2014年04月27日

嫁姑からのつづき


前回の「嫁姑」からの続き


『老いては子に従え』という諺がある。
意味は、年をとったら出しゃばったり我を張ったりせず、何事も子に任せて、これに従っていくほうがいいということ。(故事ことわざ辞典より)


時代の流れや政治の意向で制度が変わっていくのが世の常、
歳を取ればそれらに付いていけなくなる。子に従わざるをえなくなる時がやがて来る。


歳を取れば否応なく人は体力的にも頭脳的にも弱くなる。
しかし、経験は豊富、培った知恵が役に立つことも多い。

それが役に立つ間は重宝がられるかもしれない。
それが役に立たなくなると社会や家族の厄介者になるのが現代である。


その時、あの嫁の世話にはなりたくないと頑(かたく)なになるか、
「ありがとう、長生きして済まないわね」と微笑むことができる人間関係ができているか。

昔なら「何を言うのですか、いつまでも元気でいてください。お母様が居てくださるから家が和むんです。」という本気の言葉が返ってきそうだが、今ではそんな立派な精神性を持つ嫁姑の関係など夢のまた夢。

そんな親子関係が築けたら最高だろうなと思う。
昔の世の中は今より崇高な人たちが、いっぱいしらっしゃったということなのだろうか。

今はせいぜい「いーえどういたしまして!」というところ。

昔の人たちはどうやってそんな崇高な精神性を身につけたのだろうか。

勿論、嫁姑の喧嘩は今に始まったことではない。
つまらない張り合いをしたり、イライラの元凶のように互いにいがみ合う人達もいたはずである。

儒教思想の強かった昔は、「家」主体で「家の主婦」は大きな力を持っていた。
嫁は嫁ぎ先の家風に合わせて自分を律していかなけらばならず、家風の元締めは姑。

姑に気に入られない嫁は「家風に合いません!」といわれて追い出された。
昔の思想では嫁に我慢を強いていたのだ。




そんな社会にあって、人に慕われ尊敬される主婦(姑)は、大所高所から“家”全体本家分家の人たちを束ね、重要なところで的確にアドバイスができる人だった。
“この人に着いていこう”と思わせる才覚を持っていた。

姑に助けられ教えられて分別のある大人の女に成長させてもらった嫁は「お母様にいてくださらないと・・・」と思うだろう。
現代でも会社でこんな女性上司がいたら“この人に着いていこう”と思うのではないだろうか。


女はとかく感情的に考える傾向がある。
人に対して説教する場合、反感を持たれて失敗に終わるケースがほとんどだということを考慮していない。
相手を暖かく包み込む優しい気持ちになって、相手が答えを導き出せる手伝いをしてやれれば心が開かれお互いの関係も改善される。
そうやって徐々に徐々に何年も何十年も掛けて育てていくしかないのではないのではないだろうか??

そもそも「言ってやる」というのは自分の子供に対しても間違った対応だと思う。

「勉強しなさいよ!」と言う。
勉強しなさい!と言われても子供はどうな風に勉強すれば良いのか分からない。

ドリルしたの?宿題したの?とガミガミ言う。
これは単刀直入すぎる。
ドリルできた?宿題簡単だった?と言葉を変えてみよう。
「できた!」と言ったら見てみよう。
親は答えを見るのではない。字を見るのである。
丁寧に問題と向き合っているかをみる。そして、どんなミスをしているのかをみる。

5分で宿題を終わらせたら。
親はその集中力と習熟度を後姿で読み取る。

冷静に賢くならないと親なんてやっていられない。
腹を立てる前に、どうして勉強ができないのだろう?どうしたらこの子の集中力を伸ばすことができるだろう?考えてやるのが親の役目だ。

嫁とて同じ。
散らかりほうだいの家庭で育っていれば散らかっていても気づかないし気にならない。
むしろキチンと片付いている方が居心地が悪い。
洋服は脱ぎっぱなし、台所の油のハネもベトベトも平気、遊びに行く時は目いっぱいの化粧をしてオシャレをして出て行く、出て行った後の惨状は目を覆う有様。
それならば尚更、時間を掛けてゆっくり解きほぐさなければと覚悟するしかないのではないか?


片付けてスッキリする快感を何度も体験させ。
喉まで来ている言いたい文句は飲み込んで、一緒に片付けて、「わースッキリしたわね!」と晴れ晴れとした笑顔を見せて、きれいになった部屋で美味しいケーキとハーブティーの爽やかな香りに包んでやりながら、主婦の家事のそんなささやかな楽しみを一緒に享受して導くしかないじゃないか。

最近はご褒美をぶら提げて従わせる親が多いそうだ。
嫁やわが子のご機嫌をとって意のままに操ろうというのは、上っ面だけで芯から信頼できる関係にはならないだろうにと思う。
しかし、手っ取り早い方法ではある。
面倒くさくてイヤミな親だけど、お小遣いくれるから我慢してあげる。と思われるなんて私は御免蒙りたい。
これじゃ、お小遣いくれなくなって、負担だけ掛けられるお荷物の老後はポイされても仕方ない。


嫁という他人が入れば家がギクシャクするのはどこも同じ。


縁あって一緒に暮らす羽目になったのなら、もう一度冷静に自分の立場を考えて、先行きを託せる人間関係を大切に大切に築いていくしかないのではないだろうか。

どうしてもダメなら、別々に暮らすしかない。
子供達に経済力がなくても、追い出す決断力も必要だと思うのだが・・・。
大の大人、夫婦で働けば食べるくらい何とかなる。
昔から「一人口は食えぬが二人口は 食える」というではないか。











人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ






T'it craftのblogに来ていただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。






posted by win-manma at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 老い

2014年04月24日

嫁と姑


昨日久しぶりに友人とランチをした。(*゚▽゚*)


昨秋以来なんだかんだとタイミングが合わずおしゃべりでのストレス発散が叶わなかった。

子育ても終りホット一息するのも束の間、夫がリタイヤすると、主婦もなかなか自由な時間が取りづらくなる。
夫が家にいると、時間が有りそうでもなんとなく束縛されているような気になるのは分からぬではない。

夫に昨夜の残り物を食べさせておいて妻は友人と2000円のランチというのも気が引けるものだ。
最近は初老の夫婦を小ジャレたレストランで見かけることが多くなった。



せっかく久しぶりに会った友とのランチだ、
誰もが話したがる健康と介護の話はしないようにしたいものだと思った。

私はどうもその手の話が苦手。
自分の健康に一喜一憂する話しに着いて行けない。(;´▽`A``




そこで浮上したのが「嫁」。


友人には息子がいないので当然嫁はいない。

しかし、その友人が聞いてきたという話は嫁のワルクチ。
「両方とも不幸よね」と気の毒がる。


嫁を持つ姑が異口同音に言うのが、「あの嫁じゃ息子と孫が可哀そう」




嘘だろう!と思った。


江戸時代から変わってないんじゃないか?この台詞。(笑)

今は経済的に親元を離れられず、彼女が妊娠しても独立できずに仕方なく同居になるケースが多いらしい。


親にしてみれば、イイも悪いもなく突然身重になった彼女が転がり込んできた状態のスタート。
彼女の親がどんな人なのかも知らないうちに結婚話が進行していく。

品定めもなく、親交を暖めるもなく、急展開の内に孫を抱くのである。

少し落着くと嫁のだらしなさが目についてくる。


そうりゃそうだろう。
独立する生活力も無いひ弱な男とくっついて、妊娠して、彼氏の親の家に住み着くことができる図太い神経の持ち主だ。

シッカリした考えのあるお嬢さんのできる芸当じゃない。

好く言えば計算高くない。率直なお嬢さん。??(゚ー゚;Aアセアセ





思い余って、姑は嫁に言ったそうだ。

「ちょっと!そこに座りなさい (`□´)コラッ!」「あなたね!、、、、、、、、!!」


もちろん、暖簾に腕押し。
嫁は聞き流す技をすでに身につけている。

ますます、腹が立つ姑。(笑)




それでも、愚かな姑は気付かない。
そして、息子が可哀そうだと宣給(のたま)う。

可哀そうなのは嫁の方だ。
嫁は嫁で愛する夫の不甲斐なさよりも、口うるさい姑が憎たらしい。
こうして、嫁は「くそばばぁ!早く死ねよ!」と思うようになる。たらーっ(汗)



独立してアパートも借りられない甲斐性の無い息子が女達の不幸の原因。

そんなふうに育てたのは姑さん!あなた。


嫁に座らせて話すのは、「あなたねー」ではなく。
独立する為のアドバイスのはず。
頼るべきは嫁さんのほうなのに、敵に回してどうするの。
息子が育っていないのだから、嫁の手を借りて育て上げるしかないのに。



たぶん、息子が嫁を連れてくるまでは親子楽しく暮らしていた。
そこに、その幸せを壊す嫁が現れた。
この人が邪魔なのよ!と短絡的に感じているのだろうか?(笑)



息子を大人の男に育て上げるには最後のフィニッシュが難しい。

息子は年齢に伴って生理的に大人の男に育ってしまう。
ぬくぬくと母親の庇護のもとに居続けると身体だけ大人の男になって、精神的に強くなりにくい。

母親はここで冷静になって、萎びた野菜を冷水に晒してシャキッとさせるように、息子にも冷水に掛けてシャキッとさせなければ自立した男にならない。


息子が自立してささやかでも一家を養えるようになれば、息子の母親を見る目が違ってくる。
親に感謝する心の大きさが備わる。親の苦労が分かるようなる。
親が喜ぶのはその成長のはず。


以前、小さな病院で
突然、これから介護施設に向かいます。もうあの家には帰れませんと言われてオイオイ泣いている御婆さんを見た。

「あの嫁がそうしたんですか。30年も一緒に暮らしてきたのに。イヤですあれは私の家です。(゚ロ゚;)エ?」
何度も何度も訴えていたが、院長が「今はそういう時代なんだよ。あんたもだいぶ強かったんやろう?」と言って引導を渡していた。

そこに嫁の姿はなかった。息子の姿もなかった。
施設の担当者が否応もなく泣き崩れるお婆さんを無情に連れて行った。




これが現実なのだ。

「あの嫁では・・・」なんて言っていたら、夫に先立たれ一人になった頃から、だんだん自分の居場所がなくなるかもしれない。




つづく







人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ






T'it craftのblogに来ていただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。






posted by win-manma at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 老い

2014年04月21日

塩麴


ヨーグルトメーカーで塩麴を作った。




以前、日田の豆田町の醤油屋で売っていたのでブームの頃買ったことがある。

まだ醗酵しているのでチューブの口を開ける時は飛び出しに気をつけてね。スゴク美味しくなるわよ!と言われ期待して調理したが、思ったほど旨くはならなかった。

塩麴の材料は塩と米麴と水。

米麴と塩の味が決めてになるなと思い、
いつも使っている沖縄のミネラル塩と地元の味噌蔵の米麴を手に入れ、
夫が毎日飲んでいる宮崎県の生駒のミネラルウォーターで作ることにした。
こらならきっと美味しくなるだろうと期待した。

60℃8時間で設定し、途中で4〜5回空気を入れる。を繰り返す。

しかし、あまり美味しそうな匂いじゃない。


そこで、35℃で3時間ほど延長してみた。

すこしまろやかになった気がする。



そこに、お隣(04月02日竹の子でご紹介)から蕗が届いた。

蕗はアクが強くて皮を剥くと手が真っ黒になるので主婦には嫌われる。
夫もこの手の山野草が苦手なので買ったことはない。

只、manmaの父がアウトドア人間で、常に山や海に行っては海の幸山の幸を獲ってきていた。
この季節は毎年、葺きを食べさせられた。

子供心にご馳走の対極にある食べ物だと感じていた。
砂糖と醤油で煮た蕗は、独特の臭いと繊維の硬さの記憶が強い。


お隣の奥さんも「あなた、蕗とか食べる?(゚ー゚*?) 食べないでしょう?」と遠慮がちに電話で仰る。


せっかっくニコニコ顔のおじさんが獲ってきてくれた物を
蕗なら要らないです。とは言えない。


父の顔と共に蕗の臭いも懐かしく思い出した。

「蕗、食べますよ。(o^∇^o)ノ」と言うと、竹の子と一緒にどっさり持ってきてくれた。


さて、どう料理しようかと思い。

砂糖醤油ではなく、塩麴でやってみることにした。


この蕗、普通のものとは違っていた。
新鮮で、薄い緑色が透けているような色艶をしている。

これは美味しいに違いないと思った。

ビニール手袋をして適当な長さで折って皮を剥くとスルスル剥ける。
皮を剥いた状態のものを水に晒してもあまり黒くならないのはアクがあまり無いということか?

これをルクエを使って蒸し焼きにしてから


フライパンに移し、蕗と塩麴とを合わせて、蓋をした状態で柔らかくなるまで蒸し炒めで調理した。


やはり (*゚▽゚*)


じやっとした食感ではなく、歯ごたえを残しつつとても柔らかい。

味は米麴の米の部分がふっくらと溶けたようになって、まろやかな柔らかい塩味に仕上がっている。


大成功!!


塩麴、美味しい!!



肉や魚にも使いたい。


残念ながら、夫は「俺は要らない」と言っている。
本当にお子様の舌なんだから (`□´)フンッ!







人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ






T'it craftのblogに来ていただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。






posted by win-manma at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2014年04月18日

銀二貫


高田 郁さんの「銀二貫」がNHKでドラマ化され毎週放送されている。

高田さんの小説は女性らしい優しさと細やかさが好きだ。

高田さんの代表作「みをつくし料理帖」は民放でドラマ化されたがキャスティングに違和感を覚えて観る気になれなかった。
主人公「澪」は下がり眉が特徴で芯はしっかりしているが柔らかい優しさをたたえた雰囲気。
その親友「野江」はお稲荷さんの白狐のような美人。

この設定に澪役が北川景子、野江役が貫地谷しほり。どう見たって逆でしょう。
(゚ー゚;Aアセアセ


ドラマ作りというのは、原作に忠実である必要はないのかも知れないけれど、
ドラマのタイトルにその小説の題名と原作者を表記すれば、
読者はその小説に一貫して流れている独特の世界を視覚も含めて期待するものだ。


今回の「銀二貫」がNHKでドラマ化されたと知り嬉しくなった。
「みをつくし」と違ってこちらはシリーズ物ではない読みきり小説。
一気に読んでしまったので、イメージを膨らませることもなく読み終えていた。

主役の林遣都さんが一生懸命に取り組んだとインタビュー番組で話していた。
武家に生まれ町人として生きている、その所作に苦労したと聞いてこの俳優さんの目の付け所間違ってないわ!と思った。
小説にはそんな細かい描写は書かれていない。
観て感じる鶴之輔と松吉の違い。台詞とは一味違う役者の見せどころ。
若手の好い俳優さんがドンドン出てきている。嬉しいことだ。(o^∇^o)ノ

どうぞ、良い作品、監督に出会って個性と味わいのある俳優さんに育っていってほしいと願うばかりだ。


若者が育つ姿というのはイイなぁと思う。


素直に真摯に何かに向かっている人の目は美しい。






人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ






T'it craftのblogに来ていただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。




posted by win-manma at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2014年04月16日

パール大って?


最近の化粧品の説明で気になる、パール大。

『パール大のクリームを手に取り優しく全体に伸ばして〜。』(・・。)ん?

真珠の玉は4mm〜9.5mmとかなり幅広い。


お顔の大きさや出っ張り具合を考慮して適当な量を取れよと仰っているのだとは思うが、どうも不親切な言い回しのような気がしてならない。


たっぷりつけてスベスベもっちりのお肌になりたい気持ちは山々なれど、
お値段が張れば少しの量で効果を期待したくなる。(笑)
そこにパール大が頭をよぎる。
お金持ちはL玉、小金持ちはM玉、貧乏さんはS玉でいいのかな??σ(^_^;)アセアセ...



経済的苦境の50代、手作りの化粧品で乾燥からお肌を守ってきた。
が、60になると年輪が顔に刻まれるようになる。

それは少し年上の友人たちを見ていても分かる。
この人たち随分皺や張りが・・・。と思っていたら、その年になると自分もそうなっている。(゚ー゚;Aアセアセ


朝、顔を洗った時、掌に伝わる薄いビニール袋を触った時のような表皮のあの感触。
真皮と表皮の間の密着性のなさを鋭い掌の感覚がキャッチしている。

これが皺弛みなのか!

もう手作りじゃ無理!!




そこに娘が過労で「ほうれい線が------ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!」と言って清水の舞台から飛び降りた!と言って、ロクシタンの黄色い容器のクリームを持ってやってきた。



久々に味わう高級化粧品の香りと伸び。


気のせいか、掌の感触も張りをキャッチしているような・・・。




manmaも清水の舞台から飛び降りた。!



しかし、染み付いた貧乏性。あせあせ(飛び散る汗)



毎日の化粧水、クリームでパール大が気になってしかたない。(笑)








人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ






T'it craftのblogに来ていただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。





posted by win-manma at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2014年04月13日

笑い


いつもシャンとしていて取っ付きにくいと言われるmanma。


しかし、時どき笑いを誘ったりすることもある。


歳を取ったらヤンワリソフトで性格がカワイイほうが徳をする。

分かっていてもそう簡単に身につくものじゃない。
悩みがあったり、心配事があったり、不安があったりすると。
つい、しかめ面や難しい顔付きになる。

いつもニコニコ笑顔で人と接するのは中々難しいものだと思う。
商売柄笑顔でいなきゃならない人はさぞ苦痛だろうなぁと思う。


50代の頃経済的に厳しい状況に置かれた時はさすがに全く笑顔を忘れていた。
毎月、今月をどう切り抜けよう来月の給料は払えるだろうか、仕事はいつ取れるのだろうかと思案に暮れていれば笑うゆとりなど無くなる。

貧すれば鈍する
意味=貧乏すると,世俗的な苦労が多いので,才知がにぶったり,品性が下落したりする。

この時期ほど、この諺が身にしみたことはなかった。

貧すれば鈍するは父に教えられた。
どんな時にもプライドだけは汚すなと父は幼いmanmaに言っていた。




眉間に皺を寄せて、仕事のことで夫を攻める時、いつもこの諺が頭をよぎった。
寛大な夫は呆れながら、半分愛想尽かしながら聞き流してくれた。


苦境にあっても流されずドーンとしていて笑顔でいられる人が羨ましい。
しかし、苦境であることを自覚できなければ笑っていられるのも事実だ。
大丈夫大丈夫!何とかなるものだよ。と楽観的に言えるうちは大した事無いと言える。

先の見えない人は突然断崖に突き落とされて事態に気付き右往左往する。
少し先の見えるmanmaは、一歩手前で右往左往する。
予測した危機をなんとか回避しなければと必死の抵抗を試みる。
三ヵ月後半年後が危ない!銀行さん助けて!!(゚ー゚;Aアセアセ
そうやって何とか凌いできた。そこに笑顔の余裕なんて無かった。


父はこんなことも言っていた。
「死に技出来ても金技ならぬ」これは祖母が父に教えたことらしい。

死ぬことはある意味容易(たやす)い、お金の工面は死ぬことより難しい。という意味らしい。

この諺(?)を銀行の営業さんに話したら、とても納得されていた。
不渡り手形や倒産を見てきた銀行さんにはよく分かる様子だった。




そんなmanmaも最近はすこし笑えるようになってきた。

特にレクサスに行くと、そのラグジュアリーな空間につい笑いたくなる。
その物腰や接客に可笑しさがこみ上げてくる。
変な居心地の悪さをというか痒みのような擽(くすぐ)ったいのような感情が湧き出してくる。


昨日は、片膝付いて飲み物メニューを持って「何をご用意しましょうか?」と笑顔いっぱいで聞かれ。

くすぐったさの反動か、反射的に「ホットケーキを」(*^▽^*)o と言ってしまった。
ホット珈琲のつもりだったのになぜホットケーキになったのか不思議だ。
笑いながら承知しました。と言った彼、笑顔でホット珈琲を持ってきてくれた。


最初にレクサスを見に行った時も

カムリの査定で「バ金などありますか?」と聞かれ、
「罰金あったね。スピード違反」と夫の顔を見たら、目を白黒。

この時も爆笑のうちに話は進んだ。



昔の人は「学」はなかったが諺をいっぱい知っていて、人生の指針にしていた。

笑える知恵もあるかもしれない。
もっともっと教えてもらっていればよかった。



苦労すると笑いの壺も違ってくるのだろうか。

気取りやがってと腹を立てるより、笑える方がステキだと思う。

ラグジュアリーな演出に取り込まれることなく気圧されることなく、笑って吹き飛ばしたい。




ステキな大人になりたいものだと今でも願っている。

等身大の自分はどんな自分?と問い続けている。






人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ






T'it craftのblogに来ていただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。


posted by win-manma at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2014年04月10日

英語を始めてみた


manma中学校の一年生、英語の授業がはじまった。(*^▽^*)oエヘヘ!
英語をペラペラ喋っている自分を想像して授業を聞いていた。


しかし、単語を覚えさせられるばかりで全然楽しくない。



ズーとこんな勉強ばかりが続くのかと思うと早くも嫌気がさした。
時は、詰め込み教育時代。
来る日も来る日も単語単語、イヤになっているところに人称代名詞だ前置詞だ三段活用だとやってくる。



元々記憶力が弱い。(゚ー゚*?)オヨ?
記憶のコツなど誰も教えてくれなかった。

記憶というのは何かに引掛けて能に叩き込むと取り出しやすいらしい。
「rose」を覚えるには「眠れる森の美女」の絵本の挿絵を思い浮かべて覚えるとROSEと一緒に絵本が浮かぶ。

車のb見て覚えて、数分後に思い出す訓練をするというのもある。

当時の先生はそんなことは全く教えてくれなかった。
皆、黙々と書いて身体で覚えていた。



中途半端に投げてしまった英語にチャレンジ。

とは言ってもmanmaのこと、自分に優しくやさしくスローペース。

タブレットで英単語アプリを落として就寝前30分ほど聞いて答えている。

いろいろ試したが、途中から料金が発生するものが多い。
それでも出ているアプリはたくさん有るので今のところ困っていない。

先日上位にランキングされている無料アプリを落としたら、駆除アプリがウィルスを検知してバチッと大きな音がしてビックリした。



せめて中学英語くらいは終了したいと思う。

英文の本を読む気など全くない。
ペラペラ喋れるようになりたいなんて高望みだと分かっている。
ただ、何を言っているのかくらい分かりたい。


娘の赴任地にチャンスがあれば・・・
行くかもしれない? 行くでしょう? 行けるかな? (゚ー゚;Aアセアセ 



でも、あの国英語圏じゃないのよね ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!





人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ






T'it craftのblogに来ていただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。




posted by win-manma at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2014年04月08日

どうなるの?XP問題


明日で「Windows XP」のサポートが終了するという。

ということは、XP環境下が無法地帯になってウィルスが我がもの顔に横暴に振舞えることになるらしい。

つまり、警察も消防も自衛隊も自衛団もない無法地帯に取り残されることになるらしい。



悪者にパソコンを乗っ取られ、遠隔操作で自分が意図しない用途に勝手に使われるかもしれない。
パスワードが盗まれて窃盗団のしたい放題のことができる???。
情報が流出する、PCが動かなくなる。

そうなってももう知らないよWindowsは言っている。


それは困る。ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!



そこで仕方なくPCの買い換えを検討した。
XPからWindows7又は8へ移行するしかない。

うちでは今PCを5台使用している。うちXPが4台。

一台20万円前後の価格だと80万円 ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!
使えなくなるソフト代が数十万円〜数百万円。ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!


WindowsXPの入ったPCには重要なソフトがいくつも入っている。
CADソフトだったり、専門の計算ソフトだったりする。
これらはXPに適応した作りになっている。

これらをWindows7や8に再度入れなおさなければならない。
10数年前に買ったソフトなど社名変更になっていたり、どこかに吸収されて消滅した会社もある。

10数年前はまだ長閑でバージョンUPのCDが郵送で送られてきたりしていた。
全く何の変化も無いまま今に至っている物もある。


そんなものを、8が認識するのか疑問だ。





ネットに繋がなければ困った事態にはならない。




うちではここ数年用途に合わせたPCを作ってくれる専門家に製作をお願いしている。


その人と相談して在宅勤務のスタッフのPCはWindows7、32ビットで作ってもらうことにした。
ソフトを動かすには64bitだと難しい場合があるというので、あえて32bitに。


manmaのPCはWindows7とWindowsXP。
こちらは、XPのLAN接続を切って作業のみに使うことに。


夫のPCはXPが二台。
こちらは、ネット専用のPC(インターネットやメールができる程度の容量のPC)を作ってもらい、
二台のXPはネットに繋がる部分(エクスプローラやメール)をパソコンから削除外して、
「ネット専用PC」と「XPのPC2台」をLANで繋いぎ、3台のPCを切り替え装置でモニター1台で見られるように組んでもらうことにした。
これなら今まで通りにすべて使える。
4台のプリンターとの接続も何も変えなくてすむ。(*^▽^*)oエヘヘ!

ちなみに、ネット専用PCのお値段は85000円程度になるらしい。




結局、

PC買い換え検討で1台あたりのスペックの検討から始まり、
品質を上げつつも値段が抑えられている特価の物はないか夢中で探し回ったり、
使えなくなるソフトの買い替を検討したりしたが、

XPのPCを全て棄てて数百万掛けてWindows7や8に変える決断がつかず、
もたもたしている間に4月を迎え、

夫のPCも7か8に替えるしかない、いくら掛かるのだ〜!!と清水の舞台から飛び降りる寸でのところで思いとどまり、

夫のPC8万5千円と、スタッフのPCとソフト28万円

合計36万5千円に決着した。(o^∇^o)ノ



好かった佳かった。


追伸

エクスプローラを削除するとしたのは間違いです。

削除すると動きが悪くなるそうです。接続を切ることをお勧めします。



 用途に合わせたPCを作ってくれる専門家のページはこちら





人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ






T'it craftのblogに来ていただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。



posted by win-manma at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2014年04月05日

本当は演歌も好き


チンタラチャンチャンという拍子の演歌が好きなんていったら、格好悪い気がする。(゚ー゚;Aアセアセ

が、本当は演歌も大好き。(笑)

氷川きよしが出てきた時は嬉しかった。
あんな、今風の若者が語意も理解しがたい風に歌うのが可愛かった。

三度笠なんて見たことも聞いたこともないだろうに、なんとなく伝わる風景というものがあるのだと思うと嬉しくなる。

考えればmanmaとて三度笠など見た事がない。
父が東映ファンだったので映画で見て、軽妙な感覚に笑顔がこぼれるキャラクターだということは分かった。
なんとなく歌詞や台詞から人情が伝わってきた。



しかし


演歌なら何でもいいわけではない。

歌唱力が抜群でなきゃ聞かない。



ちあきなおみ 吉幾三 香西かおり 都はるみ 石川さゆり 氷川きよし

このクラスの声量とリズム感と表現力が無ければ聞かない。ъ( ゚ー^)イェー♪



ここに「福田こうへい」が加わった。

この人の東北訛りの唄がイイ!!!!


福田こうへいのリンゴ追分は情景が浮かぶなぁと思った。


氷川きよし君、スゴイライバルが現れたぞ、頑張れ!!
二人の競演楽しみにしているから。(*^▽^*)oエヘヘ!



くれぐれも誤解なきように!

ジャズもピアノやチェロのクラッシックも平原綾香も井上陽水もサザンも小田和正もEXILE ATSUSHIも好きです。




人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ






T'it craftのblogに来ていただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。




posted by win-manma at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2014年04月04日

ヨーグルトの結果


おいしいカスピ海ヨーグルト脂肪0
ナチュレ恵脂肪0
やすらぐバニラヨーグルト脂肪0
ブルガリアそのまま〜脂肪0
みどりN-1脂肪0


試したヨーグルトの結果、上から効果が高い順だった。


カスピ海ヨーグルトは感動的だった。

ようやく腸が動き出したことが分かるし、毎朝トイレに行くという、かつてない快挙もあった。(笑)

やはり値段だけの事はあるのだ!と思った。


しかし、400g 198円はちょっと高い。(゚ー゚;Aアセアセ

二人で食べ続けると1ヶ月6000円!!
今までのブルガリアヨーグルトだと3300円程度だったのに・・・。



この際、ヨーグルトメーカーで作ることに挑戦しようと思った。

TANICA 【温度調節機能で市販・カスピ海・ケフィアヨーグルト / 納豆・甘酒に対応】 ヨーグルティア というのを買ってみた。

7000円位で買えた。甘酒や塩麴などの発酵食品も作れるらしい。



作り方は簡単で、牛乳1ℓに、種になるヨーグルト100g 

容器類をレンジで消毒して、(容器に水50ccを入れてレンジで5-600wで90秒チンするだけ)
200mlの牛乳に100gのヨーグルトを入れてよーく混ぜ、残りの牛乳を入れて
ヨーグルトメーカーにセットして、27℃で7時間後くらいに出来上がる。

今回グリコのカスピ海ヨーグルト脂肪0で作った。
只、ちゃんとしたメーカーの低脂肪牛乳がスーパーに無くて、スーパーオリジナルのそれらしきものを買ったらユルユルのヨーグルトに出来上がった。
牛乳が余りにサラサラしていたのでスキムミルクを足したのだが・・・??

次回はちゃんとしたメーカーの牛乳で、保温時間を少し長くしてみようと思っている。





種類によって免疫力を高めたりするヨーグルトもあるらしい。
腸内菌の力ってスゴイ!。

R1はインフルエンザに効果があったというのだから驚きだ。

http://p.tl/0b2A ← 効果が書いてあるサイト

http://p.tl/J6Mt ← こちらはとても参考になったサイト




腸が元気な人は長生きをするらしい。

長生きを切望したりはしないけれど、ある程度の健康は保っていたいと思う。

健康なまま死ねたらいいのだが、そうもいかないのが動物の宿命。σ(^_^;)アセアセ...


腸は根っこに当たる部分らしいから、しっかり栄養や肥料をやって土壌豊にしてやらないといけないらしい。

---------**

再度上記サイトを見ていたら
カスピ海ヨーグルトは脂肪0では出来にくく、しかも28℃で12時間〜24時間掛けないといけないとあった。






人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ






T'it craftのblogに来ていただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。



posted by win-manma at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし