2021年07月27日

備忘録「天切り松 闇がたり1〜5」 浅田次郎著

江戸弁の心地良い啖呵と、筋の通った心意気男意気と格好良さ、溜飲が下がる物語だった。

ちょっとそれは無理でしょうと思う部分も多々あるが、まっいいか"これはファンタジーなんだよと許してしまえる愛嬌がある。

大正ロマンというのは聞いたことはあるが、西洋の風が吹き込んだロマンチックな文化がこんなに花開いた時代だったとは知らなかった。


舞台は東京、今も残る地名が随所に出てくる、三越も松屋も当時の賑わいが目に見えるようだ。


そして、全巻を通して語られるのは銭勘定・星勘定などはなから論外の心意気・男意気・任侠の神髄。


-----------**



先日の書道教室でのこと。

コロナワクチン接種で生涯学習センターの部屋が教室として使えなくなり、この日は急遽大きなイベントホールの会議室を予約して教室を開くことができた。


こんな部屋が取れたのかい、ホーとばかりにこの日は参加者が多かった。

慣れない施設利用でこちらも多少アタフタしたが無事に終わろうとしていた時、
遅れてきた人が月例の提出物の仕上げをしていた。
見れば、気の利いた人達が片付けなきゃねと早々に机や椅子を片付けて部屋の隅に寄せてしまっている。

彼女は折りたたみ椅子で印を押したり、提出票を貼ったりしている。
それを遠巻きにして二三人で笑いながら「あら、ご免ね〜。片付けちゃった」とからかっている。

あらま!机を出せばいいじゃないと思い。畳まれた机を出して印を押す手伝いをした。


今頃の会議室の机はワンタッチで開いたり閉じたりできるのだ。数秒の手間。便利なもんだと感心した。



翌日、役員のひとりから「私、役に立ててないね。ほんと情けないわ」と電話があった。

その時は何を言っているのかよく分からなった。



昔、OLだったころ。
お顔だけは知っていた他所の課の課長さんからうちの息子は地元の信用金庫に務めているんですが、息子とお付き合いをして頂けませんか。と言われたことがある。

突然のことに驚いていると、姓名判断で「あなたは善悪の判断ができる人だと分かりました」と言われた。一度お会いしたような気もするが、お断りしたのだろう。交際した覚えはない。

しかし、善悪の判断云々と言われたことだけは心に引っ掛かった。



善悪の判断など誰にでもあるものだと思ってきたがそうではないのだと、この年になると分かってくる。

ちょっとつまずいてかがみこんだ人を助け起こす人もいれば、後ろから突き倒す人もいるのだ。
突き倒して笑って楽しむ人を私は最近睨みつけなくなった、きっと大人になったんだろう。
その代わり蔑み哀れだねと思うようになった。



教室の机の件にしても、その場で善処すればいいだけのこと。体が先に動いている。
役員の友人はそれができなかったと悔いているんだなとその翌日になって気付いた。



たぶん、人を突き倒したり、困った人をからかって喜ぶ奴にゃ
天切り松の心意気男意気の筋の通す意味は分かるめえ。(天切り松風)


ざまぁみやがれ (*'▽')




.
posted by win-manma at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188875236
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック