2011年07月10日

自民党、しっかりしてください。

実は先の衆議院選挙の際manmaは民主党に入れていません。



公明党は創価学会の人の為の政党だという固定観念が拭えないためパス。
最近、宗教抜きに見たらいいなぁと思うようになりました。わーい(嬉しい顔)



みんなの党は渡辺代表も江田幹事長もしゃべり方が嫌いなのでパス。



ということで、野党になると分かっていましたが自民党に一票を投じました。(笑)あせあせ(飛び散る汗)




野党になる前の自民党の官僚依存のていたらくを、子供から聞いてはいましたが、民主党の掲げることが絵空事にしか聞こえなかったんです・・・。今更こんなことを言うのは嫌なんですよ。あせあせ(飛び散る汗)


「じゃ、あの時そういえばよかったのに卑怯だよ」と誰でも思いますもんね。(`□´)コラッ!




当時のブログを読み返すと、それでも多少民主党に期待していたみたいです。(笑)




誰もまさか与党としての基礎知識も学習能力も無いとは思いませんよ。ちっ(怒った顔)



あれだけ、民主党を押して押して押し上げた田原総一郎さんでさえ激論!クロスファイアという番組で「まさかこれほどヒドイとは・・・どうしちゃったの? この国はどうなるの? こりゃ大変だ!がく〜(落胆した顔)」と言っていますからね。

  田原総一郎公式ブログ



辞める、辞めない、言っていない! と、首相の席に執着する意思表示のみが伝わってくる総理大臣。









この国をどう引っ張ってゆくのかということより、総理大臣という地位にしか執念を燃やしていない総理大臣を引き摺り下ろすことが出来ない野党第一党の自民党に腹立たしさを感じます。


首相というのは辞めたくなければいつまでも居座ることが出来るし、解散権もあります。


とことん追い詰める腹を括らなければどうしようもないです。



この状況で解散総選挙と言う狂気や勇気があるなら言ってみろexclamation



瓦礫の始末も出来ない。原発も終息できない。
福島県民は被曝の危機にさらされ続けている。セシウムが人体から検出されている。
この状況で解散総選挙を言ったら政治家生命の終わりです。(゚゚;)エエッ



自民党は日本を立て直す為の準備を始めるべきです。

自民党は少なくとも官僚の働き方をよく知っている。それを最大限に活かす方法を知っている。


これ、強みです。exclamation





どう見ても菅さんはまともじゃない。

国民も気付きはじめています。マスコミも気付き始めています。


こうなったら万全の体制を作り、『解散総選挙』と言わせるように持っていかなきゃ。



自民党は、安倍晋三さんをもう一度党首に据えた方がいいんじゃないですか。

若いですし、総理経験者ですから前回の経験を活かした働きが出来るはずです。


憲法改正を論ずる空気も整ってきましたし、安倍氏には世の中が見えているようです。



谷垣さんじゃ申し訳ないですが、戦えません。

まだ、全体が見えていないように国民には見えます。そこが頼りなさの原因でもあります。




まぁ


震災後の混乱と一票の格差の問題から総選挙は憲法に反するという意見もあり、最高裁が認めないだろうといわれいます。



そうなれば解散総選挙はできず、菅さんは居座り、経済はガタガタ、日本は世界から見捨てられる。


そうさせない対策も自民党には求められています。

連立とか、もたれ合いとか、騙したり騙されたりそんな次元で茶番劇をやっちゃダメです。

国民が希みを託せる政党として政治家としての、生き様を見せてくれないとexclamation







自民党、しっかりしてください。ちっ(怒った顔)





winとmanmaのブログに来て下さってありがとうございます。
winは今日も元気です。

ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by win-manma at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46675044
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック