2008年10月20日

復活

長いことブログを休んでしまいました。がく〜(落胆した顔)



実はネットショップを立ち上げたんです。



一年前から趣味で陶芸家のページを作るために近くにある30軒近い窯元を回りました。




主婦はキッチンツールや食器や雑貨が大好きです。 黒ハート




陶器や磁器やガラス、銅、塗り物 曲げ物



子供が中学生になってお弁当が要るようになり、

お弁当箱を買う時、manmaは秋田の曲げわっぱを買いました。


デパートの2割引セールで6400円でした。




プラスチックはかわいいのですが、ご飯の水分を調節してくれないんです。




随分前から、手仕事に興味がありました。

日本人の匠の技はスゴイんですよ。




一時はノリタケの工場に行って、B級品をよく買いました。

その時は磁器にはまっていたんですね。 わーい(嬉しい顔)


洋食器の金彩の入ったお皿を揃えたり、
紅茶のポットを安く手に入れて幸せだったり・・・ぴかぴか(新しい)




その熱もやや冷めて・・・と言うより



お友達にどこに置くの がく〜(落胆した顔) と呆れられて たらーっ(汗)













去年、趣味で、北九州と直方の窯元を渡り歩き、話を聞き、ホームページを作つくりました。
http://tit-hp.com/tougei/tougeika.html



その時、文部大臣賞をとったりする立派な陶芸作家さんが、

『 日々は日用品を作っては、行商してまわっとるんです 』
とちょっと寂しげに仰ったんです。




陶芸教室をすると生徒さんのお世話で自分の時間が作れず賞を取るような作品が作れない んだそうです。その上、最近は100円ショップに圧倒されちゃって・・・




この時、manmaは衝撃を受けました。 どんっ(衝撃)





なにかおかしいぞ exclamation×2




何のための受賞だ exclamation
芸術としての価値は認めてもそれが生活のメリットに繋がらない。

だから、そんなくその役にも立たない賞状なんかより、栗原はるみの雑誌に使ってもらったほうがどれだけ価値があるか・・・と賞になど目もくれず、売れる食器を作って高く売って儲かっている作家もいるんです。




ゴッホの時代じゃあるまいし、
毎年毎年大きな賞を受賞しNHKの教育テレビでも紹介されるような人の食器が1000円2000円なのか ちっ(怒った顔) 


受賞作品はもちろん高いですよ。




でも、1000円2000円の食器を焼いて遠くのフェスタに出向いて売っているんです。




安い値段を付けるからいけないんじゃないですか と言いたくなります。 





そこで、ネットショップを作って、売ってみたいと思いました。




だから、掲載料も頂かないんです。



売れたら、少し頂きますね。
と言うところから始めることにしたんです。







日本の匠の仕事を見て感じてほしい。

良い品物を身近に置いてそのエネルギーを感じ取り、自分の内面を満たす手触りや味わいを自分の内なる力として蓄えてほしいと思うのです。



物の値打ちとはそんなものだと思うのです。




100円ショップの皿が悪いとは言い切れません。



しかし、何かが違う。





以前、


ビードロのグラスを100円ショップで買ったことがあります。




気泡が入って売り物にならずに100円ショップにやってきたもののようでした。



しかし、吹きガラスの味わいがありました。かわいい

淵にグリーンが入っていて牛乳を入れるときれいでした。

とても気に入っていたのですが・・・割れてしまいました。





manmaのネットショップでは欠けたり割れたりしたら修繕も引き受けるんですよ。

陶芸作家とのコラボレーションだからできることです。

このショップでは今5人の陶芸作家さんに登場してもらっています。それぞれに作風が違っていて楽しいです。



http://tit-hp.com/tit_craft-indx.htm

  ハートたち(複数ハート) 宜しくお願いします。 ハートたち(複数ハート)





にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



にほんブログ村 トラコミュ ハンドメイド作家さん集まれ♪(*^ー^)ノ♪.:*,  *へ
ハンドメイド作家さん集まれ♪(*^ー^)ノ♪.:*, *
posted by win-manma at 00:51| Comment(0) | 暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]