2019年11月26日

せっかちな負けず嫌い

先週の書道教室
草書の条幅(34.5×136cm 二行の掛軸サイズ)を見てもらった時に先生に指摘された。

「筆が早いんじゃない?
ガサガサしてて・・・(-_-;)。ゆっくりよ。」

つまり、しっとりとした美しさや落ち着きがないというご指摘なのだと理解した。



私は元々せっかちな性格。
なんでもちゃちゃっと済ませたいと思い焦って片付けようとする。
つまり何かにつけて雑なのだ。丁寧にじっくり取り組まない。

読書でもそうだ、先が気になって一気に読んでしまう。
特急電車で飛び去る車窓を眺めているような読み方。
そうそうテレビのドラマも二倍速で見ている。

複雑な味わい深さというものを感知しないまま。

それが書に出ているのだと気づいた。

その日は眠れなった。
悔しかった。"(-""-)"
私って負けず嫌いだったんだと今更自覚。(笑)


翌日、『ゆっくり』を肝に銘じて筆を運び書いてみた。
連綿体の尻尾の部分に美しさがあることに気づいた。
この部分に筆と墨の擦れや息遣いが現れる。
ここをぞんざいにするとギシギシガサガサの書になる。と思った。

文字だけ見て字形に囚われ、紙面全体を捉えて味わう俯瞰した目を持っていなかった。

とは言え、136pの長さとなると手強い。
一文字の大きさは6p〜10p、3〜4文字続けるのがやっとだ。
細部に気を取られながら書きあがりを見てリズム感がないなぁと、落胆して溜息。(・。・;

ゆっくり書くことで性格に少し変化が現れた。
料理で弱火を重視するようになった。
煮魚を強火で甘辛く短時間で作っていたのだが、ゆっくり煮て味を浸み込ませるという技を手に入れた。
味が優しくなった。醤油の辛みが柔らかくなった。

上手く書きたい、納得のできに満足したい。

私の負けず嫌いは他人に対してではない。自分自身に対してだ。
私は自分と戦っているらしい。(笑)


.
posted by win-manma at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186849237
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック