔵と太陽

今日のお昼、NHKスタジオパークに杉浦太陽、徹子の部屋に歌舞伎の海老蔵という対照的な二人が出ていた。


対照的と感じたのは男として夫としての本気度というところでしょうか?



お二人とも3児の父だそうです。


海老蔵さんにはなんと結婚前に認知した10歳の娘がいるのだそうです。ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!

特殊な家に生れついて、選択肢が無いも同然の生き方を強いられたようで気の毒だとは思うが、
ご本人に人としての幸せの基本的心根が欠けているように感じるのは私だけ?


NHK大河ドラマ「武蔵」の時、まぁなんと我儘そうなぼっちゃん!というのが第一印象だった。

目つき顔つき醸(かも)し出すオーラに落ち着きが無かった。
辛口で申し訳ないが、とても浮付いた感じ、中身の薄さを感じた。


案の定結婚前の浮いた噂モテモテの噂、結婚直後の暴力沙汰。

その騒動を収拾する為に冷や汗を拭う親御さん。

海老蔵・団十郎という重い名を絶やすまい守ろうとする親の必死さが哀れだった。


40年位前、
ブティックに勤めだした友人から女性オーナーは元中州のクラブの1で、大鵬関の現地妻で綺麗な娘さんがいると聞いたことがある。


地方巡業がある有名人にもなると裏で支える女性がいるものなのだなぁと思ったものだった。


本妻さんと妾さんの立場を本人達はしっかり自覚していて、
お妾さんは本妻さんに取って代わろうなどとは思っていないらしい。

ちゃんと身の程を知っていて好いた人に尽くす。

男の方もその誠実な心根に応える優しさと経済力を持っていて揺るぎなく世間を渡っていく。


素人娘に手を出すと危ないとは昔から言われていることなのだ。

この手の大人の恋というのはギャーギャー騒ぎ立てることなく、生涯を通した覚悟があって意外にも格好いいと感じるのはヘン??。(笑)



イイ女を見る目を持って、そんな女の覚悟をしっかり受け止めることができる男に育てなくちゃならない海老蔵さんのお父さん。

「持たぬ子には泣かされぬ」と言いますからね。
なかなか思うように育ってくれない放蕩息子にご苦労が絶えませんでしたね。


女癖、酒癖、古い言葉です。(゚ー゚;Aアセアセ

今じゃ身近には見られなくなったけれど、これを格好良く処する大人は魅力的だなと思う。

女癖にしても酒癖にしても、自分の糧にできるか否かは人間の器が大きなくちゃ適わない。
海老蔵さん、どうせならこれを目指してくださいな。





杉浦太陽さんは意外にも家庭的で生き方に芯がありそうですね。

お母様が女手一つで男の子二人を育て上げたそうです。


太陽さん自身、お母さんを尊敬していらっしゃる。

お母さんが、家族を愛する幸せや人としての誠実さを身を持って教えてくれたそうです。


スゴイですね。(*゚▽゚*)







ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2013年08月21日

漂白剤でOKだった

毎日キッチンの最後の片付けは念入りにを心掛けている。


ガス台のトップ面はどうしても吹きこぼれのあとや水分の垂れた跡がある。

ひどい時は重曹とオレンジのスプレー洗剤で軽くこすって落とす。


シンクの内側はオレンジのスプレー洗剤をシュシュッと吹き付けてスポンジで軽くこすって水を流せば毎回ピカピカになる。



問題は、シンクと一体化になっている排水溝ゴミ受け。

中にたまった生ゴミはビニール袋に入れて水分が洩れないように二重にして外のゴミ箱にポイ。



そして、排水ゴミ受けを洗って・・・排水溝部分。

これまで、この排水溝部分にヌルヌルが発生したらキッチン用漂白剤で菌を殺してスポンジで洗い流していた。


しかし、毎回気持ち悪くなる。

使ったスポンジはもったいないと思いつつ処分したくなる。


錠剤をポンと入れておけば、又は吊るしておけば大丈夫という商品も買って使ってみたが、吊るすのは紐が邪魔になる、そして割高感が拭えない。(゚ー゚;Aアセアセ



なんとかヌルヌルを発生させない簡単な方法はないものかと考えてみた。


たぶん、あのポンと入れる錠剤は塩素系ではない漂白剤が主成分なんだろうなと思った。



そこで、片付けの最後に最もポピュラーで強力なキッチンハイター(塩素系)を小さじ1/2〜1杯降り入れて、30秒〜1分放置を試してみた。

その間にキッチン周りの水滴を拭き、その台拭きを水洗い。

これで、キッチンハイターはキレイサッパリ流れていく。


最後の最後にキレイになったシンクで台拭きと布巾をキッチン石鹸でゴシゴシ洗って干したら今日の台所仕事はおしまい。




この方法を始めて一ヶ月過ぎたがヌルヌルは発生していない。

最近は俎板にもついでに漂白剤をかけてスポンジで広げて1分で洗い流している。


塩素系漂白剤は危険物で発癌性があるとも言われる。

漬け置きや吹き付けたままというのは避けたほうがいいらしい。



先日からソース ディスペンサーに入れて使うことにしたら手も汚れず使いやすくなった。

  ソース ディスペンサー


台所の片付けというのは本当にキリがない。

30数年、いかに簡単に済ますことができるかを追求してきたような気がする。



若い頃は花王やライオンの製品が常識だと心得て信用していた。

しかし、生協やアムエイの人に合成洗剤の被害者が意外にもたくさんいると聞いて驚いた。


あまり熱心に説得されると引いてしまう天邪鬼(あまのじゃく)の性格から、それらには手を出さずにいたら50歳でアレルギーがひどくなった。

それでも素直に生協や営業さんが売って歩くような商品に手を出す気になれなかった。


値段に納得できなかったのだ。(笑)



石鹸を作るようになって初歩的な化学反応で作られていることを知り、すごく納得がいった。



身体に優しい道理が少しだけ分かった。


いかに簡単に片付けを済ますかは、洗剤も道具もシンプルであることが基本なんだと思う。





ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2013年08月19日

真夏に加湿器稼働中

今年の夏は異常に暑い。


去年までは夜はエアコンを消して、ベランダからの風と扇風機で過ごした。


しかし、今年は5月にインフルエンザに掛かり、
復帰に一ヶ月も要したため体力の衰えを痛切に感じて無理はするまいと思った。


橋下病は薬をちゃんと飲んでいれば普通に生活できる。

でも、一旦体調を崩すと治りが悪い。

橋下病は体調維持のコントロール機能不全なので特に体温の調節管理が狂うと厄介なのだ。


そこで、今年はエアコンに終始に頼ることにした。


昼間は設定温度を28度にすると、電波時計の室温が30度になる。

夜は設定温度を29度にする。


そうすると朝起きると喉が痛い日々が続くようになった。

テーブルの台拭きが2時間でカラカラに乾く。

台所の布巾もアッという間に乾いている事に気付いた。


電波時計の湿度を見ると40%。寒暖計を見ると40%を切っている。ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!

今年買った空気清浄機が大きな字で湿度50%を示していたので騙されたのだ。


早速、その空気清浄機のタンクに水を入れ加湿を始動した。


半日かけてようやく電波時計の湿度が50%になった。

こころなしか空気が潤いを持った気がする。


夏風邪の要因がこんなところに潜んでいるのかもしれないと思った。





ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2013年08月18日

日立の電話相談スゴイ

先日買ったブルーレイ

テレビとつなぐのに一苦労した。



8年の技術進歩は凄まじく、テレビを買った当時はブルーレイなどは勿論なかった。

ゆえにテレビ側にブルーレイを認識する機能がない。


テレビの初期設定から外部機器接続設定しようとするが無反応。

どれとつなぎますか?

VTR? VTR+DVDプレーヤー? CATYホームターミナル(アナログチューナーのみ)? CSデジタルチューナー?
DVDプレーヤー? DVDレコーダー? 

メーカーは?
日立、松下、日本ビクター、ソニー、東芝、パイオニア



松下?・・・それなに(笑)


こんな古いテレビと一番安いブルーレイがつながるのか?と不安になる。(-д-`*)



ブルーレイのマニュアル通りアンテナをブルーレイ経由にちゃんと差し替えたぞ!

アンテナの分波器で分かれたBSと地上波に注意しながらブルーレイにつないでいる。

次にブルーレイの出力端子からテレビのアンテナの入力端子に黒いアンテナケーブルでつなぐ。OK!


次は映像・音声コード。

付属の赤白黄色のコードは画像が落ちるのでHDMIがお勧めだと書いてある。

テレビの説明書を見ると一応HDMI対応になっている。

HDMIコードを別途Amazonで購入。
4620円が1008円だった。家電量販店より絶対的に安い。ひらめき


HDMI到着後早速つないだ。


しかし、


無反応。ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!


一日格闘したがダメ。
夜中夢の中でもテレビとブルーレイをつないで苦しんでいた。(笑)



翌日、日立の相談室に電話。

ようやくつながったオペレーター(男性)がとても親切だった。

昨日説明書を睨みながらの操作手順を繰り返す。

が、無反応。

「このままお待ちいただけますか?」と言って調べてくれること数回。

それでもダメだった。

「済みません。電話ではもう無理のようです。技術の者にテレビを見せていただけますか?修理の依頼は0120-3121-68です。本当に申し訳ありません。」



あー、ダメか。

修理するとなると又3、4万円掛かるな。たらーっ(汗)

テレビ買い換えるかなぁ。(・・。)?



そこに日立から電話。

「先程の者です。もう一つ試してもらえますか?」
「テレビとブルーレイのリモコンを両方ご用意していただいて、
テレビの入力切り替えでビデオを選び、
初期設定の画面(ここで今までは無反応)で、ブルーレイのリモコンの決定を押してみてください。」


なんと、これで解決。わーい(嬉しい顔)


オペレーターさんに最後に技術の電話番号を教えてもらってから、40分ほど立っていた。

あれから、色々調べてくれたんだろうなと思うと嬉しくて嬉しくて。


ブルーレイを通して観るととてもきれいに映るようになった。


とても簡単な操作ミスというより裏技?

誰も教えてくれませんよ。yahooの知恵袋も随分見たけど載ってなかった。



日立スゴイ。グッド(上向き矢印)


カネボウとは大違い。(笑いごとじゃない)






ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2013年08月15日

ネットでお買い物

日経によるとネットで物を買う人が増え続けているらしい。



私自身が売る側の立場なので買うことに抵抗が無い。


だが、いかがわしいshopでは絶対に買わない。


その見極めは、ページ全体の色使い。


赤や黄色や黒い太字で目を引こうとする、しかも点滅なんていうセンスの悪い店は売る気ばかりが先行していて、買い手の視線や視点を考慮していない。


商品をいかに買い手に伝えるか、いかに買いやすい配慮を考えているかが見て取れる店はまず信用してみようかなという気になる。




次に気になるのが送料や代引き手数料や支払い方法の選択肢。


先日、よつ葉乳業のスキムミルクが買いたくて色々探したが、送料が高くて二の足を踏んでしまった。

北海道から九州まで送るとどうしても送料は高くなる。ちなみに常温輸送で1580円
スキムミルクを200g×4袋買うと1320円なので送料の方が高くなる。



そこで代理販売をしている店で
5000円未満590円/5000円以上購入なら295円という所を見つけた。


早速、よつ葉スキムミルク200g×4袋1512円を、送料590円代引きで購入した。
(この富澤商店は代引き手数料を取らない。)



送料を入れると高くつくのだが、このスキムミルクは九州ではなかなか手に入らない。

何処ででも買える雪印のスキムミルクとは格段の味の違いがあるから、リピートすることになる。

ネットで買うなら、送料や代引き手数料でお客様へのサービスに努めてくれている店を探しておくことはネットで買い物をする人は当然留意するポイントになる。

お店がメール便利用や代引き手数料や送料の値段をできるだけ下げてくれているところは、お店の姿勢としてちゃんとお客さんに伝わるものだと思う。




電気製品のネット価格には安くて驚かされる。

先日、ブルーレイレコーダーを買うことにした。(;´▽`A``

婿殿が、今月末テレビに出ると聞き、買うことにした。
8年ほど前に購入したHDD内蔵のプラズマテレビの録画機能が今年春に壊れた。

テレビは映るのだから勿体無くて修理し、それからは録画は使わない生活を送っていた。

録画しなくてもさほどの不自由は無いというのが正直なところ。

だから、安くてイイのが欲しいと思い、価格comブルーレイ売れ筋ランキングを検索。

7位のパナソニックブルーレイディーガ DMR-BR130をクリック。

なんと23,543円 ブルーレイがこんな値段で買えるとは知らなかった。(*^▽^*)oエヘヘ!


口コミ情報をいっぱい見ると、気楽に使うならこれで十分とのこと。

早速、Amazonで送料無料、コンビニ決済セブン-イレブンを選択、支払を済ますと二日目には届いた。


最近は本も雑誌も家電も日用雑貨もAmazonを代表とするネット販売店で購入している。


品物の良さが分かっている物を買うなら、送料無料で届けてくれるネット通販が何と言ってもありがたい。






ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2013年08月11日

0歳からやるべきこと??

新聞の書籍広告欄に『0〜6歳児の親がやるべきことは?』というフレーズが載っていた。



0歳から2,3歳にかけて子供はもの凄い勢いで成長し、
3歳〜6歳にかけてその成長は子供にあまり関心が持てない親にも見て取れるようになる。


私が出産後、直ぐに新生児を見に来てくれた遠い親戚のおばさんから

「もの言わぬ赤ちゃんをジッと見ていると、赤ちゃんの成長が見えるようになるから最初は見ていなさい。楽しいわよ。」と、言われた。


振り返ってみると、これはどんな育児書にも勝る言葉だった。


0歳の赤ちゃんはまるで録画の早送りのようなスピードで日々成長し、自分の置かれた環境を見て聞いて感じて、それらの情報を頭脳にインプットし、理解し、それに順応していた。


その様子を見て、親がしてはいけないことが見えてきた。


この自然の成長を親が阻害してはいけない、邪魔してはいけないということが第一にある。

生物は太陽と月と地球の自然のリズムの中で成長し滅んでいく。

時間のリズムと水や食物からの栄養と、自然や生活の中にある色や音や香りや温度や風の刺激を感じながら成長する。


これらを乱すと子供の成長が邪魔されることになる。
すくすく育てたいなら、できるだけ規則正しい生活リズムを提供してやるべきだと思った。



第二に、適度な刺激が成長を促進する。

おもちゃを与えたり、絵本を読み聞かせたり、肩車や居ないいないばぁや語り掛けは心身への刺激として欠かすことができない。

しかし、


最も危険なのが、赤ちゃんや幼児への一方的な押付け。

刺激を与えて、乳幼児が喜べば丁度いい刺激になるのだが、
乳幼児が乗ってこないのに、親がこの刺激は有意義だからと思い込んで押付けると乳幼児の心身が疲弊して成長のリズムを狂わしてしまう。


心身の成長に合った刺激でなければ何の役にも立たない。

居ないいないばぁを喜ぶ時期、かくれんぼを喜ぶ時期、etc
それぞれの刺激には成長に則した時期というのがある。


見極めは、何度も何度もその刺激を求める時。


0歳児でも語り掛けるとムニャムミャと必死に返事をする時期があり、
居ないいないばぁに声を上げて笑う時期がある。


そんな時は面倒くさがらずに付き合ってやると親子関係がその後いっぱしの子供になってもスムーズにいくことうけあいだ。(*^▽^*)oエヘヘ!


0歳児からやるべきことなどないと思う。


やるべきと思って子供に接することの危険は多々ある。


親は、成長を見守ってそれを助けるに尽きる。

それでも、成長を捻ってしまったなと思うときはある。


そんな時は、基本に戻って太陽のリズムと地球の自然のリズムと風に委ねてから見守り育むしかない。


頭の悪い子だとしても、それを修正しようなんて神業は誰にも出来はしないと観念して素直に育てて欲しい。

素直な子はいずれどこかで立派に開花する。(花の大小に文句を言ってはいけない。)




神(自然)は、光と影と、水と空気と、栄養を与え、それをいっぱい吸収すれば真っ直ぐに育つように作ってくれた。



0歳から「やるべきこと」なんてないと思う。

親としての心構えとして成長のエネルギーを踏まえた自然の摂理を忘れないことだと思う。






ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 国T

2013年08月09日

義母さま

先日、義母さまを見舞ったら調子が悪そうだった。


義母さまはパーキンソン病。


数年前から自宅で突然意識を失って倒れたりしていたが、原因は分からなかった。
数十年来信頼している掛かり付け医院があり、
先代医師から現在の息子医師に引き継がれて診てもらっていた。
第一、本人が大の病院好き。

少しでも体調が悪いと感じれば躊躇することなくその病院に行き、
納得できなければ総合病院で胃カメラでもCTでもMRIでも何でも使ってもらって調べ上げる。


そして、我々にその結果を数値をまじえて報告する。


そんな義母さまのパーキンソン病は炙り出されることなく、オムツ状態になるまで見過ごされた。


それでも、「柿木先生が私の難病を見つけてくれた。」と感謝し、
施設に先生が来ていると知ると、まるで韓流スターに会えた様に目を輝かせる。揺れるハート



もっと早くに見出してくれていたらと我々は思うが、
義母さまが言うようにその先生がパーキンソン病を疑ったおかげでオムツ状態から脱し、
リハビリを続けて一人で杖を突いて歩けるまでになった。



あれから一年半が過ぎ、義母さまは92歳になった。


行けば、「こんなに長生きするつもりじゃないのに何時まで生きるんやろう。・゚゚・(>д<;)・゚゚・。 ヒィッ」という。


自分の寿命を持て余している。
死を待つ苦(にが)い心境を切々と訴えられても、こちらとしては受け流すしかない。
小さな楽しみを見つけたら?と言っても、
全否定されて生きていることのつまらなさを10倍返しで訴える。

鬱もパーキンソン病の症状だとこちらが認識して辛さを認めてやるしかない。






今回、パーキンソン病が進行しそうな予兆に「なんでこんな病気になるかねぇ・・・あせあせ(飛び散る汗)」と嘆く。


明らかに矛盾なのだが、本人は気付いていない。


人は病気になって死ぬのだという概念は傍観者の認識なのだろうか。


義母さまは、自分は苦しむことなく息を吐ききるように安らかに健やかに死ねると思っているのだろうか。




往生際の見事さというのは、この認識の有るや無しやが根底にあるのかもしれないとフト思った。




義母さまに
「人はみんな病気になって死ぬんやが(死ぬのよね)」と言うと、義母さまはちょっとイヤな顔をした。


なんと、冷たい嫁だろうと自分でも思った。たらーっ(汗)







ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 老い

2013年08月05日

ジブリの「風立ちぬ」

本当に何年ぶりかで映画館に行った。

宮崎駿作品「風立ちぬ」。



テレビで対談や特集があっていたので、さぞや多いだろうと思っていたが、日曜日にも関わらずまだ空席がいくつもあった。


時代は、大正末期から終戦まで。
ゼロ戦の生みの親、堀越次郎を主人公にしている。






我家は土木設計を生業にしている。

夫はこの道50年になろうとしている。


木製のドラフター(製図台)、計算尺、等々見慣れた懐かしい物が画面に出てくる。

横で夫が計算尺を見て、「今の人には分からんやろね」とささやく。


それでも、我が家が事務所を起こした平成12年ころはまだドラフターを使っていた。
図面を手書きしてからPCに取り込んでいた。


その頃はパソコンで誰もが図面を書く時代になるとは思ってもいなかったようだ。
そのころ夫は、エクセルで計算された答えを計算機でチェックしていた。(笑)



PCの出現は社会を大きく変えた。


なんでもが簡単に短時間で処理できるようになった。

インスタント社会になった。


文章はWordで打てば、きれいに清書されて出てくる。


“簡単キレイ”というキャッチコピーが20年位前あった。

何でも簡単キレイにできる。
それなのに何故か仕事量は減らない。
紙の無駄だからデジタルで、と言いながら、コピー用紙の消費量は決して少なくない。いや、昔より確実に紙屑は増えている。


何でもがスピーディーに処理できる。
そのスピードに合わせてドンドン仕事をこなすから腰を据えてじっくりと取り組むようなゆとりがない。


人間は順応性が高いからPCの処理能力に合わせようとする。
マイペースではなくPCペースでいちにち暮らしている。



ジブリの風立ちぬは、それに気付かせてくれた。

飛行機のエンジン音からプロペラ音、スイッチの音まで効果音が人の声で作られているそうだ。


だからだろうか一貫して静かだと感じた。
静電気のような微細な摩擦のような空気感がない。

人の聴力というのも棄てたもんじゃない。
デジタルで作られた音と肉声を聞き分けている。

まるで、上質な化学繊維と綿ローンの違いを感じ取るように。


映像の美しさは、勿論評する言葉などない。スゴイとしか言いようがない。


ストーリーで、堀越夫妻の人柄と不治の病で人の生と死を描いている。


見終わって、


大人向けだなと思った。




この品位と上質観を感じ取れる感性を持った子供が今どれくらいいるだろうと思った。







ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2013年08月02日

お気に入りのスプーン

お気に入りのスプーンがある。

以前にもご紹介した拭き漆で仕上げられた木のスプーン。


4s.kawano3-6730.jpg


値段を言って恐縮だけど、このスプーン1本6000円する。
有名拭き漆作家の作ったもの。

気に入ったからといえども気安く買える額じゃない。


売るからには使ってみなければ(ง •̀_•́)ง 
と、思って使い始めた。


流石に軽くて美しくて使い心地満点。
そりゃそうだろう(゚ー゚;Aアセアセ 
これで文句言いたくなったらサギだろうと思いつつ毎日使っている。


朝食のヨーグルトに、カレーに、スープに、何でもかんでもこれ一本。


毎朝、ウフッ(*^▽^*)と思いながら使っている。


これって、幸せなことだと思う。


作品としての価値と値段のバランスは申し分ない。
いや、作家さんが仰るように、普及の為のサービス価格かもしれない。
本当はもっと高いくて当然の品なのだ。


しかし、庶民にとってこの価格はアンバランスなのだ・・・。(;´▽`A``


物の価値と値段というのは比例する。


ライフスタイルとか、価値観というのは生活力とか経済力から乖離しやすい。


そこを見誤ると身の程知らずになる。


若い頃はこんなこと考えなかったな。





ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし