2016年09月01日

96歳でシャキッとしている。すごいなぁ 憧れるなぁ。

8月30日のなんでも鑑定団に出ていらした96才の御婆さまに魅了された。

番組の終盤にお値打ち物と思しき鑑定品が披露されるのだが、
そこに登場したお婆様が御年96歳のかくしゃくとしたお美しさとユーモアと聡明さを感じさせる人だった。

北海道のお宅に訪問してお暮らしを拝見するVTRが流されたがご家族はいらっしゃらないように見えた。
モットーは『人に頼らない、よく食べる。』
お酒も呑まれるそうだ。
足を投げ出してする前屈のストレッチも披露されていた。

義母様とほぼ同年代

病院に行きたがり医者に病を宣告されることを待ち望み、息子に寄りかかり、見舞えば子や孫に愚痴り体調不良を訴える。
絶望だけで過ごす日々の義母様とは、対極にいらっしゃるように思えた。


この違いは何だろう。


義母様の体調不良は施設の職員さん達からも相手にされなくなっている。
ここ数年どこの病院に行っても何度行っても悪い所は見つからない。
数年前に宣告されたパーキンソン病も覆され、薬は取上げられた。


義母様は病気であると宣言され、そうだ自分は病気なんだぞ!それを拠り所に回りに同情され親切にされることを希望しているのだろうか。

義母様も90歳になるまでは一人でなんでもこなしていたのだ。
長男家族と一つ屋根の下に暮らしていても、自分のことは自分でやっていた。
自分の分の買い物、料理、掃除も洗濯も風呂さえも家の風呂には入らず銭湯に行っていた。

今はまるで別人。


人に頼ることになんの後ろめたさも感じない様子である。


鑑定団に出られたお婆様の「人に頼らない」というお考え。
スゴイなと思う。
人に頼らず明るく健康に暮らす。
オシャレを楽しみ、ユーモアを持って生きるのは相当な気構え心がけがいるのだろうなと思う。

あのお婆様、頭が全然錆び付いていない感じがした。

これが一番のポイントかもしれない。
その為には書物を読み、頭を使い、体を適度に動かし、何らかの刺激を受け楽しもう。

(*´∇`*)


posted by win-manma at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176710032
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック