2011年03月21日

ACのCMの逆効果

一週間テレビの地震報道を見ていて疲れました。あせあせ(飛び散る汗)


特にACのCMにはうんざりしています。




テレビというのは情報を流しているようでいて、不安を煽っている部分が大きいですね。


あのACのCMにしても、優しい思いやりを促しているようにみえて、実は社会不安を招いている。


優しくしましょう。親子の絆を思い起こしましょう。挨拶をしましょう。と一日中繰り返されると
人間関係・社会秩序のうっとうしさを連想します。


もっと深く感じる人はあのCMの本質的間違いを感じているかもしれません。



妊婦がひときわ大きなお腹を手で押さえつつ目の前に立ったら・・・

席を譲らないわけにはいかない感覚に襲われる。いや当然席を譲る。
そんな風に思いましょう考えましょう。
そして、行動しましょうとCMは言っています。


若者の大多数があんな風に老人の手を取って階段を登る姿は不自然です。滑稽です。
若者は老人が階段で転ばないか気をつけて見守ってやればいいんです。
そして、転びそうになったらサッと体を支えてやる。これは心優しくなきゃできない。

「一々手を取られて階段上がらなきゃならないほど私はくたばっちゃいない!」と多分老人は怒ります。(笑)

「着かず離れず」それが大切なんです。


妊婦にしても、座ったり立ったりすることの方がよほど大変なんです。
少しくらいなら立ったままの方が楽な時だってある。


それなのに、「どうぞ ハートたち(複数ハート)」と、私はとても親切なの感謝してねと席を譲られる。

席を譲れない人の多くはその微妙な気持ちのズレに気付いている。
自分はスマートに振舞えない。あせあせ(飛び散る汗)
例えばフーテンの寅さんように笑顔で迎えて「ここに座わんなヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ」と格好良く出来ない。
相手が笑顔で受入れてくれるその優しさが自分に足りてないことを知っている。



優しさや思いやりの気持ちは湧き上がる自然の感情でしょう?

ACは、湧き上がった感情を行動に移すことの大切さを教えているのでしょうが・・・

それを行動に移すことの難しさを分かっていない。(-д-`*)


それは、人間力、経験、人としての厚み(篤み)があって始めて出来るようになることを。



今回人々があのCMを不快に感じているのは、その薄っぺらな啓蒙感覚にあると思うのです。

啓蒙=人々に正しい知識を与え、合理的な考え方をするように教え導くこと。(大辞泉)



優しさや、思いやりは教え導くものじゃない exclamation



妊婦が目の前に立ったら、降りるようなふりをしてさり気なく立って空席を作る。

それが普通の人が出来るせめてもの思いやり優しさです。


「どうもすみません」と気を使わせては親切とは言えません。

また、妊婦なんです!老人なんです!席を譲って当然でしょう。ちっ(怒った顔)と思わせてしまう社会は変です。


黙って席を立って別の車両に行った人に心の中で「ありがとう」と思うほうがきれいです。





今回の震災で誰もが「何かして差し上げたい 揺れるハート」と思った。

気持ちが一つになった。優しい気持ちになった。
心の奥の方から「自分はなにができるだろう」と思った。



そこにあの薄っぺらな優しさ啓蒙CMで優しさを促された。

簡単に言ってしまえば、

勉強する気になった子に「早く勉強しなさい! ちっ(怒った顔)」という馬鹿な親と同じレベルであることを証明した格好になった。



人々はもっと深いところで優しさを自覚している。


その優しさを怒りのエネルギーに変えないように・・・

地震発生から10日が過ぎた今、
人々を啓蒙するお偉い方々は、じゅうぶんに配慮しなければならない局面に来ている。




優しい気持ちを持ち続けることはできないように人は出来ています。

どんなに優しい人でも心の奥に冷たさを持っています。色々な感情を持っていて心の健康は保たれている。

一度高ぶった感情の次に来るのは怒りか、無気力です。
多くの国に見られる天変地異のあとの暴動や暴挙がそれです。


しかし、日本人は賢い。




もう既に日常の平常心を取り戻そうとしているようにmanmaは感じます。


この震災の復興が希望へと繋がることを人々は願っています。



そして、その希望が長年日本を苦しめたデフレ脱却へと進むかもしれないという希望に繋げなきゃいけない。

ピンチはチャンスです。今こそ政治の力が必要です。





winとmanmaのブログ来て下ってありがとうございます。winは今日も元気です。

ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ:地震 政治 復興
posted by win-manma at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43945219
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック