2014年03月29日

噛み応え


一昨去年だったか?歯科に頑張って通って虫歯を全部治療した。

それでも、時どき歯茎が腫れて・・・。

また、病院通いか?(゚ロ゚;)エェッ!?

自然と治らないかなぁ・・・とマッサージしたり、思い切って強く歯ブラシして血を出したりしたが、治らない。
何回繰り返すんだ。これじゃ歯医者と縁が切れないじゃないか!

とうとう意地になって、病院には行かないぞ! 


また薬入れますね。また来週も来てください。と言われるんだ。
そして、レントゲンだ治療だ歯石取りだと言われて時間とお金が・・・。(゚ー゚;Aアセアセ

そうだ、病院にお金掛けるくらいなら、奮発して音波歯ブラシを使ってみようと思い立った。
そもそも、歯肉炎の原因は食べ物カスが歯と歯茎の間に入ってバイ菌が発生して起きる炎症じゃないのか?

よし!やってみよう。
amazonの口コミを見るとフィリップスが良いと、たくさんの人が言っている。
5000円代〜20000円代のまでの幅広い種類の物と値段の中から、
これで十分ですよ。とういう口コミに勇気づけられ、お安い7000円くらいのものを買ってみた。

これが良かった。(*゚▽゚*)

ドンドン歯茎が回復していった。

かなり進行していた歯肉炎が治ってしまった。





先月、歯医者さんから定期健診ですよ。の、葉書が届いた。
検診ならばと行ってみた。

随分歯茎の調子が良くなっていますね。と褒められた。
それでも、まだ気になる部分があるので来週来てくださいと言われ、3週間(週一)通った。
3回目、衛生士さんによる歯石取りが入っていて、その下手クソさに腹が立った。
いつもの先生は?今まで衛生士さんがmanmaの歯を見たり触ったことはなかったのだ。

次回も予約してお帰りください。と言われた、それはナイデショ!と思った。が、顔には出さずにお会計。
予約は入れてさせられたが、行かなかった。

歯医者家業もなかなか大変なんだろうなと思った。
軽症でも、いかに患者に仕立てて留(とど)めるかに掛かっているようだ。





最近、お菓子の豆をバリバリ食べている。毎回の食事でもよく噛めるようになった。
良く噛んで食べましょうという言葉がよく分かる。
歯茎が弱いとしっかり噛めないのだと気付いた。

噛み応えも美味しさの要素なのだとこの年になって気付いた。(笑)

先日夫にもフィリップスの音波歯ブラシを買った。
もちろん、5000円代だ。
夫はとても気に入ってくれている。(*^▽^*)oエヘヘ!



ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ






T'it craftのblogに来ていただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。


posted by win-manma at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2014年03月28日

ベルデンスピーカーケーブル


車でまた音楽を聴くようになった。

カムリは音楽を聞くほどの音響はなくて、すっかり音楽から遠ざかっていた。


25年ほど前にオンキョウのセパレートタイプのステレオを買ってテレビとも繋いで音楽番組も楽しんでいた。

このステレオがここ15年ほど音が途切れたり鳴らなかったり、バリバリ言ったりして粗大ごみ化していた。
高価だったので棄てるに棄てられずにいた。(゚ー゚;Aアセアセ

車で聴く為にCDを引っ張り出してPCで編集したりしながら、ふとステレオで聴きたくなった。

スイッチを入れてCDをかけたが、症状は当然ながら改善されるはずはなく、悲惨な状態。

スピーカーが破れているのだろうか、チューナーが壊れているのだろうか。



そこで冷静に考えてみた。
音が途切れるということは接触の問題か?とフト思った。(・・。)ん?

思い立ったら即動くmanmaである。

裏側を見ると、ホコリだらけ。
重い機械をこっちに向けるのも一苦労なのに、こういう電気系統は我が家ではmanmaのお仕事。


25年前のステレオとスピーカーの繋ぎには、差し込み式のプラグというものが無い。
銅線の先端の皮を剥いて、直接スピーカーの電気の受取口に差し込むのである。ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!

25年間ここを疑ったことは無かった。
赤と黒が一体になった細い線を挿しっぱなしで25年。

これを一旦抜いて、先を切って銅線を引っ張り出して先をクルリとよって挿し直してみた。
なんと音が出なくなっていた左のスピーカーから重低音の響く音が出ている。(*゚▽゚*)

右のスピーカーも同じことをするとバリバリ言わなくなった。

でもなんだか心もとない、なんだか弱弱しい繋がりのように感じる。



そこでgoogleってみた。

なんと、線にこだわっている人はいっぱいいらっしゃる。

早速、ベルデン(BELDEN)8460 6mスピーカーケーブル(1040円)をAmazonで注文した。

今日届いた。
勿論今日繋ぎ直した。

古い線は低音はよく響いたが、高音が弱かった。
ベルデンの線は高音がよく響く。低音はステレオの調節で十分満足。


ステレオ棄てなくて良かった。(o^∇^o)ノ






ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ






T'it craftのblogに来ていただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。


posted by win-manma at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2014年03月26日

湯布院へ

祭日を利用して婿殿が遊びに来てくれた。

嫁(manmaの娘)の海外勤務を受け入れてくれた心やさしい寛大な婿殿。
さぞや寂しい思いをしていることだろう。
ちゃんと食事しているのだろうか、心折れそうになった時一人で頑張れるだろうか、心配してもなんの力にもなれないのに、心配している。(゚ー゚;Aアセアセ



女が第一線で働くとどうしても家庭がなおざりになる。
なんせ帰宅が夜中になるのが普通で、定時(夕方)に帰れる事など無いと言っていい。
21時頃に終わらせられる時は職場の人たちと親睦を図ることが優先される。
家庭を持つ者として、その親睦会なる飲み会は避けて夫婦の時間や家庭生活を大切にするべきだろうと思う、が。



仕事にはその組織や会社で、それぞれ目標とするところがある。
売り上げ目標であったり、プロジェクトの完成であったり、研究の成果だったりする。
目的のためにみんなして取り組み解決策を見出そうとし、結果を出す。
その輪は、メンバーそれぞれの能力を最大限に引き出してこそより良いものになる。
能力を出せない人ややる気のない人には「使えない奴」というレッテルが暗黙の内に貼られる。



娘は苦労多く過酷な労働を強いられる職業に着いている。
しかし、その苦労が報われた時の達成感や難題を克服した時の満足感は、やり甲斐や生き甲斐となり、次への活力となる。
これは一人の人間として己の能力を発揮できる幸せでもある。

だが、結婚をし愛する伴侶があり家庭を作り上げる幸せを、仕事によって潰しては生涯の幸せにはならない。
女性キャリアの仕事と家庭の両立の難しさがここにある。
娘夫婦は互いの仕事を理解し協力して自分達の家庭を築いているようで、ありがたいと思う。




その娘婿が出張の帰りに連休を利用して一人で泊りに来てくれた。
妻の実家なんてできることなら避けたいと思う人が多いだろうに、彼は部屋に閉じこもったりせず、起きている間はリビングにいて、いろいろなお話を一緒にする。

偉いなぁと思う。

どんな風にもてなそうかと考え、温泉好きの彼を「湯布院の『庄屋の館』」のコバルトブルーの温泉に連れて行った。

もう彼岸の中日だというのに湯布院はこの日、冬だった。
高速道路から眺める由布岳は雪化粧。
樹氷を眺め。その雄大な冬景色の美しさに魅了された。
金鱗湖は雪で幻想的だったが、氷雨交じりの雪は痛かった。
その雪混じりの天候が、温泉に浸っている間だけ晴れた。
熱い湯ぶね浸り、冷たい風に撫でられ、見上げれば雪を被った由布岳の全容が現れた。

とても徳を得た気分になったいい旅だった。





ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ






T'it craftのblogに来ていただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。

posted by win-manma at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 老い

2014年03月24日

お彼岸

無宗教で自分の葬儀は宗教色を出さないでほしいと思っているmanmaである。

が、年に二度のお彼岸とお盆のお墓やお仏壇参りは欠かしたことがない。

両親のお骨は自宅近くのお寺の納骨堂に納めている。
夫のご先祖を祀る墓は以前にも書いたが古墳の上にある。
義兄に「お彼岸の中日にお墓に行っても無駄じゃない?初日にお迎えしているのだから仏壇に参るの道理だよ」と言われ、直接実家に行ってお仏壇に手を合わせるようになった。

この習慣は、母が必ずmanmaたち子供を連れて墓参りしていたので知らず知らずの内に躾けられた感覚だ。

それはわが子にも引き継がれたようで、彼女も必ず仏壇に手を合わせ、墓参りをする。

manmaの両親は、60代で亡くなった。
特に父は、たった一人の初孫を一心に愛していた。亡くなった時、孫はまだ幼稚園生だった。
しかし、その6年間は濃密な時間だった。
二人はいつも一緒だった。
二人で釣りに行き、山に登り、毎日お散歩をし、孫のスイミング教室に付き添った。

二人はいっぱいお話をしていた。
しっかりものの孫と時々だらしなくなる祖父はいいコンビだった。
お酒を飲みすぎると孫がイエローカードを出す。孫に逆らえない祖父はグッと我慢するのだった。


祖父は今も孫を見守っているとmanmaは確信している。
守護霊となって孫に寄り添っている。


お彼岸とお盆にそのお礼を言いに墓前に行く。








ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ






T'it craftのblogに来ていただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。


posted by win-manma at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2014年03月23日

ヨーグルト

最近のマイブームは冷やさない健康法

作家の五木寛之さんがこの手の健康法を書いているものを読んで、manmaも冷たい水を飲まず白湯か60℃の位のお湯を飲むようにした。

身体は冷えが苦手なのだそうだ。

人は体の芯温が下がると色々な不調を起こすようになるという。
五木さんは偏頭痛をこれで克服したそうだ。



今年に入ってまた冷えを扱った本を二冊読んだ。
「新・自分で治す「冷え症」 田中美津著」
「心もからだも「冷え」が万病のもと 川嶋 朗著」には冷えがいかに大敵かが懇切丁寧にに書いてあった。

田中美津さんは女性向けにシルクのスパッツや靴下を紹介していた。
肩凝りや生理痛に効果があるという。
感化されて購入してみたところ、足からの冷えに抜群の効果が得られた。

そう言えば、子供の頃祖母が「女の子は冷えちゃいけないよ。座布団を敷きなさい。」と板の間に座っていた幼いmanmaに座布団を差し出してくれた。
昔の人はちゃんと知っていて、生活の中でそんな風に伝承してきていたのだと思った。

川嶋 朗さんは医師で漢方にも精通しておられる方で、腸を冷やすと体全体に影響が出ると仰っている。
鬱やノイローゼやアトピーまでもが腸の冷えから来ている。

そこで、腸内環境を整えることからはじめようと思った。
manmaは橋本病で高コレステロールに悩まされている。
善玉菌を増やす。ビフィズス菌、乳酸菌、納豆菌、麹菌、酵母菌。


それには発酵食品が一番。
納豆やヨーグルトや酒粕、日本酒、ワイン、みそ、醤油、納豆、酢、乳製品(チーズ・ヨーグルト他)

これらは腸の動きを活発にしてくれる。
腸は植物の根っ子と同じ、腸が弱いと栄養も吸収されないし、免疫力も出せないのだそうだ。

毎日ヨーグルトを食べている。
しかし、これといった効果は感じられない。と思っていたら、自分に合う菌とめぐり合わなければ効果は期待できないのだそうだ。(゚ー゚;Aアセアセ

そこで今日、スーパーで
N-1、カスピ海、ナチュレ、ブルガリア、やすらぐバニラと5種類買ってきた。

さてさて、どれがmanmaには合うのだ?

この五つでもダメなら、ダノンか?

腸が少し温かくなるのを感じられたらいいのだが・・・。(;´▽`A``






ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ






T'it craftのblogに来ていただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。



posted by win-manma at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2014年03月18日

フライパンに火が入った。

お昼にパスタを作ろうとしていた。

フライパンを火に掛け、オリーブオイルを少し大目に入れて、トマト缶からトマトを取り出して手で潰してフライパンに投入。


冷凍している美味しいベーコンを投入。少し油が跳ねることを気にしながら、ホウレン草をザクザク切っていたら、


突然炎が上がった。

このままでは換気扇の不織布カバーに燃え移ると思い、咄嗟にフライパンを火から降ろした。

しかし、握ったフライパンは火を噴いている。


どうしようどうしよう・・・ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!





友人は台所で着ていた化学繊維に火がついて大火傷して入院したことがある。
そのときのケロイドは今も消えていない。


その時からmanmaも化学繊維を着ないことにした。





おかげ様で今回は他に燃え移ることなく、無事に済んだ。


近頃のガステーブルは、高温になるとセンサーが働いて炎が小さくなるので油断していた。

少しのホウレン草でも入れれば温度が下がって消えただろうか???
近くにあった鍋の蓋を被せればよかった!!

油は多くはないのだからフライパンの中身を、流しに棄てればよかったかもしれない。!!


いろいろ思ったが、棄てるのはオシイと思ったのも事実だ。(;´▽`A``

油断大敵、歳を取ると判断力が鈍る、おまけに動きも鈍る。

勢い良く調理をすると料理は美味しくなる。料理は気合が要るのだ。
しかし、歳を自覚しなくちゃ怪我の元だと思った。



無事?に出来上がったパスタはとても美味しかった。








ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ






T'it craftのblogに来ていただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。


posted by win-manma at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2014年03月17日

義母さま

義母さま元気です。

一月に夫がテニスで肉離れをしてしまって義母さまのところに行けなかった。

久しぶりに行くと、これまでにないほど元気でご機嫌も良かった。

パーキンソン病なので突然発作に襲われる時があるらしく、治療法がないのでその時はじっと耐えるしかないと言っていた。

家族と離れ自ら一人療養施設で暮らす道を選んだ義母さま。
入所当初の不安や不満や心細さは薄らぎ、安定した気持ちで過ごしている様子だった。
見守るしかない我々としては少し安心というかホッとする。

義母さまは今月92歳になった。
そんな義母さま、子や孫の家族の無事を一人のベッドで考えない日は無いと言う。
幾つになっても母性愛は消え去ることはない。ありがたいことだ。

我々も見守られいるのだと嬉しくなる。


おしゃべりしながら義母さまの横顔を間近で見ていて、ふと気付いた。

92歳なのに皺があまりない。目元口元に笑うと皺が出る程度だ。
シミも2.3ミリの小さいのが数個有るだけ。

「お肌キレイね(*゚▽゚*)」と言うと。

やはりそこは女性。嬉しそうに微笑んで。


「うん!何十年もビタミンCを飲み続けてるからね。今のところシミとかないね。」とスマシテおっしゃる。

「えぇ〜、今のところって(*^▽^*)o! 92だよ」

(´_ゝ`)クッククク・・(´∀`)フハハハ・・( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!! 三人で大笑い。





manmaは頬に20mmくらいの薄いシミがある。
ファンデーションで念入りに隠す努力の日々を送っている。


今日、早速通販サイトのケンコーコムで「ハイチオールC」を注文した。(ง •̀_•́)ง





ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ






T'it craftのblogに来ていただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。


posted by win-manma at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 老い

2014年03月16日

角島へ

山口県の山陰、国道191号をたどって角島へ向かった。


通行料を取らない日本で二番目に長い橋、角島大橋。


一度は見て、渡ってみたかった橋。


建造物では橋が好きだ。

なんだかこころときめく。


昔、プロジェクトXで瀬戸大橋

『瀬戸大橋建設に挑んだ「男が惚れる男」と呼ばれた技術者・杉田秀夫』

これを見て、いいなぁ!と思った。

男(女も)が、困難を知恵と忍耐で切り開いて作り上げた物には美しさが宿ると思う。


そんな思いで、建造物を見ると心がときめく。



3月中旬のこの日は夕焼けには少し早い時間帯で、靄が掛かった残念な条件下で写真を撮った。


_MG_2613.JPG



帰り道で単線の山陰線の列車っと擦違った。

山陰線は長閑だ。

_MG_2623.JPG


山口市内に近くなって夕日が映えてきた。

喫茶店に入ってコーヒーを飲む。
窓の外のオーシャンビューが見事だった。

_MG_2642.JPG


_MG_2645.JPG





ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ






T'it craftのblogに来ていただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。


posted by win-manma at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) |

2014年03月15日

車選び (その5)

車選び (その1
車選び (その2)
車選び (その3)
車選び (その4)

駅近くにあるガラス張りの高級感漂うレクサスのお店へ向かう。

前を行くレクサス車がそのお店に向かって進んでゆく、その後につづいてお店に入ると、黒のスーツをバリッと着込んだ小父さん小母さんお姉さん達がズラリと並んでお出迎え。

一体これは何の騒ぎ???


お出迎えが一段落した様子を見計らって

「中古の物を見せていただきたいのですが?」と言うと、

ここには無いので、ネットを見てお選び頂く事になります。と言う。


「では、それを見せてもらいましょう。」言うと、店内の商談スペースに案内された。

お飲み物をご用意します。何がよろしいですか?とメニューを見せられた。


「ではお言葉に甘えて珈琲を」と言うと、マイセンのカップに入ったコーヒーを黒いスーツのお姉さんが愛想よく運んできてくれた。


レクサスは全国規模で車とオーナーを完全把握していている。
それぞれのレクサス店舗にある中古車はCPOなる専用のネットのページで見ることができる。
そこにある中古車はレクサスで買った客が、またレクサス店舗でレクサス車を買った際に下取りされた車が主体のようだった。

レクサスにどんな車が有るのかさえよく知らないmanma達は、
とりあえず減価償却期間(新車で6年間)が多く残っていて、300万以下の車を探した。


一台東京方面に好条件のCTがあった。
一応押さえてもらったが、既に先客があったらしく二番手だった。

そのレクサス店のセールスマンが福岡に条件にピッタリの車が1台ありますが、これなら見て乗って決めていただけます。という。

それは願ったり叶ったり。
取り寄せてくれるまでしばし猶予が発生した。

ネット検索ならお手のもの(o^∇^o)ノ
家に帰り、CPOにアクセスして色々探してみた。
すると、久留米によさそうな物が2台あった。

一台はCT、もう一台はHS。
HSは走行距離も短く、小さな傷もほとんど無い。色はグレー系。

これは見る価値ありそうだと思い、後日電話を入れてみた。

どうぞ見てください。お待ちしています。という。


数日後の朝、夫が久留米まで言ってみようかという。
ウィークデイに? 夫がそこまでしようなんて珍しいことだ。

早速、レクサス久留米に電話をして、いざ久留米へ。

これで決まるな!

勘が働いた。

やはり、勘は的中した。

ほとんど一目惚れ、夫は試乗をもせずに決めたようだった。

しかし、条件の折り合いが付かなければ話はまとまらないことになる。

だが、相手のレクサスさんも夫に売ることに決めたらしく。


タイヤは新品を付けてくれて、ボディーコーティングもサービス。
カムリの下取りもしてくれて、予算の九割を下回る値段を提示されたのである。


中古車でもレクサスオーナーとしてのサービスは受けられるそうだ。

納車の際にはノンアルコールのシャンパンが振舞われた。
1時間ほど丁寧に操作の説明があり、晴れて鍵とオーナーズカードが渡され我が家の車となった。


やはり、中古車購入は、ご縁のものなのだ。

昨日、我が家の駐車場のお隣さんが、「いい車を買いましたね。(ง •̀_•́)ง」と言ってくださったそうだ。

夫は上機嫌だ。
一番嬉しいのは、緊急時にデスクにつながるボタンがあって、押すと「○○様!どうされましたか!」と直ぐに対応してくれるサービスが有ることらしい。
中高年には心強い、頼もしい車とシステムだと思う。

夫70歳まであと3年、安心のカーライフをおおいに楽しむこととしよう。(*^▽^*)oエヘヘ!




ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ






T'it craftのblogに来ていただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。


posted by win-manma at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2014年03月14日

車選び (その4)

車選び (その1)
車選び (その2)
車選び (その3)




我が家の車買い替えムードが高まってしまった。

それは、「sai」って、いくらするのかねー。から始まった。


そして、

「このカムリいつ壊れてもおかしくないよね」
「もし買い換えたら終の棲家ならぬ車になるんだろうね」
「銀行、借りません?といってるけど、半沢直樹読んでると銀行さんも大変そうだね。
政府が景気回復の数字集めろと号令しているんだろうね。
でも、いつでも反せる範囲で借りてやらなきゃね」

ドンドン買う方向に気持ちは動いている。ヾ(・ε・。)ォィォィ

「カムリのハイブリットも候補だね」
「やっぱクラウンアスリート好きだなぁ」と、夫。
「そのクラスになると中古だね」

相変わらず貧乏なくせに良い物を欲しがる我が家である。(笑)

販売店のドアを恐る恐るでも叩けば、当然セールスマンが見積もりをもって馳せ参じてくる。

177000km走ったカムリは査定が低く
saiもカムリも新車だと全て含めて330万前後だということだった。


できればもう少し安くてイイ車を探したい。

中古車を見てみよう。


「saiの中古」は、値段のわりにパットしなかった。デザイン一新した今回の物はいいけれど・・・。
「カムリの中古」は、車自体が無かった。
「クラウン系」は人気があって、価格高めを推移していて、台数の少ない中から選ぶ状況だった。
やはり、中古車はご縁の賜物なのだ。


楽しみつつディーラー巡りをしていると、お店の人に「レクサスは見た?」と聞かれた。
「レクサスは高くて無理でしょう?」「そんなことないよレクサスのお店に行ってみたら?」と言う。





次回はレクサス購入の体験談です。



あのブランド意識の固まりのようなレクサスの店舗でなんと中古車も売っているのです。
ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!





ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ






T'it craftのblogに来ていただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。


posted by win-manma at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし