2016年09月02日

自民党が昔のイヤーなムード出してない?

自民党が昔のイヤーなムード出してきているようで安心して見ていられない感じがしてきた。
谷垣さんの負傷が痛いなぁ。
何でここで幹事長に二階氏登場なの?
二階氏って、古いタイプの権力と実力を兼ね備えていそうでちょっと気が許せる感じがしない。
たぶんこれは女の勘だから当たっていると思う。(笑)

幹事長職に求められるのが睨みの効く男。
睨みが効く男に欠かせないのが愛嬌。
睨みが効くのに可愛げがあって、切れ者に見えない。
それには正義感が感じられ、しかも芯の強さがあることが欠かせない。

二階氏には愛嬌と正義感がかんじられないよなぁ。


せっかく人事刷新してクリーンなイメージが定着しつつあったのに惜しい。


水面下で権力と利権がうごめき始めた様な気がしているのは私だけではあるまい?


石破さんも表舞台から引っ込んじゃったし。

農政を新しく風通し良くしようと汗流している小泉進次郎さんもやりにくくなりそう。


結局のところ鳶がアブラゲ掻っ攫うようなことにはなってもらいたくないものだ。


ここはマスコミが睨み利かさなきゃね。



民衆を煽って政権を動かそうなんて考えなくてイイから、権力や利権に走る政治家の監視よろしく。exclamation×2




posted by win-manma at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176721522
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック