2012年12月29日

築地へ

今回の上京最終日、築地に行って正月用の数の子と黒豆を買った。


世界一の数の子、500g1500円(丸二商店)というのをネットで発見。



塩抜きをして、今日膜を取る作業をした。

確かに美味しそう。(*^▽^*)

香りが良い。歯ごたえがある。

さぁ、後は出しと味付け、腕の見せ所なのだが・・・そこが問題だ!!!



黒豆は「塩田商店」で購入。

大粒丹波黒豆を300g。

新物よりこちらの方が豆が良いと聞き、見ればなるほど豆が大きい。
迷ったがストーブでコトコト煮るなら絶対にお勧めだと言われこちらに決定。

頑張って上手に作りたい 揺れるハート と意欲満々。


いよいよ今年も残すところ二日。


冷蔵庫の掃除を念入りにしたら疲れ果てた。

全ての棚やポケットを取り出し、洗浄。

庫内を洗浄。

ラップや紙をポケットの底に敷き詰める。

冷凍庫の引き出しを引っ張り出して洗う。


常に掃除をしていても隅々までとはいかない。

マッいいか(*^▽^*)oエヘヘ!と野菜屑をほったらかす。
賞味期限の切れた調味料、まだいけるんじゃない?と思いつつも使えずに日にちだけが過ぎていく。


それらを思い切ってゴミ箱へポイする。


こんな作業を楽しみつつやれる性格ならどんなに人生楽しいだろうと思う。


頑張りすぎてダウンしないように気をつけないと後が怖い中高年。

明日は料理の下ごしらえ、正月の花を活け、鏡餅などの飾り付けもしなきゃならない。


いつになったら、優雅に時間配分も上手に楽しんで正月を迎えられるようになるんだろう。(゚ー゚;Aアセアセ





ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) |

築地へ

今回の上京最終日、築地に行って正月用の数の子と黒豆を買った。


世界一の数の子、500g1500円(丸二商店)というのをネットで発見。



塩抜きをして、今日膜を取る作業をした。

確かに美味しそう。(*^▽^*)

香りが良い。歯ごたえがある。

さぁ、後は出しと味付け、腕の見せ所なのだが・・・そこが問題だ!!!



黒豆は「塩田商店」で購入。

大粒丹波黒豆を300g。

新物よりこちらの方が豆が良いと聞き、見ればなるほど豆が大きい。
迷ったがストーブでコトコト煮るなら絶対にお勧めだと言われこちらに決定。

頑張って上手に作りたい 揺れるハート と意欲満々。


いよいよ今年も残すところ二日。


冷蔵庫の掃除を念入りにしたら疲れ果てた。

全ての棚やポケットを取り出し、洗浄。

庫内を洗浄。

ラップや紙をポケットの底に敷き詰める。

冷凍庫の引き出しを引っ張り出して洗う。


常に掃除をしていても隅々までとはいかない。

マッいいか(*^▽^*)oエヘヘ!と野菜屑をほったらかす。
賞味期限の切れた調味料、まだいけるんじゃない?と思いつつも使えずに日にちだけが過ぎていく。


それらを思い切ってゴミ箱へポイする。


こんな作業を楽しみつつやれる性格ならどんなに人生楽しいだろうと思う。


頑張りすぎてダウンしないように気をつけないと後が怖い中高年。

明日は料理の下ごしらえ、正月の花を活け、鏡餅などの飾り付けもしなきゃならない。


いつになったら、優雅に時間配分も上手に楽しんで正月を迎えられるようになるんだろう。(゚ー゚;Aアセアセ





ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by win-manma at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) |

2012年12月26日

久々の東京

この年末の慌しい時に上京。


やはり、人が多くてゴミゴミしていた。



東京に行くと移動手段は地下鉄になる。



我が子の住まいを拠点に美術館巡りをする。


住まいから地下鉄最寄駅までは7〜8分、そこから銀座まで20分ほど揺られていく。



初日

ブリヂストン美術館に行ってみた。

特別企画はあってなく常設のみの展示だったが、これだけの所蔵品(展示されているのは多分一部)があるブリヂストンの趣味と経済力に恐れ入る。

この日、ブリヂストン美術館近くの骨董店を数件覗いた。


日本橋の「壺中居」の展示物は素晴らしかった。

特に唐三彩、
唐三彩はあの時代にあの色があったことが人気なのだと思っていたが、らくだや馬の造型が群を抜いた物なのだと知った。

大らかで伸びやかで色も落着いて、目に力があった。


数件離れた店に、李朝の白磁の八角に面取りされた18cmくらいの鶴首の壺があった。
いい形だった。

これは現代作家さん達が最近よく作っている形だなと思った。
なかなか李朝ほどの優美さをたたえていないのが実情だ。
高さとふくらみのバランスが難しい。(゚ー゚;Aアセアセ

李朝だと140000円だそうだ。


翌日は骨休めをして

翌々日、三井記念美術館に。

この日は娘も同行。
いたく楽茶碗に見惚れていた。

やはり楽茶碗はイイ。
 楽茶碗の説明はこちらが親切→ http://www.e-uno.jp/raku/



好い焼き物というのはなんとも人当たりの優しい優美さをたたえている。

それは現代作家にも通じるように思う。

古くて値の高い物を求めるのは難しいかもしれないが、
現代作家さんの中にもこのような優美さを持つ人は少なくない。
彼らの作品は数千円から数万円で手に入る。
ただ、数十年経つうちにその真価が表れるので、当たり外れをも楽しむことになる。(笑)




実はmanmaは車の運転が出来ない。

日頃、西に東に気安く動いてくれる夫の運転に身を任せていると、東京の移動に掛かる体力とエネルギーの消耗に今更ながらビックリする。



東京は地下鉄が張り巡らされていて、電車は4〜5分で次が来る。
しかし、常に乗換えを意識していなければならない。
乗り換えに適した車両に乗り込まなければ、かなり歩く羽目になる。


この年末の寒く人で溢れる慌しい時期の上京はやはり疲れた。(゚ー゚;Aアセアセ



何はともあれ日頃の夫の気安く動いてくれる優しさに感謝した今回の上京だった。




次はやはり春か秋に計画的に行こう。(*゚▽゚*)






ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) |

久々の東京

この年末の慌しい時に上京。


やはり、人が多くてゴミゴミしていた。



東京に行くと移動手段は地下鉄になる。



我が子の住まいを拠点に美術館巡りをする。


住まいから地下鉄最寄駅までは7〜8分、そこから銀座まで20分ほど揺られていく。



初日

ブリヂストン美術館に行ってみた。

特別企画はあってなく常設のみの展示だったが、これだけの所蔵品(展示されているのは多分一部)があるブリヂストンの趣味と経済力に恐れ入る。

この日、ブリヂストン美術館近くの骨董店を数件覗いた。


日本橋の「壺中居」の展示物は素晴らしかった。

特に唐三彩、
唐三彩はあの時代にあの色があったことが人気なのだと思っていたが、らくだや馬の造型が群を抜いた物なのだと知った。

大らかで伸びやかで色も落着いて、目に力があった。


数件離れた店に、李朝の白磁の八角に面取りされた18cmくらいの鶴首の壺があった。
いい形だった。

これは現代作家さん達が最近よく作っている形だなと思った。
なかなか李朝ほどの優美さをたたえていないのが実情だ。
高さとふくらみのバランスが難しい。(゚ー゚;Aアセアセ

李朝だと140000円だそうだ。


翌日は骨休めをして

翌々日、三井記念美術館に。

この日は娘も同行。
いたく楽茶碗に見惚れていた。

やはり楽茶碗はイイ。
 楽茶碗の説明はこちらが親切→ http://www.e-uno.jp/raku/



好い焼き物というのはなんとも人当たりの優しい優美さをたたえている。

それは現代作家にも通じるように思う。

古くて値の高い物を求めるのは難しいかもしれないが、
現代作家さんの中にもこのような優美さを持つ人は少なくない。
彼らの作品は数千円から数万円で手に入る。
ただ、数十年経つうちにその真価が表れるので、当たり外れをも楽しむことになる。(笑)




実はmanmaは車の運転が出来ない。

日頃、西に東に気安く動いてくれる夫の運転に身を任せていると、東京の移動に掛かる体力とエネルギーの消耗に今更ながらビックリする。



東京は地下鉄が張り巡らされていて、電車は4〜5分で次が来る。
しかし、常に乗換えを意識していなければならない。
乗り換えに適した車両に乗り込まなければ、かなり歩く羽目になる。


この年末の寒く人で溢れる慌しい時期の上京はやはり疲れた。(゚ー゚;Aアセアセ



何はともあれ日頃の夫の気安く動いてくれる優しさに感謝した今回の上京だった。




次はやはり春か秋に計画的に行こう。(*゚▽゚*)






ランキングに参加しています。
よろしくお願いします。(^^ゞ



人気ブログランキングへ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by win-manma at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) |

2008年03月27日

東京行き 6泊6日(3)

夜、銀座の歩道を歩いているとジャズが 聞こえてきました。


どこかのお店が流しているのかと思いったら、中年のストリートミュージシャンでした。



大人の色気のある優しい音を出すサックス奏者でした。 るんるん 


実力はあっても儘ならない現実をみた気しました。CDを買いました。 同情とかではありません。 我が家居酒屋に合う音楽だと思ったんです。 ぴかぴか(新しい)  

ロウソクを燈して 静かに酒ロックを飲もうと思います。バー









今、道州制の審議が進んでいます。



東京にお金も文化も人も集中する社会のシステムを変え、県を5〜6個まとめて州を作り、産業や地域性を活かした新しい社会を作っていこうという試みだと聞いています。

ウィキペディアによると
外交と軍事以外の権限を全て国家から地方に委譲し、対等な道州同士の緩やかな連合によって国に対し低い地方の地位を押し上げるという案


読売新聞 - 2008年3月24日
中間報告では、「中央集権体制が日本を衰退させている」と分析、各地域が繁栄の拠点として活力を回復できる新しい体制整備が必要だとした。中央政府の権限を限定し、地域で生活や地域振興を独自決定できるよう「地域主権型道州制」への転換により、道州間の「善政競争」が促進され、日本全体に活気がよみがえるとしている。



10年後の実現を目指しているようです。

10年、それから始動し始め軌道に乗るのに5年〜10年 その間に地方はもっと衰退するんでしょうね。


道州制が上手くいったとして、その恩恵を受けるのは今の小学生低学年以下の子供が就職する頃です。
その子たちは東京に行かなくても志を持ち良い仕事に就くことができるようになると信じたいです。




しかし、小学生以上の子供達は地方から東京に冨と文化・知性が集中する時代を生きなければならず。親はその状況の中で子育てをしなければなりません。


教育(全国的な偏差値70前後)には大変なお金が掛かります。


貧乏であれば教育費に多くのお金は掛けられません。


このような現実を東京の人達は知りません。
知りたいとも思いません。 自分らには関係ない パンチ ことですよ。 

地方の人も東京の人がいくら儲かっていても、自分には関係ないと思うのと同じですよね。



でも


それは社会構造としては、おかしいんです。




話は横に反れますが・・・

asahi.com に「 法科大学院の志願者激減 新司法試験の合格率懸念? 」というニュースがありました。


そもそも法科大学院の志願者が1校に4000人5000人というのがおかしい exclamation


H19年法科大学院合格者数9877人だそうです。


新司法試験の合格者数は07年にやっと2000人位です。

7877人の学生は翌年を目指すとすれば1万数千人の学生が新司法試験に集中する事になります。


親は、子供が全国レベルで1000番位にいなければ法科大学院に行かせるのを考えた直した方がいいということになります。
これは、法科大学院制度が始まった当初から分かっていた数字です。


国の方針に踊らされる事はよくあること。ちっ(怒った顔)


国の方針でも おかしいぞ と思い。ちゃんと自分で判断しないといけないんだと思います。




道州制も即効性のある切札ではなさそうです。


東京に集中する 人、物、お金 の流れを変える手立ては、地方自身が考えなければならないんですよね。










banner2.gif
posted by win-manma at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) |

2008年03月26日

東京行き6泊6日(2)

谷中・根津・千駄木( 通称= 谷根千 <猫町> )


10円饅頭が、とっても美味しかったです。(o^-^o) ウフッ



日没が九州より早いので一日があっという間でした。 




谷中銀座という商店街はレトロな雰囲気がいい味わいを醸し出していて親しみやすい商店街でした。

しかもお惣菜が安いんです わーい(嬉しい顔) 




月島のもんじゃ通りには
もんじゃの店が何十軒も軒を並べているんです。
ここにも昭和レトロチックな電気屋さんとかが数軒ありました。




築地でお鮨を頂きました。 久しぶりで美味しかった 黒ハート
やはり築地に猫がいました。 餌に事欠かない恵まれた猫だと思ったのですが・・・



愛嬌がありません。 猫




おばさんが餌を持ってきて与えているので聞くと、
「 猫缶です exclamation 」と、これも無愛想に答えてくれました。





東京は人も猫も、愛想は良くありませんでした。(・_・ヽ)
意味無く愛想笑いなどしないんでしょうね。


(笑)のつぼが違うというのは聞いた事があります。










銀座には素敵なお店、洒落たお店がありました。





一階は本業のお茶屋(茶葉)を売るお店

二階に煎茶(お酒のような物→京菓子→煎茶) 

三階に抹茶(濃茶→京菓子→小薄) 

椅子に座っておしゃべりをしていると、ちゃんとしたお作法でお茶を点てて持ってきてくれます。


私たちは三階で抹茶を頂きました。

濃茶の後に出された乾菓子を噛むと桜の香りが口の中いっぱいに拡り、そのかおりの上品な事・・・。 (*^-^)ニコ



暫くして「ここは寒いので二階においでください。お煎茶を差し上げますので」と言われ

遠慮しないで美味しいお煎茶も頂きました。 いい気分(温泉)

店の構えも接客も・・・恰好いいお店でした。=^-^=うふっ♪





お茶屋さんの数軒隣に日本酒のお店がありました。

地酒を扱うお店のようでしたが、酒器やお酒のケーキ、お酒の化粧品なども売っていました。


試飲することも出来るのですが。

その一角がカウンターバーのようになっており
グラス一杯500円程度で地酒を飲む事ができました。
御摘みもちょっとお洒落でお手ごろ価格。


銀座は洗練されていました。 バー





東京には、人・物・お金 が溢れていると思いました。 σ(゚・゚*)


東京に人・物・お金が一点集中する社会構造の弊害を受けて、地方は疲弊しています。



閉店、倒産、リストラはジワジワと私達地方の生活を圧迫しています。

宮埼に限らず一日も早く「 どげんかせにゃならん exclamation×2


東京の繁栄を見てそう思いました。 がく〜(落胆した顔)

posted by win-manma at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) |

2008年03月25日

東京行き 6泊6日(1)

先週子供に会いに、東京行ってきました。 ぴかぴか(新しい)


21時05分北九州空港発のスターフライヤーです。


スターフライヤーは革張りシート、ゆったり座席でいいですね。 かわいい



1日目、時間を作って山種美術館に行ってきました。

「桜」の特集があっていました。

manma一押しの絵は、奥村土牛 の 『吉野』でした。

yg.jpg

土牛さんの絵はどれもおおらかで大好きです。





夜、有楽町のガード下でドイツ料理とビールを頂きました。


狭い店内小さいテーブル、休日前、サラリーマンで満杯です。

どの席も仕事の話を熱く語り合っています。
お隣の席のカップルも会社の同僚か先輩後輩の仲らしい会話が聞こえてきます。


活気ある風景に、中年の小母ちゃんであるmanmaはエネルギーを貰って得した気分です。(o^-^o) ウフッ


ビールとソーセージ、黒豚のビール煮込みに舌鼓を打ちつつ



ふと  目を横に向けると













確か、会社の先輩後輩 だった はずの カップル



先輩らしき男性がこんな店で 内山理名をふっくらさせたような相手の女性の手を探るようにタッチしているんです。 がく〜(落胆した顔)


こりゃ 下手くそ な男だ exclamation×2 と笑いたくなっちゃいまいした。 (;-o-)σォィォィ・・・



こりゃ又驚いた事に 相手の女性も やんわりと握り返したりしているんですね。 (・_・ヽ)



子供に連れてきてもらっておしゃべりしていたのですが、それどころじゃありません。 ヾ(^-^;)




時々「可愛いね ♡」 なんて言っています。 

言われた女性は 「ウ」 と笑顔で返しています。


 目の奥が醒めています。 熟年の小母さんはお見通しです。



ここまでストレートに ラブゲームを 表示された彼女 どうするのかしら exclamation&question



manmaだったら 「 舐めてるの パンチ 」と言っていたと思うのですが・・・

彼女は大人でした。



やんわりと手を握り返し、ドイツ語が話せるらしいその男を持上げて、「ドイツ語教えてくださいね」 キスマーク 
なんて言ってました。 


そんな風に盛り上がった二人、長い夜になるのかな? 思いきや。



長身でエリート風のその男、割り勘 にしたんです。





そりゃ無いでしょ ちっ(怒った顔)















昔の事になりますが、女性はお金を払ったりしませんでした。exclamation×2




その上、ちゃんと家までタクシーで送ってくれました。 (=^ー^)ノ彡☆゜・★



子供に聞くと
今はそこまではしないし、特別な仲か先輩が後輩に「おごるよ」という時以外は、おごったりおごられたりしないと言っていました。


昔は女性の賃金が低かったから、女性がお金を出すなんてことをしたら、男の面子が立たないという文化があったんでしょうね。




男は元来泣き虫で、乳離れしないで「お母ちゃん!お母ちゃん!」と言っているのを『男でしょ exclamation×2』と言って躾けていた。と何かの本に書いてありました。



今は女性が社会に進出して頑張れる時代になってきました。


元々、生意気で心の成長が早い女性が、仕事の主流に着くようになると、言語中枢の発達の仕方が女性とは大きく違う男性達は、今迄とは違った価値観を持たざるを得なくなってきます。
今はその過渡期である事は確かなようです。



しかし、女性を魅了する男性は今も昔も、女・子供を包み込む 大きな視野と強い力を持っています。


これは女性には敵わない資質ですよ。



女性は“子供と家庭”を守り育てる資質を持っています。




この両者の資質を調和させた社会が今後の成熟した社会の姿ではないかと思います。




ファッションセンス抜群の男性も結構ですが、愛嬌たっぷりのセンスが光る男性に女性は弱いんですよ。(( ヽ(o^ー゚)
posted by win-manma at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) |