2010年09月28日

中国へンです。

中国の様子が変ですね。



manmaの勘では何か内部に問題抱えているように感じますよ。




尖閣諸島問題を見ていると豪(えら)く挑発的でしょう?


フィリピンとかインドネシアでも領海を侵しているそうです。



共産党内部で軍の押さえが効かなくなりそうなのか、経済が弾けそうなのか・・・。


キナ臭いです。あせあせ(飛び散る汗)

どこかで一発ぶっ放しそうなムードを感じます。



もし、東シナ海或いは尖閣諸島付近でぶっ放して日本が騒ぐとします。


海保の船に損傷なり人的被害なりが起きた場合、日本はどうすると思いますか?


アメリカに安全保障条約どおりの動きを期待して「助けて」と言うでしょうね。



アメリカはそれに直ぐに答えると思いますか?



アメリカは日本の民主党の普天間処理で嫌気がさしていますよね。そんなところから助けを求められても「ハイハイ喜んで君のために命がけの戦しますよ」とは言いません。

やおら重い腰を上げて「約束だもんね、仕方ない一応出掛けるか」



そして、中国に対して「駄目でしょう exclamation」と言う。


その時中国はどう出ると思います?



「アメリカさんのお手を煩わせてごめんなさい ムード

「もうしません (;´Д`A ```」



中国が着地点をこのように決めて日本に対して威喝しているとしたら・・・。



要するに、日本の無力さと腰抜け具合を世界に知らしめることには成功するわけだし、

アメリカに花を持たせ、アメリカの威に頭を垂れればアメリカのプライドをくすぐる事にもなり、アメリカとのパイプは太くなる。


中国とアメリカがギブアンドテークで手を結べば、日本もフィリピンもインドネシアも無力に等しい。




民主党さんは中国寄りの政策をしてきたわけですよね。

鳩山さんはホットラインがあるとか言ってますし、小沢さんは何百人も引き連れて中国のご機嫌伺いしてきたわけですから。



その結果がこれです。



アメリカとの太いパイプをズタズタにして取り返しつくんですか?


一日も早い普天間の解決を図らないと信頼の絆は切れてしまいますよね。






尖閣のことからも中国というお国柄見て取れたでしょう?


裏切りの歴史を繰り返す国民性は今に始まったことではありません。


心許せる相手ではありません。
日本は中国の傘下に入るつもりなのですか?

自立した付き合いがしたいなら疑いながら付き合っていかなければならない相手国です。



中国と付き合うならアメリカとの絆は蔑(ないがし)ろにできない。



どうも、単なる衝突事件として処理したいと政府は思っているようですが、中国の出方へんですよ。



中国の腹の内よーく見極めないと取り返しの付かないことになりそうで・・・。恐いです。たらーっ(汗)





ランキングに参加しています。

上位にランキングされるともっと書かなくちゃと張り切るタイプです。宜しくお願いします。(^^ゞ



ブログランキング にほんブログ村


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 子育てブログへ


人気ブログランキングへ



posted by win-manma at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40984876
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック