2021年10月03日

備忘録 司馬遼太郎著「最後の将軍」

司馬遼太郎著「最後の将軍」

NHK大河を見ていて慶喜公のことが知りたくなり読んでみた。

大河の草g 剛さんを見てて役者としてイイよ!この人と思った。

SMAPの頃から知ってはいたが、あまり目立とうとしない人だなといった印象しかなかった。
大河を見ていて、この人、年を経た大人の味わいが出させる俳優さんなんだ、キムタクとは真逆だね。
へー(・。・;。と思った。


司馬さんの最後の将軍は正直に言って、面白くなかった。
資料を十分に集めて吟味して史実に沿って書かれた小説という印象。

慶喜さんが魅力的じゃないから面白くならないのは仕方ないといった印象。


そう! 慶喜さん官僚的で面白みがないうえに愛嬌もない。
誠実な人間味もない。国を再構築する夢もビジョンもない。

頭脳明晰で、事の成り行きを見通す鋭い見識と情勢を見極める目を持っている。

だから、皮肉にもここぞという時に一人で逃げるという恥知らずな判断をする。



こんな人をなんで幕府は最後の着地点を決める時の頂点に据えるかなぁと思う。

沈んでいく徳川の尻拭いを誰もが嫌がって押し付けたにしても・・・。



人間が小さすぎるわ。



頭がよくて口が達者で、口で言い負かすことにかけてはズバ抜けていたらしい。
それって、野党の枝〇さんみたいじゃないと直ぐに浮かんできた。

口先で人を攻撃するのは得意だけど、国の将来像や舵取りの具体的なビジョンはちっとも伝わってこない。
私達が聞きたいのは大臣たちの失態攻撃ではなく、具体的な政策論争なのに。
自分の弁舌に酔い満足するタイプって、、、。
底が浅いと感じるのは私の悪い癖かしら(-_-;)



司馬さんも書いておられるが、将軍の器じゃなかったのよね。
本人もそれは分かっていた。
だから直ぐに逃げる。
本当は薩摩や長州と一緒に新体制の一員として徳川もやっていくつもりだったのに薩摩に除け者にされ煮え湯を飲まされた。


この本を読んで、
頭が良くて、切れ者で、先が見通せる。これでは冷たい印象しかない。
それを人としての温かみでもって包み込まないとね、人間社会では浮き上がり溶け込めない。



私に欠けているのはこの温かみだな。(´-ω-`) あせあせ(飛び散る汗)







posted by win-manma at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189038300
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック