2019年10月06日

3歳半になる孫に会ってきた。

お正月にあって以来だから9か月ぶりになる。

この時期の成長は著しい。
絵本や大好きな鉄道や電車で数字や平仮名は理解していると聞いていたのでさて今回は何をお土産にしようかとちょっと考えた。

これまでも成長に合わせてオモチャを選んでプレゼントしてきた。
三歳の誕生日に送ったロンポス101ピラミッドはとても喜んで今も時折楽しんでくれているらしい。
ピースをボードにはめていく2次元パズル。箱をひっくり返せばピラミッドの様につめる3次元パズル。やり方は簡単でも奥が深い。問題集に沿って遊べば初級から上級まで楽しくレベルアップ。


理系女の孫はこんな可愛くもなんともないオモチャに興味を示すから面白い。


今回は毛筆と「呉竹 水でお習字・半紙」にしてみた。
平仮名は絵本やカルタで覚えたんだけど書く気にはならないみたいよと聞いていたので、書道師範成りたての腕試しをやってみようかと思ったのだった。

水を含ませた筆でプラスチックの半紙に書くとちゃんと書道の練習ができる。これはなかなか良い教材だ。
水が乾けば何度でも書ける。墨で洋服や部屋を汚す心配もない。

まずは私が書いて見せる。
神妙な顔をして孫はおとなしく見ている。
次に孫の手を取って書いてみせた。
手に力を入れず素直に吸収しようとしている。

筆を渡して書かせてみた。
ちゃんと筆を握り、姿勢まで真似て書く。
あの短い時間に書く姿勢と力加減を吸収していることに驚く。

集中力が途切れたらしく、気ままにお絵描きをして紙を塗りつぶしにかかったところで今日の練習は終了。

子どもの集中力と見て吸収する能力の高さに驚いた。



.
posted by win-manma at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし