2011年05月10日

おバカ系がお好き?

若い男性が好きな人に告白できない!という数値が異常に高いそうです。データによっては80%以上。




最近、女子力UPとか、女子会などという単語がよく使われています。



女性が強くなり、女性が生活力を持ち始めた頃から
男に養ってもらう社会から、共働き世帯になり、今やお一人様でもじゅうぶん幸せになりつつある。



つまりは、生活力が無いから我慢するしかない!という憐れな女性が減ってきているのも事実です。




しかし、生活力のある女性が大半かというと、それには程遠いのが現実。


多くの女性たちは、やはり良い男性をゲットして好い家庭を持ち、妻の座母の座を確保して幸せになりたいと思っているようです。

(3高=高身長・高学歴・高収入)今は(低姿勢、低依存(俺の靴下どこ?など聞いてこない)、低リスク(ギャンブル等ししない))



そこで、女子力アップでモテ嬢になるためのノウハウなんてのが女性雑誌で注目を集めるみたいなんですね。

(モテる女子力を磨くための4つの心得 → http://youpouch.com/2011/04/26/162331/)


でも、


高学歴・高収入の男性が、はたして女子力アップしたモテ嬢に真剣に惚れると思いますか?



合コンで盛り上がっても、その場限り、または遊び相手とみられる確立がとても高いんじゃないですか?

・・・manmaはとてもその辺が心配です。(笑)



でもね、

そんなふうに女子力アップしていい男性を掴みたがっている女子がいっぱいいるようなのに・・・
なぜ、若い男性が好きな人に告白できないんでしょう。

この噛み合わなさはなんなんでしょう?




男性が求めているものと女性が求めるものがズレてしまっているんでしょうか。







収入の格差が社会問題になっています。



名の知れた会社勤務であれば30歳で≒500万〜≒900万です。

しかし、派遣社員や中小企業だと半分に落ちます。



250万円の年収で、親子が暮らすとなるとかなり厳しいです。

当然妻も働きます。パートだと120万円/年 稼げればラッキーな方です。二人で400万円。


計算が得意な女子なら、なんとか500万円〜1000万円の男性と結婚し、パートで働いたお金は自分の為に使えるようにしたい、できる事なら「君は働かなくていい、そして僕の為にいつも綺麗にしていてくれ」と言ってくれる人と結婚したいと思います。






しかし、悲しいかな、今の男子もけっこう計算高いです。


心底惚れた女性になら「僕一人の者でいてくれ!、一生綺麗でいてくれ!、君には贅の限りを尽くしたい!」と言ってくれるかもしれませんが・・・


昔から、こんな男性は1万人に1人否1000万人に一人しかいません。豊臣秀吉くらいのものです。



そう言いたいのは山々なれど、そんなことは無理だと計算のできる男子はよく知っています。

そして、それを望む女性が賢くないということも知っています。



秀吉には苦楽を共にした偉大な妻おねさんがいます。

おねさんはわが身の贅沢など望みません。大変にできた女房だったと言われています。




高学歴高収入の男子は、結婚するなら良妻賢母がやっぱりいい事を知っています。

今の良妻賢母は、野暮ったくはありません。

適当に甘えさせてくれつつも、乗せ上手でやる気を起こさせてくれます。
子供の教育も上手に指導して無理させること無く、有名私立に入る実力をつけてやることも出来ます。

つまり、信頼に値する人柄と器量を持っています。

そして、そんな良妻賢母は自分を綺麗に保つ知恵も持っています。



そんな女性に告白できない男子。あせあせ(飛び散る汗)


がんばれ exclamation×2



問題は、このタイプ(ランク)の女性が社会進出して、無理に結婚しなくなったこと。それから、まだ少数派であることですかね。



生活力の弱い良妻賢母型が狙い目かも。わーい(嬉しい顔)






winとmanmaのブログ来て下ってありがとうございます。
winは今日も元気です。

ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by win-manma at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179662715
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック