2022年05月29日

備忘録「鹿の王」上橋菜穂子著

DSC_0241[3150].JPG


北の戦士だったヴァンと若い医術師ホッサル、二人の主人公の思いを軸に繰り広げられる壮大で深い”生と死、愛”を描いたファンタジー小説

ファンタジー小説は好きなジャンルではない本なのだが、

著者の上橋菜穂子氏の経歴に興味を持って読んでみたいと思ったのだった。
氏の専門は文化人類学。
オーストラリアの先住民アボリジニについて研究
立教大学大学院博士課程単位取得(文学博士)
現在、川村学園女子大学特任教授。

この小説の軸に感染症がある。
犬を介して感染する狂犬病よりも強く早く人の命を奪うウィルス黒狼熱

今、コロナに翻弄されている我々にとってとても身近に感じられる事が随所に出てくる。
2015年に本屋大賞を受賞しているのだからコロナよりずっと前に書かれたものなのだ。
生と死について深く清く描かれている。
医術師ホッサルの死生観、ヴァンの死生観を通して命の輝きを見事に読者に伝えてきてくれる。

ヴァンは40代の静かな深みのある男。
妻と子を亡くしている。その哀しみを抱いて生きている。
そのヴァンの心に灯る静かな優しさとやすらぎを著者は見事に描いている。
大人の愛情の柔らかな静けさに安堵し美しさすら感じた。
大人の男女の機微を美しく描いてくださっている。


しかし

この本、難しかったし読みにくかった。

登場人物と相関図を理解するまでに我が頭は付いていけず、ストーリーを字ずらで読んでいるだけの消化不良の読書が結局下巻最後まで続いた。

黒狼熱という病名の横に(ミッツァル)とフリガナがふってある、強大な支配国東乎瑠(ツオル)こういうのがいくつも出てくる。

国と国、部族と部族の名称も聞きなれない単語で頭の中を素通りする。
その相関図となるともうお手上げだ。


それでもちゃんと読みたいと思った。
二度目
ある程度ストーリーを知っているので余計な想像が起きず読み進めることができた。
ようやくそれぞれの役割が理解できて上下関係や横のつながりが頭に入ってきた。

もう一度、つまり三度目読んだらまた違った感想を持てるのかもしれないと思った。


今年、アニメになったらしくネット上はその番宣だらけだ。


いやー、アニメではなく壮大な北の大地の自然の美しさを存分に映画で見たいと思った。



製作費相当なものになるのでしょうが、期待しています。





.

posted by win-manma at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189566360
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック