2019年10月08日

佐賀の鳥栖まで下着を買いに

若い頃は女性下着についての知識はなくてワコールやトリンプなんかの安くて地味なものを適当に買っていた。
もともと痩身の貧相な体格で、グラマーな曲線なんて別世界のことだと思っていた。

30代になって友人に頼まれてシャルレのセールスレディの話を聞いた。
体に合わせて下着をちゃんと選べば素敵な体形になり、毎日の積み重ねでそれが維持されるんですよと聞き、友人の顔を立てて1枚矯正ブラを買った。

これに反応したのが夫だった。
洋服の上から見て、胸のトップの位置が上がり格好良くなっている。というのだ。
男というのはそんなところを見ているのかとビックリした。
それ、買ったほうがいいよと言う。

それから下着はシャルレにお任せすることになった。
値段はメイト価格で割安なことと、なんといっても着け心地が良いことが長く愛用した理由だった。

経済的に苦しくなりだんだんと安物を探すようになったが、UNIQLOや無印のブラ付きシャツはやはり胸の形が崩れていくのをすぐに感じて1枚で終わった。

鳥栖のアウトレットモールで買ったトリンプのブラが体に合っていて長年使っている。
1枚のレース部分が破れてしまったのでさすがに諦めて捨てた。補充しなければならなくなった。

今までアウトレットモールで試着はしても店員さんにアドバイスを求めたことはなかった。
安物を探して買っているのだから高価なものを勧められても困る。(笑)


意図的に甲状腺の薬の量を増やしているので近頃痩せてきている。
客が少なくて店員さんに話しかけやすかったので採寸してもらうことにした。

とても感じのいい店員さん(アドバイザー)だった。
楽な着け心地で採寸してもらうとアンダー75Cということになった。
そのサイズで2000円台で探して試着室へ。
ダメだった。
胸を押さえてしまっている。半カップで腋が甘い。

店員さん(アドバイザー)に見てもらうと彼女も同意見らしい。
数点見繕って持ってきてくれた。
サイズは75Dになっていた。
1枚は7500円が4500円。もう1枚は8100円が2500円。
肩紐の調節やカップの中に収める手際はさすがプロ。
納得のいく着け心地とラインだ。

これは買っておこうと思った。(*^^)v

5〜6年に一度の買い物だ。
エーイと清水の舞台から飛び降りた。




.



posted by win-manma at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし