2018年12月31日

キーボードとマウス

陶芸作品のネット販売を始めて11年になった。
11年前はネット販売など見向きもされない時代だった。
いかがわしい販売業者が多くて、誰もが不信感を持っていた。
ようやく淘汰されて、買い物になくてはならないものになった。

おかげさまでマイペースながら11年。
少しづつ知名度を上げてくることができた。

一番力を入れるのだ撮影。
実物よりも美しく撮るわけにはいかない。
だが、作品の持つ神秘的な雰囲気や美しさは、ちゃんとカメラに収めなければならない。
1つの作品で毎回五十カットは撮る。

今月中旬来年の干支の販売が慌ただしく終わった。
数量限定に購入希望が殺到する為、短時間決戦になり終わるとホッとする。

しかし、ボーとしている暇はない。
日々変化のないサイトは魅力がない。
地味な我サイトでも、熱を帯びた干支あとのフォローは欠かせない。

人気の作家さんは一人で作品を作っておられる、どうしても数が限られる。確保が難しい。
今年はうれしいことに食器と人形を数点を確保できた。


そんな生活を11年も続けてきて体はボロボロ。
腕の痛みや肩こり、手は腱鞘炎。
でも、ステキな作品を扱う楽しさに心は満たされているのだから仕方ない。

だが先日、PCを変えて親指を痛めた。
ふと思いついて“疲れないキーボード”で検索してみた。
プログラマーが使うキーボードというのが有ることを知った。

プロ用とあって値段が高い。20,000円もする。
東プレキーボード (amazon)
 
口コミ評判がとてもイイ。

これは買うしかないと思った。

ついでにマウスも“疲れないマウス”で検索
トラックボール M570 も買ってみた。

商売道具だもの必要経費だよね。と、自分に言い聞かせる。

使ってみた。

キーボードは確かに楽。今までキーを打つというより叩くという感じがしたが、これはちゃんと反発してくれて押し戻す感じがある。そして小指や薬指の弱い打力をちゃんとキャッチして受け止めてくれる。

マウスは慣れるのに時間がかかりそうだ。
このマウスは固定式だ、ボールの部分を指で捜査してカーソルを移動させる。
いちいちマウスを掴ん動かす必要がないので手に掛かる負担は少ないだろうなと思う。


今年も慌ただしく過ぎて行った。充実していたと思う。

来年はどんな年になるのだろう。

習字もいよいよ最終昇段試験に挑戦することになる。
ネット販売はもう少し売り上げを伸ばしたいと思っている。


孫の成長も楽しみだ。
正月二日には会いに来てくれる。(*^▽^*)oエヘヘ!

楽しいお正月になる。
有難いことだ。




皆様、よいお年を。(○゚ε^○)v ィェィ♪







.







posted by win-manma at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185293820
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック