2013年07月12日

東電の吉田所長の訃報

東電の吉田所長の訃報はショックだった。


入院されてなかなか退院されないのが気になっていた。


全然存じ上げない方だけど、3.11の直後テレビで拝見してこの人は只者ではないと感じた。



吉田さんでなければ最悪の事態になっていただろうと、どなたかが言っていた。

あの死を決した作業に従事してくれた人々は吉田所長のもとに集結したのだと。



人がこの人となら死んでもいいか(*'-'*)。と思うことって凄いことだと思う。

そんな風に思える人に出会えたら仕合わせだ。



人との出会いが人生を豊にする。


そんな人に会ってみたい。でも、きっと平和な時には気付かずにいるんだろうな。

周りにいる人の欠点ばかり気になって、、、、。


自分の料簡の狭さから人生を豊にできずにいるのかもしれない。






ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70849885
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック