2008年05月15日

国T 官庁訪問 つづき

実は私の周りには国Tキャリアなんて一人もいなかったのです。


大学にも殆どいません。大学にチャレンジ2年目の先輩はいらっしゃいましたが、「頑張りましょうね ヾ(^-^;) 」くらいのお付き合いでした。



国T採用がいかに難しいことなのか、全く知らずに



「国T受けて官僚になりなさい」などと漫画のように気軽に言っていたのです。がく〜(落胆した顔)




一応予備校に短期間いったんです。数万円分だけ・・・




バカらしくて直ぐにやめました。






国T課程の予備校一年で○○・・・万円も取るんです。がく〜(落胆した顔)
確か百万に近いと聞いた気がします。不確かです<(_ _)>



大学に授業料を払い、その上予備校にも払うんですよ。exclamation




その予備校で大したことも習わず、
実利※%で○○・・・万円は、ぼったくり過ぎです。 (`ε´)




数万円払って、法学対策を少し聞き、官庁訪問について習った事は挨拶のしかた程度ですよ。




頭の下げ方とか・・・












とにかく、突然進路変更して合格したわけです。





大喜びで東京にすっ飛んで行きました。
官庁訪問のサバイバルを知らずに・・・ あせあせ(飛び散る汗)





愚かな母は、国Tに通った殆どの人が国家公務員になるのだと思っていたのです。



数字の分析も何もしていませんでした。



申込者数22450人弱

最終合格者数1600人弱です。

採用者数は660人(理系+文系)程度です。


苦労して勉強をし、人によっては数百万円のお金と時間をかけて
も現実はこれです。ちっ(怒った顔)





理系は専門性が要求される為、国Tの国家試験に合格する事が最重要課題となるようです。






文系はここからサバイバルが始まるのです。



官庁訪問は約2週間に渡って続きます。

その間は殆ど軟禁状態です。

勿論、採用を諦めて帰ることは自由です。ふらふら






大学4年の丁度今頃でした。




そんな事とは露知らず、のほほんと面接に向かった子供は






圧倒され、威圧され、萎縮してしまいました。








1週間なんとか頑張りました。


しかし、手応えを感じる事ができず、諦めて帰る決断をしました。たらーっ(汗)

「お願い exclamation 来年もう一度チャレンジさせて ぴかぴか(新しい)



子供からその報告を受け、
この愚かな母(manma)は直ぐに進路を決めなければいけないと直感しました。




まだ東京にいる子供に対し、
「法学部の大学院に行きなさい。 法科大学院じゃないよ exclamation


子供・・・
「分かった、推薦の手続きに間に合わないかもしれないけど、教授を捕まえて相談する。」


決断は早かったです。 
この時期は、それらの手続の締切がせまっていたからです。



かくして、わが子はもう一年私の手元で修行することになりました。わーい(嬉しい顔)



(つづく)



banner2.gif

にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 その他生活ブログへ

posted by win-manma at 23:17| Comment(0) | 国T
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]