2017年09月01日

五十肩は治療しなきゃダメ!! だそうですよ。

五十肩は治療しなきゃダメなんだそうです。ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!


痛い目にあいました。

7月下旬ころから痛み出し、8月初旬に整形外科に行ったら、五十肩だからその内(半年から一年)治るよと医者に言われたのです。
やはり、五十肩はそんなものなんだと私は思い込んだのです。

しかし


その後、益々痛みは酷くなり、腕の重みが辛くなりサポーターをしたり腕を釣ったりしたのです。
しかし、限界の角度を超えた動きをすると肩から腕に掛けて目の前が真っ暗になるほどの激痛に襲われる。

これはおかしいと思い、レントゲンやCTやリハビリ施設の整った整形外科へ。

※ 追記 1.5テスラMRI装置も有るようです。

そこで言われたのです。
「五十肩は治療しなきゃ治らないよ!!」「時間が経ちすぎてるね。早ければ二週間で治ったのにね」と。
「強い薬使うよ、今日は注射もする。」

半年一年で治るというのは炎症が去って筋肉が固まった事らしいです。

一日も早く炎症を治して筋肉を解きほぐしてやる。
若ければ徐々に筋肉がほぐれていくのでしょうが、歳を取ると筋肉がほぐれず固まったままで手が耳の横まで上がらないという状態になり、無理をすると痛いという持病になるらしいです。

現在治療中の知り合いは手術を言い渡されているそうです。たらーっ(汗)


今日、リハビリに行ってきました。

30分近く付きっきりで丁寧に説明しながら動きを教えていただき、やさしく肩関節と肩甲骨をほぐしてもらい、温熱治療と電気マッサージを受けました。


一ヶ月前に行った整形外科は一体なんだったんでしょう。

当医院では五十肩の治療は出来ません。と看板の横に書いといてほしいものです。
それとも
相手によっては治療しますよ。ということなのか?


気に食わない患者は来ないで!! って?


それぞれ得意分野というのがあるんでしょう。


そんなの見分けられるかい。( #` ¬´#)



**-------------------------------**

この記事の後、五十肩の経緯を数回に掛けて書いています。

結果的には整形外科の治療で悪化し長引かせることになりました。


.

posted by win-manma at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180854031
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック