2015年09月02日

見せる収納と隠す収納

只今、キッチンリフォーム工事進行中。

31日月曜日から明後日金曜日まで掛かるとのこと。


ここに到ってもまだキッチンインテリアに苦慮している。(・・。)ん?


長年隠す収納を実践してきた。

キッチンツールも鍋も食器も全てシンク下や棚や引出しに収納。
必要な時に取り出して使い、終わったら洗ってまた所定の場所に戻す。

取り出したり仕舞ったりが面倒でいつも使う物は同じ物ばかり、色々持っいても意味ないなと思いつつ、ちょっと気分を変えたい時や来客の時使うかも・・・。たらーっ(汗)
そんな言い訳を自分自身にして棄てられずに持っていた。

私の場合、目の前にあれば選択できるのに、見えていないものは容易に思い浮かばないようだ。
想像力の欠如だろうか、存在を忘れていて見ると思い出すパターンだ。
なんとなく有る事は知っているのだが、それを選ぼうという意識が働かないというのもある。
去年何を着ていたのだろうと思うのに似ている。

これではいけないのだ、益々頭が鈍化してしまいそうだ。


今回リフォームするにあたり少し収納について調べてみると、最近は見える収納という収納方法が流行っていることを知った。

エェ!! 出しっ放しにしたらどれもこれも油でベトベトになるじゃない。('◇'*)エェッ!?

と思ったが、定期的に食洗機でまとめ洗いすればいいのだと書いてあった。

ホー、なるほど。グッド(上向き矢印)
そうすればキレイを保てる。(*゚▽゚*)

ならばと、とりあえずコストコで買ったガラスの保存容器とイケアの金属の丸い箸立てのような筒に数十個有るキッチンツールや日常使いのカトラリー類を入れてガスレンジの横に並べてみた。

選り取り見どりでキッチンで使う道具をスッと引き抜く。
たったこれだけのことなのに、これが快適。

穴あきお玉は三本も持っているのにここ数年使っていなかった。
菜箸でイリコを一本一本摘んで取出すなんてイライラからも解消される。
煮魚や焼き魚を菜箸で掴んでバラバラになりつつ絶妙なスゴ技でお皿に載せるなんてハラハラドキドキも要らない。(笑)
フライ返しを使えば頭がもげそうな御頭付きなんて見っとも無いことにはならないのだ。

これら見せる収納でゴチャゴチャに見せないコツは、ゆとりを持たせて並べる!と書いてあった。


今はお皿やカップや茶碗をどのように収納しようかと悩んでいる。

食器棚を処分したのでこれらをシステムキッチンの下の引き出しや上の収納戸棚に取り出しやすく納めなければならない。
日常使いのカップやお皿は見える収納で棚に並べたいのだが、、、。
こちらはセンスが良くないと格好良くはならないようだ。あせあせ(飛び散る汗)

写真をお見せできる時が来るのだろうか。まだまだ当分悩みは尽きそうにない。


posted by win-manma at 18:01| Comment(1) | TrackBack(0) | キッチン
この記事へのコメント
紹介

日本語の起源・言霊百神
Posted by コトタマ学 at 2015年09月12日 21:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162777145
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック