2011年05月12日

自然エネルギーへの移行

浜岡原発の停止が決まりました。



菅さんが要請。



中部電力が「損失を出さないで済むようにちゃんとしてくれたら止めます。」


ということになったようです。




又しても、唐突に決まりました。




ジャーナリストの桜井良子さんは、

菅さんが、巷の声を聴いて人気取りに使ったと言われているようです。



多分にそれはあるだろうなと思いますが、
間違った方向性でもないので、まぁいいか(・・。)という感じで巷の者は受止めているんだろうなと思います。




ただ、根回しや、結果を想定した思惑も無く、思いつきで動くとつまらぬ所で損をしますよね。


補償問題とかで思わぬ出費を要求されると思うんです。



話を詰めるというのは、その辺の駆け引きを計算することに意味があるわけですよ。


官僚にその辺をしっかり押さえた計算をしとけよ!と指示しておいて、原発中止をお願いしたのならいいのですが・・・

海江田さんが浜岡に行った翌日「浜岡原発停止を要請しました。」と得意げに花舞台に立って言ってましたからね。


結果、「今まで通り紐付き財源だしますよ」「停止する為の費用も火力なり水力なりに掛かる費用も全部見ます」と言ってました。


しかも、防波堤が完成すれば又動かすんでしょ、
岩手県釜石湾にある「世界最深」の防波堤が無残にも打ち破られた現場見たでしょう?


大自然のエネルギーに耐える防波堤なんて、もう誰も信用しません。


それでも、浜岡に莫大な費用を掛けて防波堤を作り、原発を再開するという。
そして、一旦中止の為の費用を税金で払うという。



なんだか、力が抜けてしまいます。バッド(下向き矢印)






浜岡を中止させるための策があるわけじゃ無さそうなところが菅さんらしいです。


とりあえず、「反原発に動き出したみたいだから、俺もそれに乗らなきゃな ひらめき」的発想が見えますよね。




本当の政治家なら、自然エネルギーへのシフトのシナリオを思いつくはずなんですよ。


自然エネルギーの牽引役をどこにやらせるか、どこの分野の産業を伸ばす方向に持っていこうかと考えるのが政治家の思惑であり、楽しみでもあるわけじゃないですか?



50年前、中曽根 康弘さん達は
「原子力エネルギーは凄いぞ!」
「やはりこれは電力会社にさせるしかないだろう、いや政府で管理したほうがいいんじゃないか?」
「いや技術開発はアメリカから買えばいいんだ、この売買を利用してアメリカと仲良くできれば今後日本はアメリカと共に成長することが出来るようになるんじゃないか」
「随分前から経済界がうるさく言ってきているんだ。」
「発電と送電の問題はこのままの形でいくんだな」
「電力会社も随分欲張りだな」

そんなやり取りがあり、心躍らせて日本の未来を考えたんだろうなと思うんです。

だから、50年もの間、続いたんでしょうね。



今、政治はこの議論をしなきゃいけない。


自然エネルギーを日本に定着させ、広め、効率よく運用させる為に日本をどう動かせばいいか。
原発を減少させながら自然エネルギーに進むわけ・・・
何故、直ぐにやめないのか、
原子力が担っている30%の電力をまかなうものが他にないからです。
だから時間が掛かっても、慎重に経済力を落とすことなく原発を減少させつつ自然エネルギーが原発の30%に取って代わる体制に持っていかなくちゃならない。



この転換期に政治家でいられる人は幸せですよね。


これは、官僚ではどうにもならない。


国の方向性を決めるのは政治家ですから。ひらめき



責任感を持ってしっかり考えてください。
そして、話し合ってください。ここから国が栄える道筋を想像してください。





winとmanmaのブログに来て下さってありがとうございます。
winは今日も元気です。

ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by win-manma at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45131705
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック