2015年04月12日

ドイツの旅(2)

いよいよドイツに着きました。


乗り合わせた皆さんにくっ付いて出国ゲートまで行かなきゃ困ったことになるぞあせあせ(飛び散る汗)と大股で着いていきます。



一番前の席でワインをガンガン飲んでいらっしゃったイケメンさんの後ろに並びます。


でも、不安になって聞いてみました。
ここから出国ですか?

「いえ乗換です」「出国は向こうですよ」と優しく言われ、あわててロープを跨いで隣の通路を進みます。

いました。日本人。わーい(嬉しい顔)

二列に並んで強面のドイツ人らしきおっさんにパスポートを提出しています。
右に並んでいるとデカイ検査員が何か言っています。
聞かれた日本人のおじさんの目が点になってオドオドしています。
ドイツ人らしきおっさん「モーバッド(下向き矢印)」という表情でポンと印鑑を突きました。

こっちの列はヤバイ!と咄嗟に左に移動。
パスポートを見せると笑顔でポンと印鑑を押してくれました。グッド(上向き矢印)



次は預入荷物(スーツケース)の受取
ANAの表示を探すけれどそれらしき物がありません。
奥の方まで行っても分からない。
また戻って日本人女性がいたので聞くと目の間のレーンだと教えてくれた。

無事にスーツケースゲット。

次は何の検査だ?と思いつつ進むと出口(日本語表示)とある。
出口を出ると何もなさそうではあるが?この先でまた何らかのチェックがあるのだろうと思っていたら


聞きなれた娘の声exclamation

後ろを見ると娘が「お母さ〜んわーい(嬉しい顔)」と呼んでいる。


スタスタと娘の所に行くと、「無事についたか〜ハートたち(複数ハート)」と笑っている。


意外に簡単に入国できたようだ。exclamation&question



現地時間で夕方4時頃、モノレールで市街地に移動して駅中を見て回ってレストランで夕飯。

とりあえずビール。
あとソーセージメインのお皿など・・・たっぷりの量で美味しかった。
多すぎて残してしまったらお店の人にお口に合わなかったと?聞かれ。
娘がごめんなさいね。多くて食べ切れなかったのと言うと、
アジアの人は皆さんそうね。と言っていた。感じのいい人だった。

DPP_4525.JPG

駅のメインの通りは常に警察の監視の目が光っていた。
私服であったり制服だったりしたが其処ここに立って目を光らせているのが分かった。

翌日、駅出口近くのカフェにいるときも外にガラの悪そうな若者が数人いて気になったが、警察が来るとサッといなくなった。治安はシッカリ監視されている様子が頼もしかった。


さぁ 
ブレーメンに向かって出発です。
posted by win-manma at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/118693381
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック