2018年04月07日

老人性乾燥肌、皮脂欠乏性湿疹

老人性乾燥肌の皮脂欠乏性湿疹になっていた。('◇'*)エェッ!?


原因は、床に仰向けに寝て足を持ち上げ、膝を顔の上まで持ち上げる体操。
要するに鋤のポーズの途中までを10回繰り返す体操。


昨年夏、五十肩になり肩甲骨が固まっていると言われ、整形外科で教えてもらった体操をずっと続けていた。
この時、お尻が床と摩擦して痒くなることがある。

夏場はなんとも無かったのに、ここに来て猛烈に痒くなった。
猛烈に痒いのでついつい掻いてしまう。
とうとう酷い湿疹になってしまった。

痒み止めを塗っても治らず悪化する一方。
仕方なく、娘が置いていったベビー用のステロイドを塗ってみた。
2〜3時間だけ痒みが治まる、又塗るを繰り返す。

しかし
こんな場所(お尻)を医者に見せたくはない。!!!

そこで気付いた。
公衆浴場で見たことあるぞ。
お尻の上のほうが赤かったり黒かったりするご老人を・・・。

そこで調べてみた。

皮脂欠乏症(乾皮症)が悪化すると皮脂欠乏性湿疹となる。のだそうだ。

これだ!!

さっそくアルガンオイルを塗ってみた。

痒みが治まった。(*'-'*)エヘヘ

掻き毟って出来てしまった湿疹には
自家製万能薬(蓬・ローズマリー・アロエのアルコール漬け液3年物)を塗って治した。
この万能薬は本当に重宝する。薬品にアレルギーが出る私のとっては必需品なのだ。



皮脂欠乏症(乾皮症)は上半身より下半身に起こるらしい。
今年の冬は寒かった。
そういえばこの冬、足の皮膚がカサカサしていると気づき、毎晩アルガンオイルを塗っていたのだった。



今回の猛烈な痒みは、皮膚が乾燥して薄くなっているところを支点にして体操したことで、皮膚が悲鳴を上げたらしい。




介護の仕事をしている友人が言っていたことを思い出した。

老人介護で入浴できない人の身体を拭くと皮膚が剥がれて粉になって飛び散るのだそうだ。
友人は呼吸器が強くないので咳が出ると言っていた。



着実に老化しているんだなぁと思った。ちょっと早くないか?
(゚ー゚;Aアセアセ



.
posted by win-manma at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2018年04月03日

エラーメールが一日100通

英語のエラーメールが一日に100通も来るようになった。

スパム等のウイルスや登録したサイトなどからメールアドレスが盗まれ、悪用されているようだ。

私のメルアドを使って数百数千の悪質なメールを送っているのだと思うと気持ち悪い。
エラーメールが届くということは不当たりがその数だけあるということなのだと思う。

全て迷惑メールボックスに自動的に収納されるようにをしておいたが、
毎朝メールボックスを開くたびにせっせと迷惑メールに流れ込んでいくそのメール数を見ると罪悪感が湧いてくる。

何とかしなければダメだ。(;`O´)oコラー!



調べてみた。
OCNのメールが犯されているので、「迷惑メール 英語 大量 OCN」で yahoo検索。

下記の「英語のエラーメールが大量に届く場合の原因・対処方法」がトップに出てきた。
https://support.ntt.com/ocn/support/pid2900000odt 


パスワードを変えてみたが効果なし。
仕方ないと観念して昨日、メールアドレスを変えた。


メールアドレスは色々なところで要求されるし、大切な情報も送られてくる。
それら登録先全部のメールアドレス変更をしなければならない。
面倒だ。


しかし

以前のように複雑で面倒なことが起こることもなくスムーズに進むように改善されていた。

セキュリティー面で進歩してくれたおかげなんだろうなと思う。

私が何者なのかを確かめる為に、自宅の電話に暗証番号を知らせる音声電話が掛かってくる。
その番号を定められた時間内に打ち込むことで確認が取れる。

中には携帯に送られた暗証番号と、自宅の固定電話に送られてきた別の番号とを打ち込む二段構えの手の込んだ登録サイトもあった。


迷惑メールなるものは、なんとも迷惑なことである。
しかし、それに打ち勝つ手立ても日々進化しているのだと感じた。



そもそも、このメールアドレスが悪かった。
昔はアダルトだと判定されて迷惑に自動的に振り分けられてしまうことが多々あった。

t* *これは会社を始めた時のメンバーの頭文字だったのだが、、、
英訳するとおっぱいになるよと後で指摘された。(笑)


アダルトサイトが欲しがりそうなメルアドだわ。@のあとにははーとまで入っているんだもん。(;´▽`A``
20年程前、メールアドレスがこれほど重要になるとは思わなかった。

それにしてもセンス悪すぎだわ。(笑)


.
posted by win-manma at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2018年03月21日

子供達の未来

昨日、池上彰氏×磯田道史氏の対談番組があった。
『池上彰の5夜連続 BIG対談』

テーマは『政治不信』『国の借金』『日本の外交』『少子高齢化』

これからの日本を想像するに、将来が明るいと思っている人は少ない。

これから産業はどう進み、経済はどうなっていくのだろう。
日本は世界の主要産業の一翼を担っていけるのだろうか。
主要国の一員として連なっているのだろうか。
世界はどう進んで行くのだろう。誰(国)が世界を牽引していくのだろう。

私のような普通のおばさんでもその先行きの見えなさに戸惑いを感じている。

体力・気力が尊ばれた時代からエンジニアなど技術や知識を持つ人が尊ばれる時代になり、今もそれは続いている。


しかし

これからは違うんじゃないかと私は感じている。


私は娘を育てるにあたり、知識人として社会的に通用する人になってくれればいいのだとは思っていなかった。
法学部に行って知識を身に付け、それを役立たせる職業に就ければいいじゃないかと思っていたわけでもない。


法律の知識を持つことは大変なことではあるが、それ以上のなにか。
社会の方向性を見つめて進める人材、人間力ある人材になってくれる事を期待していた。

その為には、グローバルな視点から日本を客観視できる頭脳を持って欲しいと思った。


広い視野をもった人に育って欲しいと思っていた。




昨日の対談を見ていて磯田氏が面白い事を仰った。
“反実仮想”「もし〜だったら」と想像して未来を読み解く。

つまり、これまでの倣いに依存しきってしまう考え、寄らば大樹的に流れに身を任せるのではなく
「???」疑問を持って考えてみましょう。想像したり想定したりすれば何かが見えてくるのではないかと。



そして、AIは問題の答えを導き出す能力には優れているが、問題を作る能力は備わっていないとも言っておられた。

これからの社会は問題を解く人を大量生産してもダメだ。
問題を提起できる人が必要なんだと。


なるほどそうかもしれない。そうだろう。



AIについては日本は既にアメリカ中国に遅れを取っているのだそうだ。
その先を考えなければならないと。



これからの教育は問題を解くという技術や能力を持たせるのではなく、
AIに課題を提供する発想力、能力が求められるということになるらしい。



さて、それはどのような教育によって培われるのか。


孫は先日2歳になった。

パパとママからのプレゼントはピタゴラス。
孫は今これに挑戦しているらしい。

なかなか上手くいかないと腹を立て悔しがり、泣き出すそうだ。(笑)


出来ることが大切なんじゃない。
出来ないことに悔しがり泣くほどの思いをする。
そこが大事なんじゃないかと私は思う。


娘はそんな孫を呆れつつ見守っているらしい。


それでいいそれでいい。

そんな気がするぞ。ヾ(・ε・。)



.
posted by win-manma at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2018年03月10日

気性が激しい?

習字を習っていることは時々このブログに書いている。
50代〜80歳のご婦人達15名ほどの中に混じって月に2回、楽しい時を過ごしている。

ちょっと入りにくい、敷居の高い雰囲気のこの教室。
生徒の半数が既に師範の免許を持っておられる。
皆さん素晴らしい書を書かれる。
この教室では先生を除く十余名が、ライバルなのだ。
悔しいから頑張るぞと思える人を持てるのは嬉しいことである。


優しく穏やかに、その時々先生が生徒それぞれに対して指摘される点を我が事に反映して受け入れようとされる人が私は好きだ。

が、中にはライバル心剥き出しの怖いお婆様もいらっしゃる。
この年齢のご婦人たちというのは、人生が立ち居振る舞いや言動に如実に表れる。
この怖いお婆様はどんな風に生きてこられたんだろう、ご家族は大変だろうな、息子にお嫁さんはいないと言っておられたが、お嫁さんは大変だろう。イヤイヤ案外お嫁さんに尽くすタイプかもしれない。なんて勝手に想像したりしている。(笑)



昨日は先生が私の書を見て、字の強さを指摘された。
筆圧があり墨が食い込んでいて迫力があると褒めてくださった。

すると、そのライバル心剥き出しのお婆様が仰った。
「強い字を書く人というのは性格も強いんでしょうね┐('д')┌」と。


数年前ならきっと私は傷ついた。(゚゚;)エエッ
しかし、三年も経つと馴れてしまった。

この人はこういうことを言う人なのだ。
誰にでもこんな風なのだと分かっているから、教室のみんなもそう思っていて呆れつつ聞き流している。

達観に至らないで感情をむき出しにする人に対しても、そういう人なのね。ヾ(・ε・。)ォィォィ 、と。


中にはこのお転婆さんを上手に扱っている人を見ることもある。
この人、世渡り上手だなぁと感心したりする。
私はこの手の世渡り上手になれない至らなさがあるよなぁと思ったりもする。




歳を取ると、多くの人が人生の経験をへて利口になり、水飛沫を寛容に受け止められるようになる。
教室の素敵なお婆様方と見ていてそう感じることがよくある。


歳を取るというのは好(よ)いことだな。幸せなことだな、老境というのもいいなと思う。





ちなみに、わたくし気は強いですが、気が荒くはないですよ。



(*^▽^*)oエヘヘ!



.

posted by win-manma at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2018年02月28日

Amazonでのお買物

Amazonのプライム会員になって1年が経ったが、恩恵にあずかってはいないと感じ、退会した。

Amazonでのお買い物にはちょっとしたコツがいることをご存知だろうか。
私は商品選びの時には必ず口コミは読ませてもらう。
なかなか届かない、箱が破れていたと不満を訴えている人。
商品についてもとても良かった。話しにならない返品した。というのもかなりある。
このような口コミは判断材料としてとても重宝する。

文面を見ていると、これ身内に書いてもらったんじゃない?と思えるものが意外に多くある。
ただ褒めればいいというものではない。
身内なら身内ならではのコメントというのがあるだろうに、成り済まして書かれているなぁと感じれば信用を失くす。そういう業者はそのうちAmazonから消えてなくなる。
冷静に感想を述べている文章には説得力がある。

意外に気付かれていないのが、多数の業者が同じページで同じ物を売っているということ。
amazon.png

上の玩具を購入する場合、このままカートに入れて買うと、
ラサンタstoreの商品を買うことになる。
赤い四角で囲んだ「こちらからもご購入いただけます」の中の『発売元: Amazon.co.jp』のカートを押すとAmazonが仕入れた商品を買うことになる。

私は必ずAmazonが仕入れて販売している物を買うようにしている。
どうもAmazonの仕入れ基準というのはシッカリしているようだと感じているからだ。

箱が破れていたり、発送が遅れるような場合はAmazonに登録して売らせてもらっている業者の場合が多いように思う。
私も何度かAmazonでの取扱いが無くてそのような業者の物を買ったことがある。

企業の姿勢というものはそんな細かなところに現れるのだなと今更ながら感じる。



そんなAmazon大好き人間の私がプライム会員をやめた理由は会費だ。
Amazonプライムは 3900円/年
コストコの会費は
・ビジネスメンバー(法人会員) 年会費 3,850円(税抜)
・ゴールドスターメンバー(個人会員) 年会費 4,400円(税抜)


コストコで買いたいものもある。
コストコの方が安くて重宝する物もあるのだ。

Amazonとコストコの両方の会員になるほどの経済的余裕はない。
それで、昨年末に Amazonを退会してコストコに入りなおした。

今年はコストコの魅力ある商品を買おうと思う。

そして、 Amazonプライムがもっと魅力的になった時は Amazonの会員になろう。
今はまだ、コストコと違って Amazonはプライム会員にならなくてもAmazonで買い物は自由に出来る。
ありがたいことだ。(笑)



ネット販売を利用する人が年を追うごとに多くなっている。
日本企業もネット販売に力を入れてきている。

ドラッグチェーン店などにはもっと頑張ってもらいたい。

ネット販売のネックは、品揃えと送料だ。
消費者は送料が高ければ二の足を踏む。
先日も2500円以上は送料無料というので、お目当て以外を物色したが結局見つからなかったのでそのショップでの買い物を止めてしまった。



やはり Amazonはスゴイな。何でも有るもの。(*゚▽゚*)




.

posted by win-manma at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2018年02月12日

眼精疲労

PCのモニターを一日中見ているか、本を読んでいる日々。

眼精疲労が半端無い。

左目は涙目になって久しい。
眼科に行っても当たり障りのない目薬を処方されるが、治りはしない。


子殿の頃から近視だった。

父はよく屋外の緑を見るようにと言っていた。


必死に仕事をしていた頃、夜中の真っ暗な部屋で閃光を見るようになりこれはヤバイと思い眼科に行くと、
看護師にそんなことはありますよと軽くあしらわれた。

そんなものなんだと思って、気にしないことにした。
しかし、目は段々疲労を蓄積して、最近見えにくくなってきた。

眼科に行くと一番に見るのは白内障。
手術するほどにはなっていませんよとちょっとガッカリした顔をされる。
いえいえ、このショボショボする目の不調を治していただきたいのですよ。
白内障の手術なんて望んでいません。


お金にならない人には不親切なのね。
と、ちょっと腹立たしくなるがあちらはそれで生計を立てているのだから当然かもあせあせ(飛び散る汗)なんて同情してしまう。(笑)

しかし、最近疲れているのに眠れない日が続いた。
これは自分で何とかしなきゃと思う。

どうも、目だけが冴えて眠れないような気がする。


そこで、ホットアイマスクを買ってみた。

小豆の入った袋をレンジで30〜40秒暖めて、目の上に載せて5分。
じんわり目の筋肉をほぐす。いい気分(温泉)


これが効いた。目


そうだexclamation

5分経ってもほんのり暖かいホットアイマスクを二つ折りにして丹田(お臍から指三本分下の位置)に載せてみた。

効果あり。(^^ゞ


腎臓の調子がよくなり、日中の冷え性が少し改善されたような気がする。


歳を取ると医者が親切じゃなくなる。若い頃と扱いが違うのをヒシヒシと感じる。
そりゃキレイなお姉さんが来た方がテンション上がるのは分かるけどね。
昔は私だって、親切に診察してもらってましたモン。(笑)
順送りだ。ヘン。(゚ーÅ) ホロリ







.
posted by win-manma at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2018年01月29日

法人の青色申告を自分でやってみた

昨年4月に会社を終わらせることにした。

会社を閉じるにはいくつかの方法がある。
一般的には解散登記、清算登記、決了登記をおこなって会社を消してしまう方法が正当なもの。
また倒産というのもある。こちらは借金などが残っていて裁判所の介入があって赤字の処理が面倒そうだ。

私は4月にとりあえず、税務署と県と市の税務課に休業届けを出した。
このまま10数年放置すれば自然消滅されるという方法があるらしい。

休業して放置という方法は市県民税が掛からない。会社として機能していなければ金銭面も宙吊り状態のままで放置されるため魅力的だが、毎年税務署には休業中であることを申告することが義務ずけられている。


私達の場合、年齢的に10数年放置している間に病気や痴呆や死亡などした場合、娘に厄介を掛けることになる。
それはちょっと気の毒だと思い、費用も掛かり手続きも面倒だが正当な登記を行って閉じることにした。
法務局に行き登記をすれば39000円を納めなければならず +α(官報公告など)が掛かる。
登記その他を司法書士に依頼すれば数万〜数十万円の報酬を払うことになる。



私達はもちろん自分で法務局に行って手続きを進める事にした。



さて
4月に休業に入っても直ぐには仕事は終わらない。

取引先へのお知らせと、17年間に請けた仕事の始末を付けなきゃならない。
当社は上下水道設計なので、設計の完成品を納めて設計料を受取っても工事が終了するまでは資料その他は持っていて対応する決まりになっている。
しかし
どの会社にも都合があり、終わりの時を迎える場合もある。
その場合はその旨を伝えて、ご了解いただかなければならない。

嫌味の1つも言われつつ、ご了解いただいた。めでたしめでたし。(;´▽`A``


うちは11月末〆の決算だった。
これまでは創業時に購入した弥生会計ソフトを使い続けてきたため、仕訳から決算書まではスムーズに行えた。
ただ、途中で更新することなく使い続けたためとってもシンプルな会計ソフトのまま使い続けることになった。

最新版は青色申告までやってくれるらしいが、それは近年のこと。
当時経理面は税理士さんにお願いするのが当然だった。
法人用の申告書まで作れるソフトは高価で勿体無いと思った。
細かく指導してくれる税理士さんには及ぶまいと思い、決算書まで作って税理士さんに「後はよろしく」と丸投げしてきた。

が、会社を締めたという事は、収入がないのである。
税理士報酬を払うがお金が無い!。
そこで
最後ぐらいは自分でやるしかないじゃないかと、腹を括った。

最初はとても簡単に考えていた。
決算書を作って申告用紙に書き移せば出来上がるのだろうと思った。
しかし、後で思えば当然なのだが、添付書類や法人税額、消費税額は決算書には出ない。
それにはそれ様の計算方式があり、事細かな決まりがあるのである。

困った。(゚゚;)エエッ


それ様のソフトを手に入れなきゃ出来ないではないか。
googleさんに聞いてみた。

有料無料のものがいっぱい出てきた。


なかに“税理士いらず”お試しは無料というのがあった。
試しにダウンロードして見てみた。
なんとか、糸口を掴んだという手応えを感じた。

しかし、お試し版は微妙に意地悪く仕掛けてあって、添付書類が揃わない。

他のお試しサイトを何個か見て、選び、なんとか揃えることが出来た。


途中、消費税で躓いた。
毎年税理士さんは2年前の売上がこれなので、今年の納税額はこうなりますと仰っていた。

それを思い出して私は青くなった。
2年前の売上の消費税額を納税しているのだと思い込んだのである。
ということは、今後請求される額は2年半分??? そんなお金ないよ。(;'o')m タスケテ・・!!

一晩眠れなかった。
一晩どころか不眠症になった。

市の相談室に電話してみた。
税理士さんがいらっしゃって対応してくれるのは月曜日なんです。
大変ですね、と同情されただけだった。

仕方なく、お世話になってきた税理士さんに聞いてみた。
「いやいや、2年前の売上が消費税の課税業者かどうかの判断基準としてあるんです」
「今回の納付額は直近の決算の売上に対して出ます」
「分からないことはいつでも聞いてください」と親切に教えてくれた。

ホッとした。その夜は久しぶりに良く寝た。(〃'∇'〃)ゝエヘヘ



お金の流れを仕訳という方法で紐付けして収支を明確にするのが経理事務である。
仕訳には決まりがあり、迷うこともしばしばである。
今回も会社を閉じる際にスタッフにPCとソフトを廉価で譲渡した。
これも仕訳しなければならない。
これは資産を売却したことになり、売上になるというのである。
減価償却されて資産価値0円でもお金をもらえば売却益が発生する。
後で給料と相殺せずに現金でもらっとけば良かったと不埒なことを考えたりした。(笑)



今日、納税と申告を終わらせた。
数字との戦いがようやく終わった。


よく頑張ったと自分を褒めてやろう。(ง •̀_•́)ง






.
posted by win-manma at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2018年01月07日

2018年 あけましておめでとうございます。

年末年始がバタバタと過ぎていった。

今年の正月は娘と孫が帰省した。

夫婦二人だけなら普通の日々と変わりない、どうということのない食事でいいよね。と、気が緩るむ。
そして正月料理は気分次第で適当にと思いつつ作る。
しかし娘や孫が来るとなるとなぜか気分だけは焦ってしまう。
作る物は大差ないのに。(笑)

大晦日の紅白は私的には民放の方に軍配を上げた。
何十年も見続けてきたのに、ビデオ録画して元旦の夜に夕飯をしながら良いとこだけ見て楽しんだ。

大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の再放送が、2017年12月 31日〜2018年1月1日にあり。
見逃していたので一挙まとめて見てしまった。
主人公・森山みくりさんにまったくもって共感。わたしはこのタイプだったのだ。
心理分析はほぼ趣味。人の心の内部を覗いてしまう。
面倒くさい、小賢しい女。うーんよく分かるわ。みくりさん!!。


さて、孫の成長。
1歳10ヶ月、イヤイヤ期の真っ只中。
お着替え イヤ!!
靴下履こうよ、お靴履きましょ、イヤイヤ!
ご飯食べるよ イヤイヤ!、歯磨きしよう イヤイヤ!

なんでもイヤイヤ!!

自分でなんでもできると思っているらしい。

キティちゃんのトレーナーなら着る。しかも自分で着ると主張する。
手伝おうとするとイヤ!
そのくせなかなか着れない。こちらが手を出すと泣き出す。
袖口を持って「ここらかカズチャンのお手てが出てくるのかな?」「カズチャンのお手ておいでおいで」とヒントというか誘導してやるとすんなり手が出て頭も入れて着ることができた。
すかさず、おおスゴイ自分で着れるんだね。と言ってやると大喜び。嬉しくて仕方ないという顔をする。

要するに自己主張の原点なのだろう。
自主性を確立しているようなのだ。
これを大人の都合で問答無用と摘み取るとどうなるのだろうと考えてしまう。

娘は専業主婦だった私の乗せ上手に上手く乗ってくれて、これほどのイヤイヤ期という自己主張を持たないままに過ごした気がする。

孫はすでに保育園に行っている。環境に揉まれてもいるだろう。
自己主張の強いこの子はどうも一筋縄ではいきそうにない。
出る杭は打たれる。
教育を受けるようになり、その集団の中で普通よりちょっと抜きん出ていると、上手く伸ばそうとしてくれる指導者がいる。
それとは逆に普通に均そうと頭を押さえる指導者に当たる事もある。
出る杭目障りな杭と認識されると、小さな子の一生懸命の考えや思考回路が遮断され否定される。

伸ばそうとしてくれる指導者はありがたかった。
しかし、教師全体にそれを期待してはいけないのだと後で分かった。
教師にも能力の差がある。
ちょっとしたポイントをつくというテクニックを持たない教師にその程度の力量あって当然と思うのは酷というものだったのだとこの年になって思う。

1歳10ヶ月のくせに孫はいろいろ考える子らしい。

思考力があるというのは世間的には上等な部類に入るのだろうが、世間の風は冷たいんだぞ。
素直で従順な子の方がなにかと得をするんだぞ。



しかし、私の孫である。
娘同様、私を楽しませてくれる引き出しをいっぱい持っていそうだ。
今はしっかり自己主張して確固たる自分を持ち、築いて、能力を発揮できる素地を作って、
大きくなったら大きく羽を伸ばして、世の中に羽ばたきなさい。



.






posted by win-manma at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2017年12月19日

風が強く吹いている 三浦しをん著

私は運動が苦手。

マラソンは特に苦手。
小学生中学生時代に冬になると必ず強いられる体育の時間が辛かった。

私は必ずおなかの痛みを必死に耐えながら走っていた。
大人になっても、だれでも皆腹痛を堪えて走っているのだと信じて疑わなかった。
結婚して夫にそういうと夫は呆れた顔をして笑った。
えっ!違うの?
皆苦しそうな顔して走っているじゃない。(゚ロ゚;)エェッ!?


毎年お正月に放送される箱根駅伝は、娘婿が見逃せないのだと言って見ているのを横目で見てはじめてその存在を知った。

雪のちらつく中を必死に襷を繋ぐ大学生。
筋肉と精神力で一歩一歩前に進む軽い足取り。

よく考えれば凄いことをしているのに・・・知らなかった。

全くの運動音痴の私には、走りがもたらす快感など想像すらできない世界なのだった。


この「風が強く吹いている」はスポ魂小説ではない。
走る素質と才能に恵まれた主人公の、苦悩と恵まれた才能を自由に解き放ち浄化するさまが描かれている。
浄化とは ( 気持ちがすっきりする ・ 厳粛な気分になる ・ 精神が浄化される ・ 精神が引き締まる ・ 清々しい気持ちになる ・ 心が綺麗になる)


これを読んで運動能力の差はあれ、身体を使って身を清める、心身を軽くするということが理解(想像)できたような気がした。


正月2日3日の箱根駅伝を見ようと思う。

1区から10区までの景色は小説の中の文章と重なることだろう。
選手の力強い走りもきっと小説と重なるのだろう。


私も身体を・・・。軽くしたい (ง •̀_•́)ง でも 難しいだろうなぁ。(@Д@; アセアセ・・・










.
posted by win-manma at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし

2017年11月26日

五十肩 最終項

2017年09月01日
「五十肩は治療しなきゃダメ!! だそうですよ。」と、このblogに書いたのですが・・・。


未だに痛みに耐える生活を送っている。


9月22日に「リハビリ中」を書いたのですが、
可動域は多少広がったものの肩から腕に掛けての痛みはむしろ悪化しているように感じる日もあり、
リハビリを中止してみた。
すると痛みが徐々に減ってきた。

減ってはきたが夜中に熟睡することは出来ない状態が続いた。

治療によって無理矢理腕を上げたりすると筋が傷むようなのだ。
整形外科医は強い痛み止め薬を使いながら、固まりかけている筋肉を伸ばして早く治そうとしてくれていたが、
薬物にアレルギー反応の出る私には適さなかった。

便秘薬や胃薬、皮膚湿疹にはステロイドと処方してくれた。
しかし、どれも強いランクの薬で拒否反応のほうが苦しい。
そこで便秘薬をミヤBM錠にしてほしいと言ったところ、気に障ったらしく「あんな物は俺は薬として認めない!」と即却下された。

リハビリも痛み止めもダメなら痛みを我慢するしかない。
PCに向かってキーボードを打つ作業も出来なくなっていた。



先週東京に行ったついでに整体師に見てもらった。

痛みを我慢し続けた結果、頭から足先まで固まってしまっていて、体液が流れなくなっており詰まっている。
そう言って、急所急所のポイントを軽く押して呼吸の整え方の指導を交えて気や水の流れを整えてくれた。

1時間みっちりと施術を受けた。

歩くのも寝るのも辛かった身体が軽くなった。(*^▽^*)o

痛みに耐えるというのは気持ちまで落ち込ませる。
体が重いと一気に老け込む。年寄りというのは大変なんだな。早く死んだ方が楽だろうなと思ったりしていた。


体が軽いと楽しいことを求める気持ちも湧いてくる。
自分で気や水の流れを意識するようになった。


今は、ちょっと無理をして肩に痛みが出た時は
足の指を意識して歩いたり、深呼吸をして胸筋を開いたり、手や指先の向きを意識してねじったりして肩の痛みを直している。
私の五十肩の元は肋骨の下の筋肉に有るらしいのです。
ということで、痛いと思うほどの負荷は悪化させるだけで直りが遅れるらしいということがよく分かった。
暖めた方が良いというので、家では肩用サポーターをしている。



皆さん一様に半年から一年掛かるよ。と言ってくれる。


夜ぐっすり眠れるようになっただけでもありがたい。
最近は抱き枕のクマさんが朝、布団から外に放り出されている。(笑)
ようやく、PCのキーボードが短時間なら打てるようになった。




.
posted by win-manma at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし