2015年09月22日

シルバーウィーク2015年

お彼岸と敬老の日が重なった21日
夫の実家の仏壇に手を合わせにいった。
以前、お前達はお墓参りは行く必要ないのだと義兄に言われているので仏壇に手を合わせる。

そして義母さまを見舞った。
義兄が骨折で入院中なので兄嫁と一緒に施設に行く。

義母様、相変わらず不機嫌で体の不調を訴える。
聞く方はもう皆ウンザリしている。
少し汗ばむ陽気、皆ジンワリ汗をかいている。
義母さまに言わせると「今日は生汗(なまあせ)が出る。~(-゛-;)~」になる。
喉に違和感がある。一度カメラを入れて見てもらった時、出来物がある言われた。
食べ物がつかえる痛みがある。と、訴える。
体調不良を訴え病院の診察をせがむのが癖になっている。

今日は兄嫁が一緒に居てくれたのできっぱり否定してくれた。
「診察の結果、何も無いと言われたよ。カメラを入れてもらったのは2回よ!」「のど飴が効くんやろ?」
なんだか頼もしくさえ感じる。溜飲が降りる気分だ。
毎回毎回病気依存の人の訴えを聞くのは気が滅入る。お見舞いの足が遠のくのを聞いてやることくらいしか出来なのだから・・・。と思い直してお見舞いに行っているのだ。
93歳でも陽気に明るく生きている老人を見ると拍手を送りたくなる。

義母様、今度は私達に墓掃除の手伝いをしろ、兄嫁が病気にでもなったら大変じゃないかと言い出した。
兄嫁に限らず主婦が病気になったらどこも大変なのは同じ。
私が病気になっても大変なのだが、それは義母様自身には関係ないことだと思っているらしい。
要するに大変なのは自分の世話をする人がいなくなったら大変だということなのだ。
兄嫁の苦労を労う気があるなら、世話や気苦労を掛けないように気遣うことの方がよほど大切なのに、その気は全く無いらしい。
義兄は親の面倒を見ているのだ、あんた達が義兄を手伝うのは当たり前だ!という手前勝手な発想はちょっと勘弁してもらいたい。浅はかな女はこれだから困る。舅が亡くなった時長男に頼ると決めたのはあなた自身ではないか。
そしてその後、本家を引き継ぐことを決めたのは兄達自身が出した答えだ、その息子である甥も自分は本家の長男だと言って憚らない。本家の長男であることにプライドを持った人達なのだ。
その時全財産は長男である兄が引き継ぐからいいな!と、次男三男は約束させられている。
だからといってもう関係ないと介護の面倒など掛けないでくれと思っているわけではない。
親が危うくなれば助け舟を出すのは当然だと思っている。
本家の家長である兄が義母様を見捨てるようなことがあれば、チョッと待った!とレッドカードなりイエローカードを出す気構えでいる。
我々の役目はそこだ。この存在は義兄達にはプレッシャーとなる。このバランスが義母様にとって重要なのだ。
義兄がどうしても介護ができないような困った状況になれば義兄が我々に招集を掛ける。
そこで兄弟で話し合い対処法を協議する。それが筋だ。
義兄もそこのところはわきまえていて、よほどのことがない限り我々に「困ったどうしよう」とは言わない。

いい年をして(93歳)そこのところの判断を間違えてもらっちゃ困る。
兄嫁へのおべんちゃらのつもりで言ったのだろうが、その出汁に使われては迷惑、笑止千万だ。
物事がスムーズに進むにはそれなりの道筋のつけ方というのがある。
それを間違えると迷路に落ち込む。堪えるべきところを堪え切れずに茨の道を進むことになる。トラブルが絶えない状況にもなりかねない。
家長、長男の才覚とはこういう時に表れる。ちゃんと治められるか器が試される。

義兄夫婦は今、後を継いだ長男として意地とプライドを持って頑張っている。
気の毒だと同情して助けようとしても素直に快く受け入れてはくれない。
我が夫が俺の親でもあるのだからと手を出せば長男としてのプライドを傷つけることになりかねない。
私達のできることは時に愚痴を聞き相談に乗ることくらいなのだ。
そして無事に義母様をおくりだす日が来たら我々は心から義兄夫婦を敬い感謝しなければならない。


本家の長男というのは特別の存在として昔は育てられた。
相当の財産のある家では○○家が栄えるように公私に渡り動き働き、分家が立ち行くように相談に乗り、助けるから偉かったのだ。
財産だけ受取って私服を肥やすような狭い了見で務まるようなものじゃなかった。そんな家はいずれ滅びるというのが一般的な見方だった。

今は、小さな土地と古ぼけた家を貰って長男面をしている人が多い。
滑稽なのだが、案外これが今の主流になっているから面白い。

歳を取れば心細いのは分かる。
しかし、人に対する思慮や優しさ失った姿はつくづく哀れだと思う。
わが身を我が命を永らえる為には他人など構っていられない、そんな潜在意識がそうさせるのだろうか。
上っ面な優しさではなく、死ぬまで持ち続けることが出来る芯の優しい心根や思い遣りの気持ちはどうのようにして培うことが出来るのだろう。
posted by win-manma at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 老い

2015年09月20日

心づけ

心付とは
感謝の気持ちなどお礼として渡す小額の金銭や物のこと。チップ。「心付け」「心付」などと書く。


旅館に泊まれば仲居さんにポチ袋やティッシュに包んで心付を渡すのだと聞いたことはあったが、スマートに渡すなんて芸当は私にはとうてい無理、私には似合わない!。そんな感じで心付なんて風習とは縁の無い生活を送ってきた。
チップなんて気障な奴のすることだと頭から否定していた。
そんな粋な芸当は身に付いていないし、付けるつもりも無い。
我々の時代にはもうそんな風習が消えかけていた。
それでも
私が子供の頃は、大正生まれの大人が若い者の車で送迎などしてもらうとタバコの1箱や千円なんかを気軽に渡している姿を見ることはよくあった。
よその子にお正月のお年玉をやるような調子で「若いモンが遠慮なんかしなくていい!取っときなさいヾ(´ε`*)ゝ」なんて言っていた。

今回、リフォームをするにあたり
大工さんには三時をお出しするのだということは亡くなった舅から聞いていた。(夫の父は指物大工だったのだ。)
饅頭やシュークリームやドラ焼など甘い物を用意し、男性が喜んで飲んでくれるルイボスティーを冷やしておいた。そして、コーヒーとどちらが好き?と聞くとコーヒーと言うので、毎日やっているように豆をミルで挽き、カセットコロンでお湯を沸かしドリップで淹れたコーヒーと甘いお菓子で一緒にコーヒータイム楽しんでもらった。

二日目は恐縮するので、遠慮しなくていいのよ。私達のついでだからと言ってコーヒーを飲んでもらった。

我が家の担当は大ちゃんという大工さん。
一週間責任を持って仕事に当たり、一人では無理な時は応援が入った。
途中3日間内装屋さんも加わっていた。

とても熱心に丁寧に仕事をしてくれて嬉しかった。
そこで大ちゃんと内装屋さんに心付けを渡したくなった。
毎日仕事が終った帰り際
冷えていない缶ビールを「お疲れ様、冷やして飲んでね」と言って渡すととても喜んでくれた。

我ながら上手く渡せた。(;´▽`A``

この頃ちょうど小説半七捕り物帳を読んでいた。
半七さんは心付をいつもポイと渡す。
「そこいらでうどんでも啜ってくれ。ありがとよ」と顔見知りの情報提供者に小銭をわたすのである。
アーこれが極意かと思った。
ちょっと小腹を満たしくれ、喉を潤してくれ、この心づかいが嬉しいんだ。この程度が良いんだ。
これが出来る大人って格好イイ!!!と思った。

気障でなくスマートに、粋な大人って素敵だ。わーい(嬉しい顔)
posted by win-manma at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2015年09月15日

リフトアップ

もともとほっぺがふっくらした顔立ちだった。おまけに笑窪までほげる。
これが子供の頃は可愛かった。
しかし、大人になると細面の小顔に憧れたものだった。

歳を取るとこのふっくらほっぺが下がってくる。
昔、剃刀でザックリ切った跡が白く残っていたのだがこれが数センチも下がっている。
下瞼の涙袋の位置もしっかり分かるほど劣化している。
これは、50代で出てきたアレルギーと経済的苦境のダブルパンチで高価な化粧品が使えなくなったことが大きく影響している。
60になって多少ゆとりが出て鏡をシゲシゲ見るとあまりの劣化に打ちのめされ悲しくなった。

さてどうしたものか、
相変わらずアレルギーとの戦いの日々は続いている。
異質な物が体内に入ると免疫が興奮して粘膜や皮膚を攻撃して痛めつける。
鼻の中がヒリヒリしてくる。後頭部の髪の生え際が皮膚炎を起こす。皮膚のあちこちに針で突いたような湿疹が出てえぐる様な痛みをともなう。

この反応をかいくぐる化粧品がなかなか無い。

数年前、娘がロクシタンのディヴァインというのを持ってきた。
少し使わせてもらったところアレルギー反応が出ない。(・・。)ん?
しかし、高いexclamation×2
セットで使うと37500円(税抜)
一年間使うと75000円(税抜)かexclamation&question
と、思ったが10年間放置されたお顔の小皺とたるみは見るも無残。

この37500円で10年間を取り戻せるのか?
そう思いつつ挑戦してみた。アレルギーが出ない高級化粧品は他にないのだから・・・と。

結果、洗顔時の掌に伝わる小皺感がだんだん薄れていく。
この化粧品の謳い文句である7つのエイジングケア効果か???
そして1年以上経過。
確かにリフトアップしている。

人間慣れとは怖いものだ横着なる。
小倉まで買いに行くのが面倒になって、浮気心が芽生えた。
資生堂のアレルギー向け化粧品dプログラムのアンチエイジング商品バイタルアクトがある。
高価格帯となっているのだしこれならきっと大丈夫だろうと思い購入してみた。
値段も化粧水1本あたりロクシタン6000円に対して4500円と多少買いやすい。
そこでふと疑問。
量が少ないexclamation&question1ml当たりの値段を出してみると6円もdプログラムの方が高いではないか。(゚゚;)エエッ

サンプルを試した。
翌朝、お顔の張りは失われていた。アッ!(゚ρ゚;

1200円も割高な上に効果が劣るとは・・・。たらーっ(汗)

商品は開封していないので申し訳ないが返品させてもらった。
デパートで買ったので出来ることだが、これがネットなら簡単には返品に応じてはくれない。
ネット販売は安い代わりにこのような時には困る。使い分けが必要だ。


ほっぺがたるむのは寄る年波、地球の引力に太刀打ちできないのは当然の摂理なのだが、多少なりとも可愛くありたい、キレイでありたいと思う気持ちは失いたくないものだと思う。

先日カルチャーセンターでいつもキレイにしていらっしゃる女性と隣り合わせになった。
ご自分をお婆さんだと言われるのでお幾つですかとお聞きしたら72歳と仰るがどう見ても60代前半。
元々色白の美人タイプだったことは想像がつく、おっとりしていて可愛いピアスが似合っていらっしゃる。
オシャレを楽しむ心のゆとりがキレイの秘訣なんだろうなと思った。
お手本のような女性が近くにいてくれるだけで励まされる。
10年後わたしの72歳はさてどうなっていることだろう。
posted by win-manma at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 老い

2015年09月02日

見せる収納と隠す収納

只今、キッチンリフォーム工事進行中。

31日月曜日から明後日金曜日まで掛かるとのこと。


ここに到ってもまだキッチンインテリアに苦慮している。(・・。)ん?


長年隠す収納を実践してきた。

キッチンツールも鍋も食器も全てシンク下や棚や引出しに収納。
必要な時に取り出して使い、終わったら洗ってまた所定の場所に戻す。

取り出したり仕舞ったりが面倒でいつも使う物は同じ物ばかり、色々持っいても意味ないなと思いつつ、ちょっと気分を変えたい時や来客の時使うかも・・・。たらーっ(汗)
そんな言い訳を自分自身にして棄てられずに持っていた。

私の場合、目の前にあれば選択できるのに、見えていないものは容易に思い浮かばないようだ。
想像力の欠如だろうか、存在を忘れていて見ると思い出すパターンだ。
なんとなく有る事は知っているのだが、それを選ぼうという意識が働かないというのもある。
去年何を着ていたのだろうと思うのに似ている。

これではいけないのだ、益々頭が鈍化してしまいそうだ。


今回リフォームするにあたり少し収納について調べてみると、最近は見える収納という収納方法が流行っていることを知った。

エェ!! 出しっ放しにしたらどれもこれも油でベトベトになるじゃない。('◇'*)エェッ!?

と思ったが、定期的に食洗機でまとめ洗いすればいいのだと書いてあった。

ホー、なるほど。グッド(上向き矢印)
そうすればキレイを保てる。(*゚▽゚*)

ならばと、とりあえずコストコで買ったガラスの保存容器とイケアの金属の丸い箸立てのような筒に数十個有るキッチンツールや日常使いのカトラリー類を入れてガスレンジの横に並べてみた。

選り取り見どりでキッチンで使う道具をスッと引き抜く。
たったこれだけのことなのに、これが快適。

穴あきお玉は三本も持っているのにここ数年使っていなかった。
菜箸でイリコを一本一本摘んで取出すなんてイライラからも解消される。
煮魚や焼き魚を菜箸で掴んでバラバラになりつつ絶妙なスゴ技でお皿に載せるなんてハラハラドキドキも要らない。(笑)
フライ返しを使えば頭がもげそうな御頭付きなんて見っとも無いことにはならないのだ。

これら見せる収納でゴチャゴチャに見せないコツは、ゆとりを持たせて並べる!と書いてあった。


今はお皿やカップや茶碗をどのように収納しようかと悩んでいる。

食器棚を処分したのでこれらをシステムキッチンの下の引き出しや上の収納戸棚に取り出しやすく納めなければならない。
日常使いのカップやお皿は見える収納で棚に並べたいのだが、、、。
こちらはセンスが良くないと格好良くはならないようだ。あせあせ(飛び散る汗)

写真をお見せできる時が来るのだろうか。まだまだ当分悩みは尽きそうにない。


posted by win-manma at 18:01| Comment(1) | TrackBack(0) | キッチン