2019年02月25日

美容院で読書談義

髪がのびて美容院に行かなきゃ、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ`
と思うが、寒かったり気が乗らなかったりで数ヶ月。

行きつけの美容院は腕が良から3〜5ヶ月行かなくても格好良さが保てる。
しかし、さすがに半年も行かないと「落ち武者」か?となる。
少し暖かくなったので、ようやく重い腰を上げた。

店長さんmale(オーナー)は娘と同年代アラフォーだ。
子供さんは?と聞くと小学四年生だと教えてくれた。

ついこの間聞いたときは幼稚園の年長さんだと言っていたような気がしたがもう10歳にもなっていた。


「今が一番イイころね。もうすぐ反抗期になるね。」
店長
「反抗期ってどう対処したらいいんですかね。」「反抗期のない子も増えてるらしいですよ」

「うちの子も親にはほとんど反抗しなかったわ。一人っ子だから親だけど友達っぽい会話も多いしね。一人っ子って家ではずっと大人としゃべってるからね」
店長
「うちも一人っ子だからそんな感じですね」

「息子さん、読書する?」
店長
「マンガが多いですけど、活字も読んでますね。」
「自分は全く読まなかったけど、大人になって読むようになりましたね」
「manmaさんはどんなの読むんですか?」

「私は固い本が多いよ」「今、司馬遼太郎読んでる」
「若いころに読んでおきなさいよと言える本は『竜馬がゆく』よね」
「あれは若いころに読むと人生観が刺激されるもん」
店長
「僕、竜馬は途中で投げてます。長いんですもん」

「後半で西郷とか出てくるとまた面白くなるよ。大政奉還とか薩長同盟とか」
店長
「中だるみなんだ、それで投げちゃった。」

「本を読む子はいろいろな価値観を吸収するから友達だけに影響されることが少ないよね」
「親子で知的情報の交換もできるし、これ面白かったよって教えてくれたり教えたりすれば、何に興味を持っていてどう感じているのかとかも分かる。」
店長
「そうですね(゚▽゚*)ニパッ♪」
「高杉晋作読みました?」「読んでみたいなと思って」

「葉室 麟の高杉読んでもの足りなくて、司馬遼太郎の高杉で読み直したわ」「やっぱり深みが違った。司馬遼太郎は人物の本質を掴んでるからね。納得したわ(笑)」
店長
「店をどの方向に持っていこうかと考えてるんですけど、幕末の人って行動力すごいですよね」

「あの時代の人って命が軽いよね。思いの丈で生きてる」「若いからこそできる」
「あんな男に惚れたら女はたいへんよ(笑)」

若い店長とこんな話ししたの初めてだったけど、楽しかった。

アラフォーか、店を構えて一人でやっていける限界も見えてきて、これからなんだね。
勝負にかけるんじゃなくて、堅実に確かな経営にすすめてほしいものだと思うわ。



.

posted by win-manma at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185619867
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック