2011年02月15日

年金支給を70歳??

土曜日のニュース新書で与謝野さんが年金支給70歳からについて


65歳なんて若いです。みなさんお元気ですよ わーい(嬉しい顔)

これからの人はきっと働いているでしょう?


働いている方がいいんです。幸せなんです !!


今すぐと言うわけじゃない、70歳の支給開始を話し合う必要が充分にある。


なんて言っておられました。あせあせ(飛び散る汗)




騙されてはいけません。exclamation×2



この発言、裏返せば70歳まで働かなければいけない、働いて当然だ パンチ と言っているのと同じです。



働かなければ生きてゆけない。状況と
年金で最低限の生活が保証された状況で、生甲斐や社会のために働くのとは大違いです。


年齢が高くなれば健康状態の開きは大きくなります。


総人口の30歳代の元気・健康割合と、60歳・70歳代の元気・健康割合は決して同じではないはずです。


健康に不安を抱えながら働かなければならない高齢者の姿は不幸ですよ。



現在でも60歳代の多くが定年退職後、疲れがドッと出て病に倒たという話を聞きます。


これは老人だけの問題ではないですよ。若い人にとって、もっと切実でかわいそうな話です。

70歳までも年金を払い続け、70歳からようやく年金暮らしが出来るなんてかわいそうです。もうやだ〜(悲しい顔)



ますます、払わない人が多くなるのは目に見えてます。

俺は私は70歳まで元気で働き続ける自信は無い。せめて65歳(人によっては55歳かも)からは自由気ままに働き遊ぶぞ!
「さぁ、何年、気ままに遊び働けるかなぁ」 

そう思えてこそ幸せでしょう?





国は年金がジャブジャブ入っていた時に溢れるお金をどう使ったらいいだろう、置いといても邪魔だし・・・

増やさなきゃ exclamation 使わなきゃ わーい(嬉しい顔)

そして・・・ あれれ、足りないんじゃないか 足りないぞ!! がく〜(落胆した顔) という状況になっているんでしょうね。



その付けを70歳支給にしてしまおうなんてムシがよすぎます。ちっ(怒った顔)



生活保障と年金、老後の幸せの形。


これを前提に語られて然るべきでしょう。年金の金庫の残高を前提に語るべきじゃない。exclamation×2


本末転倒とはこのことです。


しかし、無い袖は振れない。だからと言って70歳支給開始はひどいです。






winとmanmaのブログ来て下ってありがとうございます。winは今日も元気です。

ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ

人気ブログランキングへ


タグ:年金 70歳
posted by win-manma at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43435867
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック