2014年07月31日

教養番組

テレビはビデオにとっておいて見るタイプ。


コマーシャルの訴え方が苦手のなだ。あのテンションを見ていると疲れてしまう。

同様にお笑いの人たちが暑苦しく突っ込むバラエティーも苦手。


どうしても音や色がきれな番組を選んでしまう。

限られた選択肢の中からドラマと教養番組がノミネートされ、好きなタイプの人が出る番組を見ることになる。


林修先生という人は決して好きなタイプの人ではない。
が、仰っていることにとても説得力がある。
なるほど生徒に人気の先生というのはとても肯ける。


塾の先生というのはその道のプロで、娘が塾通いをしていた時公立の中学校の先生と比べて目からウロコが落ちた思いをした。
公立の先生は成績は二の次で生活態度がどうの、性格がどうのと仰る。
何を見て感じて偉そうに言われるのか不思議だった。
親以上に先生が娘を知っているはずがないじゃないか、何を基準にこの人は人を批評し評価しているのだろう。高校への内申に何を書くつもりなのだろう。あなたの出したテスト問題で何が分かる?その程度の知力と経験でどれほどの問題が作れるの?と思いながら個人面談を受け流していた。(`□´)コラッ!

塾の先生は違っていた。
当然、性格がどうの知能がどうのとは仰らない。
しかし、伸ばすところをちゃんと見つけ出し、その子に合った指導をされる。
競争心を燃やす子にはそれなりに、マイペースの子にはその子に合ったアドバイスをする。
娘のいた特進クラスは10数名、ラサールや灘・開成を目指しているクラス。
夏休みは朝9:00から夜の9:00頃までどっぷり勉強浸けの中で、目を輝かせて一生懸命に通っていた。
休みたいとか辛いとは一度も言わなかった。
授業が魅力的だから家でダラダラ過ごすより楽しかったのだろう。
性格がどうの頭がどうのと言ったところで何の役にも立たないことを分かっていらっしゃるのだろうと思った。
性格がどうの頭がどうのと言う前に子供を動かせよ!!と思う。
批評や批判をしても子供は変わらない。
感動させ、問題を解き、答えが間違っていなかった時の嬉しさを味わわせ、疑問が浮かぶのを待ち、一緒に考える方法を導き出してやる。
生徒の性格や頭をよく知っているからこそ出来る指導。


「林先生の痛快!生きざま大辞典」こちらでは毎週火曜日よる夜11:53からあっている。

今週は哲学者の 中島義道さんを紹介していた。
全く存じ上げない人で、社会の常識から外れた深い人間愛を持った哲学者だそうで当然たくさん本を出していらっしゃる。

読んでみたくなった。




ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ




posted by win-manma at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2014年07月26日

名前をもらった

習字は子供の頃に一度習い、OLになって大人書道を習い、子供が小学校に入った頃ご近所さんに教えている先生のところで古典文字のご指導を受けた。

どれもこれも数年のうちに気力が落ちてしまって挫折している。

書への美意識は強くて、美しい字を見ると惚(ほ)れ惚(ぼ)れとした心境になり、自分もあのように書けたら嬉しいと思うのだが、なかなかそうはならない。

この流れはどういう筆捌きで成っているのだろう、どんな息遣い(呼吸)で、と探求する。
何度も何度も試す。

出来ない。もっと筆先を絞って、もっと軽やかに、ここは溜めてゆっくりと、その繰り返し。

そして、挫折。

そこそこ書けても、まだまだ入り口で右往左往している自分の状態に嫌気がさす。


あれから20数年、時間がたっぷりある身と成った。仕事だと言いつつPCに向かってばかりじゃ身体にもよくない。
やはり好きな道、趣味といえばこれかと、60にして又書道教室に通うことにした。(゚ー゚;Aアセアセ


今回は少しレベルの高そうな教室を選んだ。

一度見学をさせていただいた。みなさん、相当に上手い。


ここでまた始めよう。
焦らず、ゆっくり努力してみよう。
若い頃は上達したい気持ちが強すぎて腕がその気持ちについていけなかった。


陶芸家の石原稔久さんが始めて会った時に仰った言葉が忘れらない。
「気分やノリで作ってはいません。毎日規則正しく暮らして土と向き合います。」

まだ、30代半ばの若者らしいいでたちの青年に教えられた気がした。
私に欠けていたものはこれだと思った。

気分がノレば何日も何時間も紙に向かい、必死で先人の書の極意を盗もうとし。
それに疲れれば何日も紙と硯から離れ、筆は干からび硯にホコリがたまる。

これでは長くは続くはずがない。上達するはずがないのだ。


今度の教室では毎月昇級試験を受けさせられる。

前回、「書けてるじゃない。出しましょう」と仰って早速提出させられてしまった。

そして、今週10級を頂戴した。(*^▽^*)oエヘヘ!


そこには、雅号が記されていた。

先生が命名してくださった。快く香るという雅号。


親からもらった名前とは違った名。

なんだか不思議な嬉しさがある。


ありがとうございました。頑張ります(*゚▽゚*)





ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by win-manma at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2014年07月23日

上の人引っ越したの?

上の階に住む人とはほとんど話したことがない。

上の住人が変わるのはこれで3度目。


親しい人から聞いたところによると、ご主人がいらしたが亡くなられたとかで今は一人で住んでおられるとか。
どうりで静かなはずだ。
ほとんど物音がしない。

しかし、今年元旦は早朝から掃除機を掛けて存在を示された。(゚ー゚*')トホホ




数年前に理事長を一手に引き受けてくれる奇特な人が引っ越してこられた。
毎年理事長の大役から逃げるのに苦労していた住人達は安堵したのも束の間、この理事長さんがマンション価値を上げる為に皆さんで努力しましょう!!と張り切り始めたから大変。

こうなるとかえって面倒。

一昨年は敷地のブロック塀を磨きましょう。
皆さん束子を持って出て来てください。強制的では有りませんが親睦会も含めてね、ね、ね。
(当然うちは参加しません。(ง •̀_•́)ง そういうのがイヤでマンション住まいしてるのに!)

防火訓練には全戸参加!当然です。

そして昨年度末頃から、マンション規約を改定します。
今までのはヒドイですよ。誰が作ったんです?
こんなものじゃ通用しません。

ペットの(ペット可のマンション)苦情が頻繁に出ています。
ペットについてアンケートを配ります。
全員返答してください。
出さない人には何らかの反省を促します。etc・・・


だんだん、言うことや言い方が厳しくなってきた。(`□´)コラッ!

理事長やその他の役員をしない人には共益費の上乗せしましょう。
などと言い出した。

その金額も一気に5千円増し。(現在我が家で修繕費と管理費で1万円ほど)ヽ(*'0'*)ツ

そして、ペットは一代限り、今居るのを最後に今後ペットは住めない事になった。


なんだか住み難くなってきた。(・・。)

25年前から生協も一緒にしていた古い住人が3月に引っ越して行った。
ペットの苦情に嫌気がさした様だ。
役員をその理事長と一緒にして、散々文句を言われていたらしい。


そして我が家の上の静かな住人が今月引っ越した。

こちらもネコを飼っている。苦情を気にして?
とやかく言われるのがきっと嫌いなんだと思う。



田舎の25年も前に建った老朽化したマンション。

どう逆立ちしても価格的には財産価値などないに無いに等しい。

値打ちと言われれば、気心の知れた住み易さだ。干渉しないある程度の距離を保った住民同士の親しみだ。
そして安全と程好い外見だ。


マンション価値を上げる為に張り切っておられる理事長さん、そこのところどうお考えなんでしょう。
規約に縛られて監視されるようなマンションのどこに誇れる価値があるの?


今度、上に入る人はどんな人だろう。

静かに暮らしてくれる人ならいいのだが・・・。(゚ー゚;Aアセアセ



ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by win-manma at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2014年07月18日

手作りのゼリー

夫がテニスを始めて一年になる。

学生の頃部活でテニス三昧の日々を送っていたらしいが、当時は軟式テニス。

今は硬式が主流だとかで体が覚えている軟式から硬式に切り替えるのに楽しそうに苦労していた。
今はなんとか恥をかかない程度にはなったそうだ。
昔の栄誉を取り戻すまでの体力が無いと嘆いている。

テニスに誘ってくださったのは同じマンションの方。
聞けば同じ年。50歳の時に初めたそうで相当に上手いらしい。
この方、67歳の現在まで華の独身貴族。
料理も掃除もキチンとされている。
去年、梅のジュースを作ってみんなに振舞われたと聞いた。
毎年のことでみんな楽しみにしているという。

メンバーは40代から70代までのおじ(ぃ)様おば(ぁ)様方。
軽く打ってラリーを楽しんでいるのだそうだ。

そういえば結婚前、
独身の最後までテニスをしていて脹脛が蕪のように太くてガッチリしていて頼もしく思ったことがあった。

ゴルフを始めた時は娘が生れた直後、産後の妻と生れたばかりの娘を放ったままゴルフに血道を上げている姿を見てこいつは父親になった自覚がない、愛する気持ちだけでは家庭は成り立たないんだぞ!!ここではっきりさせなきゃダメだと思い、姑に今から実家に帰りますと電話で宣言したらビックリ仰天、こっぴどく説教されていた。
以来、ゴルフにはイイ印象を持てないでいる。(笑)

テニスにはイイ印象を持っているので・・・
人間ってこんなことで好き嫌いを判断しているのかぁ(笑)

気持ちよく毎週送り出している。

14〜15人のメンバーで時々お菓子を頂戴するので、自分も何か持って行きたい言う。

梅ジュースは毎年作るが、先客がいらっしゃるのでパス。
そこで、甘夏みかんで作るジャムを利用して甘夏ゼリーを作ることにした。

市販の甘夏ジュースと手作りの甘夏ジャムを合わせて砂糖を加えて味を調え、ゼラチンで固めるだけ。

しかし、1600ccの量というのが驚きだった。
実はゼリーを作るのは初めて。
1600ccの水分にジャムを加えるとジャムの存在が消えてしまう。
ジャムをドンドン足していくと当然1600ccがドンドン増える。
ドロドロ状態のゼリーの素を60℃に暖めると計り直すことも難しい状況に・・・ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!

そうなるとゼラチンの量が分からなくなった。ふらふら

最後は水に落として固まり具合を見る原始的な方法で、エーイいいや。(ง •̀_•́)ง

デザートカップ容器を大量注文で取り寄せこれに入れると、なんと27個できた。(;´▽`A``


この甘夏ゼリーが・・・。

大好評だった。(o^∇^o)


獲り立ての野菜を下さる、いつもニコニコのお隣さんに差し上げると。
後日、実に美味しかった。もう1個食べていい?と奥様に了解を得て2個食べたよ。と話してくださった。

甘夏は少し苦味がある。これが大人には美味しいと感じる。
疲れた身体には特によかったようだ。


次はまた来年です。(*^▽^*)oエヘヘ!



ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by win-manma at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2014年07月14日

なみだ目

最近左目だけに涙が溢れるようになった。

別に悲しいわけでもゴミが入ったわけでもなく涙が溢れて流れ落ちることすらある。


たぶん老化現象だろうとは思ったのだがPCで目を酷使しているのでちょっとだけ不安になった。

病院に行くのはやはり億劫だ。


そこで昨日googleってみた。

やはり、老化現象で医者に『歳です!』で片付けられたという体験談がヤフー知恵袋に出ていた。(笑)

ドライアイだと病気として治療を施してくれるらしい。
ドライアイは痛みもあり、放っておくと困るが、涙は多いほうがヨゴレも洗い流してくれるのだから気にする必要はないという見解らしい。

それでもむやみに涙がこぼれるのは困る。
歳若い可愛い娘が涙目でジッと見つめれば男性は「かわいい〜目」というだろうが、

60のおばはんが涙を流したとてキラキラ輝きもしない、目ヤニを連想されるのが落ちだろう。

歳を取るというのは輝きを失うことなのだなと今更ながら淋しくなる。(゚ー゚;Aアセアセ

だからこそ小奇麗でいなきゃならないんじゃないか?
と、自分を励ます。
肌の艶も張りももちろん無い。髪も薄くなる。気を付けていないと背中が丸くなる。

少しずつ枯れていくかのように感じる今日この頃ではあるが、
逆らわず流されず歳相応の身だしなみを心掛けていこう。

変に老けこむ必要も無いし、失う若さに未練を感じる必要もないのだ。
健康に暮らして、好きな洋服を着て(選択範囲は狭まってはきたが)オシャレを楽しめばいい。
楽しめるうちが華だ、病気になれば生きることで精一杯になる。あせあせ(飛び散る汗)


涙目は目がシッカリ閉じないとなるらしい。
まばたきをしても少し空いていると涙が乾燥を補おうとするのだそうだ。
だから、時々目をシッカリ閉じてやれば軽減するというので今日実践してみた。
効果は有るように感じた。

初老のばあさんのウィンク y(^ー°)y





ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by win-manma at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし